2007年11月26日(月)

老けて見られる こめかみの“へこみ” さてどうする!?

テーマ:エイジングケア

こめかみの部分に“へこみ”があるために、

 

  老けて見られるようなことはありませんか?

 

下にイラストを示しますが、


 

もともと、人間の顔面骨は

 

頬骨弓がはりだし、側頭部のところに陥凹(かんおう;へこみ)があります。

 

そこは、右のイラストのように側頭筋(ものをかむ筋肉の一つ)で埋められています。

 

こめかみの“へこみ”は、

 

それら顔面骨の形態や側頭筋のボリュームによって、

 

顕著にあらわれることがあります。

 

根本的な改善は、骨移植やプロテーゼを挿入するなどの手術が必要です。

 

ただ『そこまではしたくない・・・』と思われる方が多いです。

 

手術は怖いですからね。

 

しかし、“へこみ”があることで、年齢より老けて見られるため、

 

『どうにかして改善したい』と思われます。

 

そこで私はその“へこみ”にヒアルロン酸を注入することで、

 

陥凹部を充填し改善させています。

 

もちろんヒアルロン酸は半年で吸収されるために、永久的なものではありません。

 

例えば、子供の結婚式や大切な会など・・・

 

ある一定期間だけ改善させることもありでしょう。


 

そこで今回はヒアルロン酸を使用し、

 

こめかみの“へこみ”を改善させた症例を紹介します。

 

症例は・・・

 

「結婚式があって、写真を撮影するので・・・

 

  なんとか改善してほしい。。。でも、、、手術はちょっと・・・」

 

・・・ということでした。


 

 

上のイラスト(注入前)を参照しながら、写真と比較してみてください。

 

ちょうど側頭筋の位置するところに“へこみ”が目立ちます。




注入部位を示しています。


ヒアルロン酸を注入します。

 

患者様には鏡でふくらみの程度を確認してもらい、ゆっくり注入します。

 

この周辺には、浅側頭動脈(STA)や顔面神経(側頭枝)が走行してるので、

 

注意深く行う必要があります。

 

それでは注入した結果をどうぞ。


  

before                  after


 

before                after


“へこみ”は全体的に改善されています。

 

時間がたつと、もう少しなじみます。

 

大量注入は避けたほうがいいです。

 

というのも、先程に説明した動脈や神経が走行しているために、

 

血管内塞栓や顔面神経麻痺が起こる可能性があるからです。

 

 

いかがでしたか?

 

ヒアルロン酸にはシワを改善するだけでなく、

 

様々な箇所の“へこみ”を改善させることもできます。

 

          丸山 成一

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、凹凸、アレルギー、塞栓による皮膚壊死・失明・脳梗塞、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。