頬のシミは1回の治療で消えたのか!? | ヒルズ美容ステーション
2014年09月13日(土)

頬のシミは1回の治療で消えたのか!?

テーマ:Qスイッチルビーレーザー;老人性色素斑

今回はシミのお話です。

 

しかもなかなか頑固なシミの治療のお話です。

 

 

当院ではシミに対しては、

 

温熱治療器(フォトフェイシャル・ファースト)、

 

あるいはQスイッチ・ルビーレーザーや炭酸ガスレーザー治療などで対応しています。

 

それでは症例をみてみましょう!


右頬に大きなシミがありますね。

 

今までお化粧やシミ取りクリーム・・・

 

色々と試したけどほとんど効果がなかった経緯があります。

 

これだけの大きさで、またこの濃さだと・・・

 

お化粧で隠すのは不可能です。

 

ましてやシミ取りクリームなどでは取れません。

 

つまり・・・“頑固なシミ”なんです

 

 

そして患者様から、

 

“少ない回数、できれば1回で取りたい”

 

・・・という希望もあり、

 

治療はレーザーを選択されました。


レーザー治療の特徴は、

 

強い治療なので絆創膏が必要で、

 

また当院の人気治療であるフォトフェイシャルと異なり、

 

肌改善などは行えず、シミやタトゥーなど色素疾患に特化しています。


Qスイッチ・ルビーレーザーです。

 

照射後は10日~2週間テープをはって頂きます。

 

2~3日に1回のテープ交換で、

 

洗顔等やお化粧はテープを貼ったまま行って頂きます。


2週間の状態ではカサブタが取れ、

 

少しシミが残存しているようにも見えますが、

 

これは心配ありません。

 

軽い炎症が起こっている状態です。

 

 

それでは最後に施術前と、

 

レーザー治療後5ヶ月の状態を比較してみましょう!


 

いかかでしたか?

 

当初の予定通り1回で取ることができました。

 

今後は取れたからといって安心せず、

 

日焼け予防も心がけましょう。

 

シミはいつ何時出現するかもしれませんからね・・・

 

 

                丸山成一

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

発赤、疼痛、炎症性色素沈着、色素脱出、水疱形成、火傷(傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成)、自分が想像していた結果(しみが取れないなど)と異なるなどが考えられます。

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス