2010年06月08日(火)

まぶたのラインが下がってくる。。。

テーマ:埋没法(挙筋法);二重まぶた

今回のタイトル!

 

まぶたのラインが下がってくる。。。

 

 

・・・は、ある患者様がおっしゃった言葉です。

 

 

 

患者様は35歳。

 

 

 

「10代、20代はもっとハッキリした二重まぶただったのに

 

 

  最近、加齢とともにラインが下がってきたんです!」

 

更に・・・

 

 

「少し眠たいような印象をもたれる・・・」

 

 

・・・と。。。

 


ヒルズ美容ステーション

 

二重まぶたのラインが明らかに下がっているようには見えませんが、

 

 

少し眠たい印象があるようには見えます。

 

 

また、外側の上まぶたの皮膚が少し下がっているようも見えます。

 

 

患者様のご希望は、

 

 

「もう少し、目が開くようになりたい!

 

 

  何よりもラインをもっとハッキリさせい!」

 

・・・というものです。

 

 

 

では・・・どうすればいいのか!?

 

 

 

 

下がった皮膚を切り取らなければいけないのか!?

 

 

 

 

いやいや・・・その必要はありません。

 

 

 

このような場合、

 

 

プチ整形で埋没法(まいぼつほう)という方法があります。

 

 

それは、

 

 

長袖のシャツの袖を少し“たくし上げる”ように、

 

 

つまり、袖止めのリングをつけるようなものです。

 

 

もちろん!

 

 

シャツの袖を短く切ったわけではありませんね。

 

 

まぶたの皮膚も同様に、

 

 

糸を使って、皮膚を切り取らずにラインをあげることが可能なのです。

 

 

 

施術は局所麻酔で行います。

 

 

 

施術時間は約15~30分で可能です。

 

 

当院では、

 

 

念のために糸を結ぶ前に患者様に、

 

 

“このラインでいいかどうか”・・・を実際に見てもらって確認しています。

 

 

 

では・・・

 

 

 

その施術前と施術後をみてみましょう。

 

 


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

 

 

まぶたのラインが上に上がったことで、

 

 

目の印象がパッチリし、優しい印象がでましたね。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

 

 

閉眼すると、

 

 

新しいラインは2~3mm上方になっていますね(ラインのところにはファンデーションをみとめます)。

 

 

お化粧されていますが、不自然さもありません。
 

 

 

いかがでしたか?

 

 

まぶたのラインが下がってきても、

 

 

皮膚を切らずに・・・少しラインを上げることは可能です。

 

 

 

 

さて、、、この埋没法ですが、

 

 

 

 

どのような年代の方でも可能なのでしょうか?

 

 

ご年配の方ではどうでしょうか?

 

 

70歳の方でも、まぶた皮膚を切らずに改善することが可能なのでしょうか!?

 

 

またの機会にご紹介しましょう!

 

 

 

 

 

                      丸山成一

 

 

 

 

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、糸がゆるむ、糸が外れる、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線、糸を通す部分の数㎜の白い瘢痕(傷跡が残る可能性があります)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。



 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。