2011年08月31日(水)

レーザー治療後の経過について

テーマ:女医 F先生のコラム

こんにちは!Fです。


朝夕すっかり涼しくなりましたね。


過ごしやすくなるのは助かりますが、このまま夏が終わると思うと少しさみしい気もします。




さて前回、


「ほほのシミ (実は「後天性真皮メラノサイトーシス」というアザの一種)にレーザーをあてて、


顔に絆創膏を貼っています」というお話をしました。


今回は、レーザー照射後の経過についてお伝えしたいと思います。




・レーザー照射当日: 院長にレーザーを当ててもらいました。


              治療中にはパチパチとした痛みあり。終わった後はヒリヒリしています。


              ヒリヒリ感が取れるまで、絆創膏の上から、しっかり冷やします。


              


・照射後1日め:    レーザーを当てたところが、腫れています


              炎症や内出血のためと思われます。


              照射後にジムに行き運動をしたため、血流が良くなって余計に腫れたのかもしれません。




・照射後2日め:    照射後、初めて絆創膏を交換する日です。


              おそるおそる絆創膏を取ると、


              シミの部分がびっくりするほど赤黒くなっています。


              さすがにちょっと不安になります。




・照射後4日め~:   2日に1回 絆創膏を交換します。 

  

                         


・照射後10日め~:   ふと気が付くと、赤黒くなっていた部分が焦げ茶色に


               じゅくじゅくしていた表面もパリッとしてきて、「かさぶた」になっています。


               かさぶたは、絆創膏を交換するたびに、少しずつ取れていきます

    

               下からは、ピンク色の新しい肌が見えてきました!


               


・照射後14日め:   ついに、すべてのかさぶたが取れました。


              嬉しい!!


              嬉しすぎて、何度も鏡で確認してしまいました


              やって良かった。。。




と、私の場合、このような経過をとりましたが、これですべてが終了というわけではありません。


治療後には、「炎症後の色素沈着」が待っています。


レーザーを当てた部分が、また黒くなってくる反応です。


でも、大丈夫!!


炎症後の色素沈着は、数か月で消えていきます。


私も今はレーザーを当てた部分の一部が、黒くなっていますが、


もともとのシミに比べると、かわいいものです。


あせらずのんびり、消えてくれるのを待ちます。




シミに悩まれている方は、ぜひレーザー治療も選択肢として考えてみて下さい。


思ったほど、怖くないですよ!!



Dr.Fしっぽフリフリ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。