”痛くない”治療のために~麻酔クリームのお話 | ヒルズ美容ステーション
2013年04月14日(日)

”痛くない”治療のために~麻酔クリームのお話

テーマ:女医 F先生のコラム

こんにちは、Fです。

 

ようやく本格的に暖かくなってきましたね。気持ちいい季節です。

 

 

家の近所では、ランニングを楽しむ人が急に増えてきました。

 

 

しかし最近のランニングウエアは、カッコいいですね。

 

 

ジャージの人はほとんどいません!

 

 

私も運動不足気味なので、

 

 

ウオーキングでも始めてみようかと思っている今日この頃です。

 

 

 

さて今日は、施術の前に使用することで、

 

痛くない治療を可能にする麻酔クリームのお話です。

 

クリニックで行う治療は、温熱治療であれ、レーザー治療であれ多少は痛いものです。

 

 

治療を受けたことのある方は、よくご存知だと思います。

 

私はカウンセリングの際には、

 

 

「治療は痛いです。でも麻酔を使用するほどではありません」

 

 

と言っていますが、

 

中には、麻酔を使った方がよい治療もあります。

 

 


 

 

ニキビ跡の治療として有効な“アブレイティブ・フラクショナルニードル”や、

 

 

首全体にできたイボをとるCO2レーザーの治療や、

 

 

刺青を取るQスイッチルビーレーザー治療などは、

 

 

かなり痛みが強いため、

 

治療前に麻酔クリームを使った方が、楽に治療を受けられます。

 

 

 

 

麻酔というと、歯医者さんでの注射をイメージする方が多いと思います。

 

あれは、麻酔自体が非常に痛いですよね。

 

 

クリニックでも手術の時には注射で麻酔を行いますが、

 

 

アブレイティブ・フラクショナルニードルやレーザー治療の前に使う麻酔はクリームです。

 

 

皮膚に塗るだけですので、麻酔の痛みは全くありません。

 

 

クリームの浸透をよくするために、

 

 

 

 

上からラップをかけて密閉し、30~40分程度待つと、

 

 

痛みをほとんど感じなくなります。

 

 

注射の麻酔と比べて広い範囲に使えるのも特徴です。

 

 

注射の場合・・・

 

 

広い範囲を麻酔するには何度も針を刺さなければならず、

 

 

顔全体を麻酔することは出来ません。

 

 

でも麻酔クリームなら、クリームをのばすだけですから、

 

 

特に問題ありません。

 

 

 

私も自分でアブレイティブ・フラクショナルニードルを施術した際に、

 

 

 

麻酔クリームを使用しました。

 

 

クリームを塗ってから15分程度で、

 

 

何となく皮膚がしびれたような感覚になり、

 

 

痛みを感じることなく、施術可能でした。

 

 

麻酔の効果は30-40分間ぐらいでしょうか。

 

 

いつの間にか麻酔が切れて普通に戻っていました。

 

 

麻酔自体の痛みがなく、手軽で、非常にいいお薬だと思います。

 

 

 

 

痛みが怖くて、治療を受けるのをためらっていらっしゃる方は

 

ぜひご相談ください。

 

 

本当にいいですよ。

 

 

それではまた失礼いたします。

 

 

 

Dr.Fしっぽフリフリ

 

 

 

 

 

 

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス