2007年08月24日(金)

目の上のたるみとり〜眉下切開法〜

テーマ:目の上たるみ治療

今回は目の上たるみとりについて説明します。

 

加齢によって、目の上のたるみが原因で視界が狭くなる方がいます。

 

もちろん、人それぞれ「たるみ」にも程度があり、

 

軽度なものから重度のものまであります。

 

美容外科ではそれらの症状に対し、

 

まぶたの余分な皮膚を切除することで、改善させる方法があります。

 

しかし、腫れが長く続いたり、

 

重瞼ラインが不整になるなどの合併症が生じることもあります。

 

 

症例は、一重まぶたで目の上が分厚く、

 

加齢とともにまぶたが下がり、視野が狭くなり改善目的で受診されました。

 

今回は眉毛下切開法によって、「たるみ」の改善をはかりました。

 

症例は56歳・女性。


<Before>

 

目の上のたるみが顕著で、開眼(眼を開けること)困難な状態です。

 

加齢による皮膚のたるみと、眼窩脂肪が原因であることが予想されます。


 

向かって右のイラストの状態です。

 

眉毛の下でデザインします。

 

*デザインするにあたり、いくつかの重要なポイントがありますが、ここでは省略します。

 

手術は局所麻酔で行います。


 

手術中のイラストです。

 

眼輪筋を一部切除し、脂肪を包んでいる膜(眼窩隔膜)を切開します。

 

止血を丁寧に行いながら、中の脂肪を取り出します。

 

脂肪を包んでいる膜が緩んでいる場合が多いので、

 

膜を引き上げて(上眼瞼リフト)縫合します。

 

最後に皮膚を切除し、細かく縫合します。

 

  

<Before>          <After>

 

手術後約1ヶ月の状態です。

 

眉毛と眼の幅も適度に狭まり、

 

目の上がスッキリし、開眼も容易になりました。

 

また患者様は視野が広がり見やすくなったと言われました。

 

写真をクリックすると拡大しますが、

 

<After>の写真(矢印)では

 

ほとんど傷跡が目立ちません。

 

この方法では、まぶたに傷をつけませんので、

 

重瞼ラインの不整は起こりぬくいと思います。

 

つまり重瞼ラインを変えずに、

 

たるみを取りたい場合に良い適応だといえます。

 

 

いかがでしたか?

 

たるみを取る場合にでも様々な方法があります。

 

手術前の正確な診断によって、一番最適な手術法を選択します。

 

                丸山 成一

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。


※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、後戻り、不整な重瞼線、傷の哆開(しかい;傷が開く)、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、眉毛の脱毛、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。