2012年08月01日(水)

加齢による眼瞼下垂の治療②

テーマ:目の上たるみ治療

今回の記事は前回の続き・・・

 

“加齢による眼瞼下垂の治療”

 

その術後の経過を一緒に供覧しましょう。


ヒルズ美容ステーション

 

 

 

症例は78歳女性。

 

この患者様は、

 

目を上げる筋肉がしっかり機能しているにもかかわらず、

 

上まぶたの“皮膚が余ってるため”に、

 

まぶたが重くなり、

 

上まぶたを開けにくくなっている状態でした。

 

 

手術は以下のイラストに示すようなイメージで行います。


ヒルズ美容ステーション

 

 

実際のデザインですが、

 

 

 

以下の写真のように、、、

 


ヒルズ美容ステーション
 

 

赤い部分が切除する皮膚です。

 

一般的に外側を多く取るのですが、

 

取りすぎるとかえって不自然になるので注意が必要です。

 

また、

 

木を見て森を見ず”

 

・・・ということわざがありますが、

 

目だけを見るのではなく、

 

顔全体のバランスを見て年相応の目の形になるようにデザインするべきです。

 

もちろん!

 

“目が重たくてあげにくい”・・・という症状も確実に改善するように。。。

 

 

では、

 

術後3週間の状態をみてみましょう!

 


ヒルズ美容ステーション

 

 

続いて、before & after でみてみましょう!

 

 

 


ヒルズ美容ステーション

 


ヒルズ美容ステーション
 

 

目も大きくなり、眉毛とマツゲの間の間隔も短くなり、

 

何よりも自然な感じで少し若返っています。

 

術後3週間ですので、まだもう少しスッキリすると思います。

 

患者様も目の重たい感じが取れ、開けやすくなったと喜んでくれました。

 

 

いかがでしたか?

 

加齢による眼瞼下垂にはいくつか症状があり、

 

もちろんその症状により手術の方法も変わります。

 

今回は上まぶたの皮膚を取ることに症状は改善し、

 

また整容的にも非常に満足いくものでした。

 

今度は別の症状に眼瞼下垂の治療もご紹介したいと思います。

 

 

 

                           丸山成一

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線、目が開きすぎる、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、頭痛、目の奥の痛み、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。