2007年05月26日(土)

二重まぶた(埋没法)の落とし穴

テーマ:他院修正

今回は二重まぶた施術後のトラブルをご紹介します。

 

<症例>

 

以前に他院で「二重まぶた埋没法」を行い、

 

それ以降・・・目の中が「コロコロする、時々痛い」

 

などを主訴に来院された30代の女性です。

 

 

二重まぶたをつくる埋没法には、

 

クリニックによっては、色々と名前を付けたりしていますが、

 

基本的に2種類の方法、

 

挙筋法と瞼板法です。

 

*私は挙筋法を行っています。

 

どの方法を行うにしても埋没糸が、

 

“眼球側に出てきては駄目”ということです。

 

何故なら、それらは角膜を傷つけるからです。

 

今回のケースはまさにそれでした(クリックすると拡大します)。


 

(まぶたをひっくり返しているところです)

 

中央(瞼板:けんばん)に糸が見えます。

 

このまま放置すれば、「角膜潰瘍」などを引き起こしかねません。

 

糸をすぐに取り除かないといけません。

 

今回のケースでは、糸を取り除いたことで、

 

痛みやコロコロした感覚はなくなりました。

 

 

プチ整形がはやり、簡単に二重まぶたをつくることができる時代です。

 

二重まぶた(埋没法)をされる場合には、

 

このようなリスクがあることも頭に入れておきましょう。

 

また埋没法を行った後に、

 

目の中がコロコロするような場合は、

 

まず担当医に連絡しましょう。

 

                                丸山 成一

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。