2008年12月29日(月)

加齢による変化~目の下の施術~

テーマ:目の下たるみ治療

今回は目の周りの施術のお話です。

 

 

加齢による目の周囲の変化ですが、

 

 

 

大きく「目の上」と「目の下」の変化に別れます。

 

 

目の上の症状としては、

 

 

「まぶたの皮膚が垂れ下がり、視界や視野が狭くなった」

 

 

「まぶたを上げようにも、皮膚がかぶさり、おでこの筋肉を使って上げてしまう

 

 

   そのせいか、肩こりがひどくなった」

 

・・・というような

 

 

日常生活にさし支えるような内容が多いですね。

 

 

一方、

 

 

目の下の症状は様々で、

 

 

「たるみのせいで疲れているように見える」

 

 

「“ふくらみ” や “しわ” が気になる」

 

 

「クマのように見える」

 

 

・・・というような

 

 

“見た目”を気にされるような内容が多いです。

 

 

 

今回は64歳女性の目の下の加齢による変化・・・

 

 

 

「目の外側のたるみ(ふくらみ)をなんとかしたい」

 

 

・・・というものでした。

 


それでは症例をみてみましょう。

 

ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

 

 

しっかりとお手入れされているのでしょう!

 

 

比較的シワやたるみが少ないように思われます。

 

 

おっしゃるように確かに外側は目立ちますね。

 


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

 

上下に眼球を動かすとはっきりしますね。

 

 

赤い線はデザインです。

 

 

切開するところは下睫毛から1~2mm下のところを切開します。

 

ヒルズ美容ステーション

局所麻酔で行います。

 


ヒルズ美容ステーション
皮膚、筋肉(眼輪筋;がんりんきん)と切開し、

 

 

脂肪を包んでいる膜に切開を加え、

 

 

イラストのように脂肪を取り除きます。

 



ヒルズ美容ステーション
切開した順に縫合(*)していきます。

 

(*)少々外側・上方に引き上げるようにして縫合していきます。

 

そして、最後に余った皮膚をイラストのように切開し縫合します。

 


ヒルズ美容ステーション

 

 

それではbefore afterで確認してみましょう。

 

 


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

 

 


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

目の下がスッキリしています。

 

 

傷跡もほとんどわかりません。

 

 

 

この手術で注意することは、

 

 

 

皮膚を決して必要以上に取りすぎないこと!

 

 

外反(がいはん)変形といって、

 

 

“アカンベー変形”を引き起こします。

 

 

切除する前に、座位で口を大きく開けてもらい

 

 

最終的なデザインが“皮膚の取りすぎ”がないかを確認しないといけません。

 

 

 

 

 

                                           丸山成一

 

 

 

 

 



加齢による目の下の変化に対する治療 詳しくは>>>目の下のたるみとり

 

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、下眼瞼外反、下眼瞼陥凹、流涙(涙が流れない)、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、目尻側にドッグイヤー(傷跡の端が盛り上がる)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。