1565nmファイバーレーザーとは? | ヒルズ美容ステーション
2015年03月31日(火)

1565nmファイバーレーザーとは?

テーマ:1565nmファイバーレーザー

今回当院に導入した新型の温熱治療器(フォトフェイシャルm22)ですが、

 

新機能に1565nmファイバーレーザーが装備されています。

 

そもそも・・・

 

1565nmファイバーレーザーとはなんでしょうか?


 

水に吸収する波長域のレーザー光を有し、

 

コラーゲンなどが存在する真皮層をターゲットにしているレーザーです。

 

水に吸収されると真皮層が加熱され、

 

線維芽細胞が活性化されコラーゲンが生成されます。

 

2,000nm以上の波長のレーザーは表皮にもダメージが加わり、

 

アブレイティブ(ablative)フラクショナルレーザーと呼ばれますが、

 

2,000nm以下の波長のレーザーは表皮にほとんどダメージが加わらず、

 

真皮層に効率よく作用し、

 

ノンアブレイティブ(non-ablative)フラクショナルレーザーと呼ばれます。

 

そして今回搭載された新機能は後者のフラクショナルレーザーなんです。

 


 

またレーザー光は6種類の形に変化し、

 

 

円形や長方形、

 

 

細長い線状など・・・

 

 


 

 

様々な身体の場所、用途に使える訳です。

 

 

例えば・・・目に近いところ・・・

 

 

目尻のシワなどには線状の形態が有効でしょう。

 

 

表皮にほとんどダメージが加わりませんし、

 

 

あまりレーザーが照射できなかった目の周囲などにも適応があるので、

 

 

目もとの若返りなど・・・

 

 

非常にエイジングケアの幅が広がりますね。

 

 

 

いかかでしたか?

 

 

 

1565nmファイバーレーザーはノンアブレイティブレーザーで、

 

 

真皮層のコラーゲン産生を促し、

 

 

小ジワなどに効果があります。

 

 

次の機会には当院のスタッフの感想なども

 

 

ご紹介したいと思います。

 

 

           丸山成一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス