注意!~ピアス穴あけ後の感染について | ヒルズ美容ステーション
2013年08月31日(土)

注意!~ピアス穴あけ後の感染について

テーマ:女医 F先生のコラム
こんにちは。Fです。

このまま夏が終わってしまうのかと寂しく思っていましたが、

それを吹き飛ばす ここ数日の猛暑。

たいへんです。

さてこの夏の診療で、思うところがありましたので

今回はそのことについて少し。



皆さんもよくご存じのように

夏は「美容」の観点からは非常に厳しい季節です。

汗をかく、アブラが浮く、日焼けをする

クーラーによる冷え、乾燥

暴飲暴食、熱帯夜、睡眠不足

トラブルの原因には事欠きません。

そんな中、比較的多いのがピアス穴あけ後の細菌感染です。



ピアスがごく一般的なものになったため忘れがちですが、

冷静に考えれば、

ピアスの穴あけというのは

人体に穴をあけて、異物を挿入する処置です。

通常であれば、自然治癒により閉じてしまう穴を

異物(ファーストピアス)によって閉じないようにしているのです。

これは体にとってはかなり不自然な状態で、

ピアスの穴が完全に出来上がるまでは、

常に細菌が侵入する危険にさらされていると思って下さい。



当クリニックではピアスの穴あけには

医療用の器具と滅菌されたファーストピアスを使用しますが、

それでも夏は細菌感染が起こりやすくなります。

汗で蒸れて細菌が繁殖しやすい環境になることや、

消毒液が落ちやすいことなどが原因と考えられます。



「発赤」「疼痛」「腫脹」

この3つは医学的に「感染の3徴」と言われていますが、

もちろんピアスの穴あけ後にも当てはまります。

「赤くなってきた」「腫れて痛みがある」イコール感染です。

このような症状がある場合は、迷わずすぐにクリニックを受診してください!!



洗浄、消毒、ファーストピアスをシリコンチューブに交換、抗生物質の内服

といった治療が必要となります。

症状が強い場合は、

ピアスを完全に外し、切開して内部にたまった膿を出す処置を行うこともあります。



いずれにせよ いったん感染してしまったら、

自宅での消毒のみでは完治は困難です。

治療が遅れるほど、治りも悪くなりますので

感染したかもと思ったら早めにクリニックにご相談ください。



それでは今日はこのあたりで失礼します。

皆さまお体にはくれぐれもお気を付け下さい。

最近、健康あっての美容を実感しています。

Dr.Fしっぽフリフリ





ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス