2012年12月11日(火)

目尻~頬に四角い形の傷あと

テーマ:傷跡修正

今回は傷あと治療のお話です。

 

顔に小さな傷は別として、

 

わりと目立つ部位に、

 

比較的大きな傷があれば誰でも気になります。

 

今回は、


ヒルズ美容ステーション

 

このような部位に認める傷跡の治療です。

 

 

形は四角形(長方形に近い)ですね。

 

“吹き出物の跡がこのような形で残ってしまった。”

 

・・・というものでした。

 

さて、、、

 

こういう場合は最初のデザインが勝負になります。

 

出来るだけ短く!

 

そして、縫い上がりがシワに沿うよに!

 

とにかく目立たないようなデザインでなければいけません。

 

*参考までに

 

   丸い傷や四角い傷を縫うと傷が伸びるのは何故か>>>こちら をチェック!

 

今回は以下のようなデザイン(②の写真)で手術を行いました。

 


ヒルズ美容ステーション

 

縫い上がりが一本の直線にならないように、

 

少し工夫し局所麻酔で行いました。

 

③は真皮縫合という中縫いです。

 

抜糸後も傷にかかる緊張を出来るだけ避ける目的があります。

 

④は表面を縫合した後です。

 

とても細かく縫っています。

 

よく患者様から何針縫いましたか?

 

と聞かれますが、

 

形成外科医や美容外科医はとても細かく縫いますので、

 

無数にと答えます。

 

実際多くて数えられません。

 

つまり細かく縫うことは、

 

術後の傷の経過をより綺麗にすることなのです。

 

では・・・

 

この傷が1年にわたってどのぐらい綺麗になっていくかを見てみましょう!


ヒルズ美容ステーション

 

 

施術後2週間の状態は、

 

 

 

赤く盛り上がりとっても目立っています。

 

 

しかし、

 

 

その後は1ヶ月半、4ヶ月半と傷の盛り上がりも減り、

 

 

更に赤みもひいて行きました。

 

 

1年後はほとんど目立っていませんね。

 

 

 

それでは最後に施術前と施術後1年を比較してみましょう。

 

 


ヒルズ美容ステーション
 

いかがでしたか?

 

あれだけ目立った傷あとも、

 

 

時間はかかりましたが、

 

 

とっても綺麗になりましたね。

 

 

 

傷あと一つとっても、

 

 

 

デザインや縫い方によって、

 

 

術後に大きく変わってきます。

 

 

計画をきっちり立てて、

 

 

途中経過で傷が目立っても心配しないように・・・と、、、

 

 

そう患者様に伝えることも大切です。

 

 

 

                 丸山成一

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、傷の哆開(しかい;傷が開く)、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、修正前より目立つ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。