“あきや”対策 | 司法書士法人 小屋松事務所の所長日記

“あきや”対策

空き家対策と言えば・・・

 

熊本市の方では「空家等の対策の推進に関する特別措置法」及び「熊本市老朽家屋等の適正管理に関する条例」に基づき、空き家対策に関する取り組みが行われてます。

 

「空き家のあれこれ」といった冊子も配布されています。

 

 

熊本市にお住まいの方は、もうご覧になった方や私たちの町内では市役所の方から担当者を招いて空き家対策のセミナーをしましたというところもあるかと思います。

 

空き家対策は、相続や生前対策と切っても切れない関係です。

 

「息子や娘が東京や福岡に出てしまって熊本に帰ってくる見込みは無いが、自宅についてはどうしようかと悩んでいる」

 

といった声は、セミナーや相談会でよく耳にします。

 

自宅を空き家の状態で放置すると防災・防犯・衛生面の問題が発生する恐れがあります。

 

その一方で相続登記についてはその遅滞によって罰則が科されることはありません。

 

ただ放置をしておくと、ねずみ算式に相続人がどんどん増え、その結果、遺産分割協議のトラブルやその土地を売買などする際にスムーズに手続が出来ない可能性があります。

 

実際、相続人が数十人となり、その全員から実印をもらわなければならない事態になり、話がまとまらないというケースも少なくありません。

 

相続手続を円滑に進めるために法定相続情報証明などの諸制度もスタートしてますので、お早めに相談されることを強くお勧めします。

 

当事務所では相続セミナーの講師も承ってます。

 

セミナーでは空き家対策に関連する事例も勿論紹介してます。

 

当事務所のセミナーは、講師料は頂いておりません!

 

もう一度言います。講師料は頂いておりません!!

 

大事なことなので2度言いました(笑)

 

セミナーのご依頼は当事務所へお気軽にご相談ください(電話口にてブログを読んだ旨をお伝えください)!!

 

セミナーの様子は当事務所のHPにも紹介させて頂いてますので是非ご参考に( https://www.kumamoto-souzoku.info/category/seminar

 

 

そう言えば、ここ最近は日が沈むと一気に寒くなりますね。

 

先日も夜に帰宅するときに駅のホームで身震いしながら列車を待ってました。

 

周りは、ジャンバーや手袋、マフラーを身に着けてる方もいらっしゃいました。

 

「空き家対策」と「秋夜対策」。体調管理にはくれぐれも気を付けましょう。