2010年05月05日(水)

リフトアップの効果と経過

テーマ:フェイスリフト

今回は頬からアゴおよび首にかけてのたるみ治療・・・

 

リフトアップの効果と経過についてご説明します。

 

 

 

まず以下の写真をご覧下さい。

 

 


ヒルズ美容ステーション  ヒルズ美容ステーション

青い矢印の部分が特に目立つたるみですね。

 

この症状がどのように改善されているかご確認下さい。

 

 

 

リフトアップの治療は局所麻酔で行います。

 

 

 

施術途中には患者様に引き上げ具合を確認していただいています。

 

 

これは・・・

 

 

座位にならないと、その“たるみの改善度合い”がわかりません(重力があるからです)

 

 

また・・・

 

 

何よりも御自身で見て頂いたほうが、術後の満足度が全く違います。

 

 

「もっと引き上げれば・・・」

 

 

「えっ!?引き上げすぎ・・・」

 

 

「私は・・・こんなに・・・」

 

 

・・・とならないようにするためですね。

 

 

多くの施設では、まだまだ全身麻酔で行っていたり、

 

 

施術中に患者様に見せたりしないようです。

 

 

 

では・・・症例をみてみましょう。

 

 

 

まずは術前と術直後をご確認下さい。

 

 


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

 

 


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

 

 


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

 

 

60代の女性ですが、

 

 

かなりよくなっています。

 

 

最初に見せた青い矢印部分のたるみが改善されています。

 

 


ヒルズ美容ステーション

 


ヒルズ美容ステーション

術後1週間の状態です。

 

お化粧をされていて、とっても自然に仕上がっています。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

若返りも、

 

 

自然ではないといけません。

 

 

その人が歩んできたお顔の軌跡を、

 

 

何年か戻していくとことで、

 

 

自然な仕上がりになります。

 

 

もちろんご本人が一番よくわかっていらっしゃるので、

 

 

施術中に見て頂くとよりベストですね。

 

 

 

 

                             丸山成一

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、感染、顔面神経麻痺、傷の哆開(しかい;傷が開く)、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、拘縮、耳垂の感覚鈍磨、耳垂の変形、後戻り、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。