2007年12月12日(水)

炭酸ガスレーザーを用いた無数にある首イボの治療

テーマ:炭酸ガスレーザー;黒子・イボ

今回は首のイボの治療について説明します。

 

当院では、

 

「首のたくさんのイボ、一度に全部取れないかしら?」

 

・・・という問い合わせが多くあります。

 

保険診療内で一気に取ることは難しく、

 

複数回にわけて行うために、

 

そのような発言になるのかもしれません。

 

 

首によくみられるイボは、アクロコルドンやスキンタッグといいます。

 

多発性に認め、褐色調でほとんど隆起のないものを「アクロコルドン」と呼び、

 

多発性に認め、褐色調で隆起のあるものを「スキンタッグ」と呼びます。

 

首などの比較的皮膚の薄い場所にできます。

 

ほとんどの症例で、アクロコルドンとスキンタッグは混在しています。

 

治療方法は液体窒素やハサミで取る方法がありますが、

 

それらは色素沈着や瘢痕形成が生じる可能性があります。

 

当院では炭酸ガスレーザーを使って一度に全部治療しています。

 

イボを蒸散させる(削るイメージ)ことで取り除きます。

 

麻酔クリームを塗布して45〜60分間待って治療しますから、

 

痛みを感じることはほとんどありません。

 

 

今回の症例は、

 

「首のイボが気になり、恥ずかしく・・・

 

  夏場はスカーフを巻き、冬場はハイネックのセーターを着て隠している。

 

    一気に全部とりたい。」

 

ということでした。

 

麻酔クリームを塗布して、

 

炭酸ガスレーザーを使って治療を行いました。

 

*入浴・シャワーは当日から可能です。


  
befre                 after(施術後3週間です)

 

若干、赤みや色素沈着がありますが、

 

綺麗に取れています。

 

*照射後は、カサブタ>>>赤み>>>肌色という経過をたどります。

 

 

いかがでしたか?

 

首にある無数のイボは、

 

炭酸ガスレーザー治療を使用することで、

 

短時間で一度に治療することができます。

 

     丸山 成一

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、発赤、炎症性色素沈着、色素脱出、再発、水疱形成、火傷(傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。