2007年06月25日(月)

フェイスリフト①

テーマ:フェイスリフト

今回は「若返り」「rejuvenation」についてご説明しましょう。

 

一言で「若返り」と言っても、

 

何を基準(治療して)として若返ったのか・・・というと、

 

人それぞれ、あるいは各年代で、「若返りの意味」は大きく異なります。

 

例えば、以下のような悩みがあったとします。

 

 

① ほほのたるみ。

 

② 目の上・下のたるみ。

 

③ 顔のしみ。

 

④ 顔や首などのシワ。

 

⑤ ①~④全て。

 

これらの悩みに対して、

 

様々な方法を駆使して改善させることで、

 

各個人、各年代の悩み(症状)はある程度解消され、

 

「若返ったかしら」・・・となるわけですね。

 

では・・・

 

どういった治療をすれば、ある程度それらの悩みを解消できるのでしょうか?

 

「シミの改善」「お肌を綺麗にする」のであれば、

 

比較的簡単に解消することはできます。

 

治療には・・・

 

ピーリング、レーザー治療、光治療などがあります。

 

しかし、形成外科医や美容外科医が一番悩むところが・・・

 

「シワ」「たるみ」の改善でしょう。

 

症状の軽いもの、

 

「浅いシワ」にはヒアルロン酸BOTOX治療などがあります。

 

(*期間が限られ、永久に持つわけではありません・・・)

 

レーザー治療なども選択肢の1つかもしれません。

 

また「軽度のたるみ」には高周波治療なども比較的よいでしょう。

 

あるいは「糸で引っ張りあげる方法」などもあります。

 

(*糸で・・・の方法はあまりおすすめしませんが・・・)

 

では・・・「重度のたるみ」には???

 

あるいは「効果をある程度長持ちさせたい」場合には???

 

いったいどうすればいいのでしょうか?

 

自分自身で耳の前の皮膚を引っ張り、

 

鏡を見ながら、

 

『これぐらい引きあがればなあ~』

 

と思った方、あるいは思っている方も多いでしょう。

 

反面、

 

『でも、切るのは怖い』

 

・・・と思ってもいるでしょう。

 

また

 

『もし手術したとしても、できるだけ腫れたくない。

 

  あるいは傷跡が目立たないかどうか心配・・・』

 

・・・など様々な不安をお持ちです。

 

患者様は手術に抵抗があるのです。

 

しかし、「重度のたるみ」の改善や

 

「その効果を長持ちさせたい」場合、

 

レーザーや糸だけで引き上げるには限界があります。

 

これが一番難しい問題かもしれません。

 

私の場合、こういったケースでは

 

様々な「ミニリフトやフェイスリフト」を行うことによって対応しています。

 

手術に抵抗があった患者様でも、

 

それまで悩まれていたことがある程度解消されますので、

 

終わってみると、

 

患者様は安心されます。

 

当院では一番多い手術ですが、

 

出来る限り腫れないように・・・

 

出来る限り傷跡を目立たないように・・・

 

そしてより自然に・・・

 

患者様が歩んでこられた「お顔の軌跡」をたどり、若返らせる・・・

 

そして、できるだけ効果をあげる・・・


そのあたりを特に気を使って行っています。

 

次回は

 

イラストと実際の症例写真をお見せしながら

 

「フェイスリフト」を説明します。

 

 

 

                    丸山 成一

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。