顔に大きさの違う黒子やシミがたくさんある場合~どうやって治療する? | ヒルズ美容ステーション
2015年03月13日(金)

顔に大きさの違う黒子やシミがたくさんある場合~どうやって治療する?

テーマ:良性腫瘍切除術

今回は・・・

 

顔にたくさんの黒子や盛り上がったシミ、イボがあるような場合に、

 

医師は治療計画をどのように立てるのか?

 

・・・についてお話したいと思います。


右頬に大小様々な黒子や盛り上がったシミ(脂漏性角化症)、

 

イボやクスミなどがみられますね。

 

このような場合は、一気に全て治してしまおうと思っては駄目なんです。

 

レーザー治療の適応もあれば、

 

レーザー治療の適応でないものもあります。

 

それらを適切に見極め適切に治療していくことが大切です。

 

細かいものはレーザー治療でも十分対応できますが、

 

 

大きくて目立つものは、

 

なかなかレーザー治療だけでは厳しいですので、

 

切除術も治療計画のなかに組み込みこむことにします。

 

 

今回の場合は、先に大きなものを切除する計画とし、

 

その後レーザー治療を行っていくことにしました。

 


デザインですが、

 

何回も切除するのも患者様の負担になりますし、

 

幸いなことに3つが並んでいるので、

 

一度に切除することにしました。

 

きっと目立つものがとれスッキリはずです。

 

 

では・・・

 

5ヶ月後の経過をみてましょう!



しっかり取り切ることができました。

 

傷もほとんど目立っていません。

 

少し頬の印象も明るくなりました。

 

意外かもしれませんが、

 

切除術は切り取るデザインや縫合の仕方によって、

 

レーザーで治療するよりも綺麗になる場合も多々あるんですよ。

 

 

いかがでしたか?

 

大きなものがなくなるだけで、

 

もちろんまだまだ治療すべき黒子やイボなども残っていますが、

 

意外にスッキリ見えますね。

 

今後はレーザー治療などを行い、

 

皮膚を綺麗にしていく予定です。

 

 

             丸山成一

 

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、発赤、炎症性色素沈着、色素脱出、再発、水疱形成、火傷(傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

 

 

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス