ほんのちょっと若返りたい!施術・・・ミニリフト | ヒルズ美容ステーション
2016年01月07日(木)

ほんのちょっと若返りたい!施術・・・ミニリフト

テーマ:フェイスリフト

今日はミニリフトのお話です。

ミニリフトはプチフェイスリフトのような施術です。

つまり・・・

フェイスラインや口角のたるみ(マリオネットラインが生じる)などの改善に、

とっても適しているんです。

“大きく変わるのは嫌!

 でも・・・ちょっとだけ引き上げたい!”

・・・というような場合にはおススメの施術です。

では・・・実際に経過などをみていきましょう。
 



黄色の矢印や、黄色の円で囲まれたところをご覧ください。

口角が少し垂れ下がり斜めから見ると、

フェイスラインが一直線になっていません。

この波打ったフェイスラインを一直線にして、

同時に口角のたるみを“少し”引きあげる施術がミニリフトです。

そして患者様の希望は・・・

“フェイスラインをスッキリし、

  ちょっと若返りたい!”

・・・というものでした。

さて・・・

施術ですが、イラストで説明しましょう。
 



耳の前の一部と耳の後ろにかけて切開します。

皮膚だけでなく、SMAS(表情筋の筋膜)もしっかり引き上げます。

SMASを引き上げることで、

長期にわたりフェイスラインの崩れを予防できます。

それでは・・・施術後の経過をみていきましょう!
 



正面です。

大きく変わっているわけではありませんが、

フェイスラインが整ってきます。
 



横から見ると、

耳から顎にかけてのフェイスラインが直線上になっています。

特に・・・

下の写真で斜めの角度からみるとよくわかります。
 

 



フェイスラインが一直線になっていますね。

また髪がショートカットの方でも、

傷が目立たないので好評です。

最後に拡大してみてみましょう!
 

 



ほうれい線は残っていますが、

フェイスラインは一直線で奇麗なラインが出来上がりました。

とても自然な若返りになっていますね。

患者様もとっても喜んでおられました。

患者様の希望である・・・

“フェイスラインをスッキリし、

 ちょっと若返りたい!”

・・・の希望を叶えられたようです。


いかがでしたか?

ミニリフトの適応ですが、

ほんのちょっと引き上げたい方、

少しフェイスラインが崩れてきたので予防的に希望される方、

フェイスリフトまでは・・・ちょっとという方、

他院で糸の施術やレーザーを受けられて全然変わらなかった方、

そんな方々にはとってもおススメの施術です。


               丸山成一

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、感染、顔面神経麻痺、傷の哆開(しかい;傷が開く)、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、拘縮、耳垂の感覚鈍磨、耳垂の変形、後戻り、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒルズ美容ステーションさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス