説明は大切!最低でも30〜60分はかけるべき | ヒルズ美容ステーション
2007年11月04日(日)

説明は大切!最低でも30〜60分はかけるべき

テーマ:院長の美容コラム

ヒルズ美容クリニックでは、

 

来院された患者様には、

 

院長(ほとんど院長)もしくは女性医師が詳しく説明します。

 

原則30〜60分近く時間を使います。

 

カウンセラーはいません。

 

それは医師と信頼関係を築くだけでなく、

 

症例をたくさん見ていただき、

 

紙芝居のように、患者様の視覚を通して、理解・納得してもらうためです。

 

文章だけ、そう耳からだけでは、

 

伝わらないことが多いからです。

 

施術する本人が説明するべきです。

 

このことは、

 

京都の冨士森形成外科の冨士森良輔先生や

 

永田小耳症形成外科クリニックの永田悟先生にたたきこまれたものです。

 

特に永田先生からは、

 

「自分が行った症例写真や自分が書いたイラストは、

 

   一番説得力があるから!」

 

・・・と口酸っぱく言われました。

 

そしてヒルズ美容クリニックでは、

 

このように私が行った症例写真、私が描いたイラストをみせて、

 

しっかり説明しています。




 

これらの症例写真集は患者様からの承諾を得たものしか、

 

お見せすることはできません。


また、手術中の写真は見るのに抵抗がある患者様もいるので、

 

私が描いたイラストを使ってわかりやすく説明しています。

 

患者様も自分で受ける手術は、

 

極力理解して納得して治療をお受け下さい。

 

            丸山 成一

 

 

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス