ルーツ・・・ | ヒルズ美容ステーション
2006年12月12日(火)

ルーツ・・・

テーマ:院長の美容コラム

いつ頃からですかね・・・

 

形成外科医になろうと決めたのは・・・

 

 

私は小さい頃から、絵を描くことや、

 

おもちゃのブロックを使って、ものをつくったり、

 

プラモデルをつくったり、

 

とにかく、そういうことが好きでした。

 

そして、それがいかせる職業につきたいと思っていました。

 

大学4回生の頃、「形成外科」という学問に出会いました。

 

日本ではまだマイナーな科だった形成外科・・・

 

癌が原因で顔の半分がなくなってしまった患者さんに

 

身体の別の部分の筋肉を使って、再建しているのをみて、

 

衝撃をうけたことを、今でも鮮明に覚えています。

 

その頃からですかね・・・

 

「形成外科医」になりたいと思ったのは・・・・・

 

形成外科医になってからは、その「奥の深さ」を実感しましたし、

 

どこで、それが完結されるのか・・・

 

いまだに、わかりません。

 

もちろん、「美容外科」の分野もそうです。

 

日本ではまだまだ、学問的に遅れていますし、

 

悪いイメージが定着していることも事実です。

 

これから、そういうイメージを払拭していかないといけません。

 

私は立派な学問だと思いますので・・・

 

 

「形成外科」 という学問は “いかに” 正常な形態に近づけるか・・・

 

 

「美容外科」 という学問は “いかに” 今よりももっと美しくするか・・・

 

         “いかに” その人が歩んできた身体の軌跡を

 

         解剖学的に、巻き戻していくか・・・

 

 

ほんと、奥が深いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              丸山 成一

 

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス