2008年09月27日(土)

温熱治療(フォトフェイシャル)によるシミ治療の考え方 ②

テーマ:温熱治療①;シミ・美肌

前回に引き続き、

温熱治療(フォトフェイシャル)によるシミの治療のお話です。

使用するのはルミナス社の温熱治療(フォトフェイシャル)です。

この治療器は設定が無数にあります。


更に光の波長を以下のように自由に交換できるために、



そのためシミの治療、肌質の改善、赤ら顔、ニキビ治療など、

 
 
患者様の様々な肌の悩みに対応できます。

 

 

症例を供覧します。

症例は頬に直径0.5~1cm大のシミをいくつか認めます。

 

温熱治療(フォトフェイシャル)を行うと、

直後はシミの部分が赤くなります。

その後マイクロクラスト(薄いカサブタ)ができます。

私はそれを“生体の絆創膏”と呼んでいます。

このマイクロクラストの下で新しい皮膚が再生されます。


 

写真は施術後6日目の状態ですが,

 

すでにマイクロクラストがはがれかけています。

通常施術後4日目ぐらいから、

洗顔のたびにこのマイクロクラストが取れてきます。

ダウンタイムは、レーザーと比べても短いと言えます。

 

シミの治療には、ダウンタイムはつきものです。

温熱治療(フォトフェイシャル)は、

 

美容医療業界に登場した当初、

 

ノン・ダウンタイム、あるいはショート・ダウンタイム治療といわれていました。

 

そのため、

「レーザーと違い、その治療効果が乏しいのでは?」

と言われる先生も多くいました。


しかし、温熱治療(フォトフェイシャル)は、

照射の仕方を変えることによって、

 

通常の温熱治療(フォトフェイシャル)はダウンタイムは長いですが、

 

レーザー治療よりは、

 

ある程度短いダウンタイムで治療できるようになりました。


次回は温熱治療(フォトフェイシャル)1回の治療で、

どの程度シミは取れるかを説明します。

          丸山成一

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

発赤、疼痛、炎症性色素沈着、色素脱出、水疱形成、火傷(傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成)、

自分が想像していた結果(しみが取れないなど)と異なるなどが考えられます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。