2013年03月29日(金)

二重まぶた~部分切開法~

テーマ:目(その他の施術)

一般的に腫れぼったい目で、

 

かつ奥二重あるいは一重まぶたの症例に対し、

 

通常のプチ整形(埋没法)などで、

 

 

二重のラインを作成することが難しい場合があります。


ヒルズ美容ステーション

上の症例は、

 

まぶたが腫れぼったくなっているために、

 

二重のラインが出来にくい状況になっています。

 

この症例の場合、

 

目の上の“脂肪”の量が多く、

 

また皮膚の“厚み”が腫れぼったい原因となっている可能性があるからです。

 

このような場合はどうすればいいのか?

 

 

例えば・・・

 

空気を入れた風船は折りたためませんが、

 

空気を抜くと、、、

 

風船は折りたたむことが出来ますよね。

 

つまり脂肪を取り除くことで目の上の皮膚にライン、

 

そう!二重まぶたを作成しやすくなるわけです。

 

しかし、

 

皮膚が分厚い場合は、

 

脂肪を抜くだけでは改善しません。

 

少し切って癖をつけることで、それが補助線となって、

 

ラインが出来やすくなります。

 

それでは施術および経過をみていきましょう!


ヒルズ美容ステーション

施術は局所麻酔で行います。

 

まぶたの幅は約3cmですので、

 

その1/3程度(約1.2cm)切開します。

 

更にその切開線から脂肪を抜き、

 

目を開けてもらって確認します。

 

*部分切開では皮膚は切除しません。

 


ヒルズ美容ステーション

 

直後ですがまぶたの外側が腫れていますね。

 

 

また施術後6日目は少し腫れぼったい感じになっています。

 

 

しかしラインはしっかり入っています。

 


ヒルズ美容ステーション

閉眼してもらって傷を確認してみましょう。

 

1ヶ月もたてばほとんど目立ちませんね。

 

 

最後にbeforeとafterを確認してましょう。

 


ヒルズ美容ステーション

 

自然な感じにラインを作成できました。

 

 

部分切開を行っているので、

 

 

ラインが消えてしまうようなことはありません。

 

 

しかし、

 

 

部分切開を行い、また脂肪を除去しても・・・

 

 

まぶたが被さってくるよう場合は、

 

 

分厚い皮膚を全切開で切除することもあります。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

まぶたが重いあるいは腫れぼったいからと言って、

 

諦めることはありません。

 

 

 

               丸山成一

 

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

■切開による重瞼術のメリットとデメリット

切開による重瞼術は埋没法のように、糸が緩んだり、外れたりすることがありません。
しかし、切開してできた重瞼ラインが気に入らない時は、元にもどせないデメリットもあります。

メリット

  • ハッキリした重瞼ラインの作成が可能
  • 重瞼ラインが緩むことはない

デメリット

  • 切開してできた重瞼ラインは傷なので白くなる場合や赤くなる場合があり、閉眼時に目立つことがある
  • 埋没法のように元に戻せない
  • ダウンタイムが長いので、不安な気持ちになることがある
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。