埼玉・千葉の茶葉から基準超すセシウム |  ひこぱぱ

 ひこぱぱ

 反原発・反基地・反差別・反弾圧・反貧困・反TPP!
    「積極的(戦争による)平和主義」という妄想に惑わされず
 「福島事故は終わってない!命を守れ!」の声を一つにして
    平和憲法を守り、軍事国家への転換を阻止しよう!
      

厚労省は「直ちに健康に影響はない」と、あくまで言い続けるつもりらしい。
将来、どれほどの健康被害・死者が出て、何十年裁判が続いたら、「歴史的和解」をしてくれるつもりなんやろう。
被曝者援護法も、水俣も、森永ヒ素ミルクも、アスベストも・・・
彼らにとっては何の教訓にもなってない。
どころか、居直り方のお勉強のつもりなんやろか?

「お茶として飲む場合は30分の1以下に濃度が薄まってるから」?

1gの砂糖を直接舐めるのと、29gの水に溶かして飲むのの違いだね。
1gが体内に入るのには変わりないよね。
・・・っつうか、ちょっとずつ薄めて飲む方が、自覚が無くて恐いやろ?

しかし、以前に書いたように、
細胞内の放射線の撮影に成功した研究グループもあるんだから
厚労省も今後大変だよ。







以下、「 beral Utopia 持続可能な世界へ」ブログとライブドア「クマのプーさん」ブログより文章転載させていただきました。

放射線"死の灰"は、肉体が死んでも放射能を放出し続ける恐怖の真実!ー"死の灰"の放射線 世界初の確認(長崎大学)

ホスト(宿主)の肉体が死亡後も、その細胞の中で放射能を放出し続け、DNAを損傷し続ける、被ばくの恐怖の実態。
恐るべき放射線物質、プルトニウムの属性!

原爆投下で生みだされた大量の「死の灰」。
 これが原爆投下から60年以上たった今でも細胞の中で放射線を出し続け、内部被曝の原因となっている様子を、長崎大学の研究グループが世界で初めて確認した。

  細胞から伸びる2本の黒い線が放射線だ。
 被爆者は一般に強い放射線を浴びたことによる外部被爆が問題とされる。
 今回、放射性物質を体内に取り込んだことによる内部被曝もまた、確実に起きていることが明らかにされた。

 研究グループは、すでに死亡した7人の被曝者について大学に保管されていた組織を特殊な方法で撮影。
 その結果、「死の灰」が細胞の中で出す放射線を黒い線として映し出すことに成功。

 被曝から60年以上もたった今もなお、骨や腎臓などの細胞の中で放射線を出し続けている様子をとらえたのは世界初だ。

 さらに重大なのは、放射線の分析からこの「死の灰」の成分が原爆の原料であるプルトニウムであると確認されたことだ。
 半減期が何万年にも及ぶプルトニウムを環境中に放出することがどれほど危険なのかを物語っている。

 調査した七條助教授は次のように語っている。

 「その時だけ被曝して障害を及ぼすのではなくずっと体の中に蓄えられたものが 少しずつ少しずつですね、 体をやっぱり傷つけている可能性があるという何らかの糸口になればと思っております」

 さらに長崎大学の中島正洋准助教授の研究グループは、皮膚ガンになった被曝者を対象に手術で切除されたガンの周辺の細胞について研究を進めた。

 その結果、一見正常そうに見える細胞のDNAが傷ついているケースが多く見られることが判明。

 DNAの異常は爆心地から3キロ以上離れて被爆した人では5人のうち1人だったのに対し、 1.5キロ以内で被ばくした7人のうち5人に上った。

 原爆で被曝した人は現在も高い割合でガンになっているが、こうした患者は一見正常に見える細胞のDNAが傷ついていることも長崎大学の研究で判明した。

 研究した中島准助教授はこう語っている。

 「60年以上前の一回の放射線の被曝によって遺伝子に傷が入りやすいといったことが誘発されているのではないか。 それは、ガンになりやすいということを示唆するデータだと考えております」

 この研究はアメリカガン学会の学術誌「キャンサー」インターネット版に掲載されたが、今後内部被曝のリスクについてさらに研究が深まることだろう。

 ちなみに原発もまたウランを燃やして「死の灰」を作る。
 100万キロワットの原発は1年間稼動すると1トンのウランを燃やす。
 広島に投下された原爆は約1キログラムのウランが燃えたものだが、原発1基が1年間稼働すれば、それを1000倍するほどの大量の「死の灰」を出すわけだ。

 1986年4月26日、旧ソ連のチェルノブイリ原発で起きた重大事故では、広島原爆約800発分の「死の灰」が環境中に放出された。
 広大な地域が汚染され、数十万人の人たちが避難を強いられ流浪化した。

 狭い国土に地震の巣が密集するこの日本で、50基以上の原発が稼働することがどれほど危ういことなのか。
 ましてやその原発に、通常のウラン燃料よりもさらに危険性が高いプルトニウムを混ぜたMOX燃料を使用するプルサーマル計画がどれほど危険なのか。

 今一度考えてみる必要がある。