大阪の税理士紹介社長ヒルストンの石坂がリクルートに入社した理由 | ヒルストングループ公式ブログ 神田と淀屋橋で働く社長の日記

ヒルストングループ公式ブログ 神田と淀屋橋で働く社長の日記

前向きな成長を目指す企業と税理士を結ぶ事業とM&A事業をやっている株式会社ヒルストンと会計転職・北陸転職・長野転職・静岡転職で前向きな転職支援をする株式会社ヒルストンキャリアの社長の石坂の日記です。


テーマ:
本日は、大阪の税理士紹介社長ヒルストンの石坂がなぜ新卒でリクルートに入社したのかをお話したいと思います。

時はバブル絶頂期。正直、就職先としてはどこでも内定が取れる時期でした。当時、漠然と大手商社に入社しようかと考えていましたが、たまたまリクルートの学生インタビューを受けて出会ったのが現リンクアンドモチベーション会長の小笹さんでした。小笹さんに出会ったことでリクルートに興味を持ちました。正直リクルートの事業を知っていたわけではありませんでしたが、会った人が素晴らしかったことと、ベンチャー企業に対する興味から入社を決意しました。リクルート事件の2年後、親の反対を押し切り、入社しました。

リクルートの行動指針は「自ら機会をつくり出し、その機会によって自らをかえよ」
で、今でも自分の中で一番好きな言葉です。

入社後、バブル崩壊し、倍々ゲームの成長の時期ではなくなりましたが、リクルートらしい風土の
時期を過ごすことができました。この経験すべてが大阪の税理士紹介会社「ヒルストン」を興す後押しとなりました。

入社したときは、決して独立志向が強かったわけではないですが、リクルートに入っていなかったらら、独立してヒルストンを興すこともなかったと思います。

大阪の税理士コンシェルジュ「ヒルストン」もかつてのリクルートのように強烈に成長できる風土の会社にしていきたいですね。

石坂 裕さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス