ほんとのビジュアルアイデンティティーと服育 | 好きを仕事に子育てもウーマンライフも楽しむ暮らし方

好きを仕事に子育てもウーマンライフも楽しむ暮らし方

ママ起業家、おうちサロン、プチ起業、ママの働き方に向き合います。地域コミュニケーターマインドで収益の幅が広がります。販促PRの面から形に。働きやすい環境と売上アップに導くコンサルタントをする販促PRプランナー小山田紘子のブログ


テーマ:
新標準服がアルマーニで約8万円はどうなのかって話題になってますね。

なぜ今回アルマーニ制服が問題なのか

一人の親として、、、

キャー!!

これは私学なら問題ないと思うんですが公立の小学校だからですよね。

私もそう思います。

買えない人は学校に相談できる!?

買えない人は相談応じますって??

区が助成してくれるんでしょうか。
お金貸してくれるってか?

なんかしのぎ返事で感じっ。
相談にのるから買いみんなと足並み揃えよということ!?

そもそも公立の校長は公務員。
区がもっと判断、管理してよって思います。
人事異動とかもできますやん。
対策はどうなるんでしょうね。

ビジュアルアイデンティティーと食育

今回の話題で私が気になったことは
ビジュアルアイデンティティー
服育
ということ。

昔バカ大学生だった頃の出来事をしたことを思い出しました。

どこまでおしゃれに見せれるかと、
超ボンボン男子をファストブランドで黒中心に着せて、アルマーニかエルメスかと思わせるコーディネートができたということ。
何を着ても内面から姿勢ができていると着こなせると実証したこと。

田舎の大地主の方々が都会のコンパに気合いを入れてきたのかブランドものを身に付けてきて都会の土地の狭さをバカにしてる姿勢を見て維持費大変そうねっとだけでときめかなかった出来事。

お金持ちの考え方と庶民の違い

あっ、また思い出した。
中高時代の合宿でブランド物の旅行鞄禁止令に対して
うちにある鞄で行かせたい。ブランド物だから大切に扱うとかではないかと思う。あらためて子供らしい鞄を買い用意しなさいって言うんですか。と反応した保護者が多数いた話。

あっ、そうそう最近気になること。
成金といったら炎上しそうですが、ネットビジネスとかで一攫千金した人のよくある光景。
ブランド物が今まで買いたくて買えるようになったのは喜ばしいことですが、
分かりやすいギラギラした物をつけてる姿。
大抵似合ってない。

ブタに真珠でも身につけた方がいい?

孫に衣装?
ブタに真珠?

ブランド物を身につけると姿勢が変わるというのもわからなくともない。
でも、私のまわりをみまわすと、
それって本物の豊かな人じゃないと思っています。
確かにブランド物は良い素材を使い、耐久性が優れている場合も多いです。

本物の豊かな方々は素材を見て、長く使えるもの、これは使い捨てでいいからどこまでも安いものと、きちんと目利きをされます。

確かにさらっと服の素材を触ってその方を値踏みするほど、目利きがすぐれている人もいます。

あっ。また面白いエピソード思い出した。

夜の世界で別にかわいくも正直ないのにずっとナンバーワンだった友達の話。
お色気もない彼女がナンバーワンだった理由はどのお客様も差別なく接客していただけ。いつも作業着で来て、フツーにおごり高ぶることなく乱れもせず飲んで帰っていく紳士は、ある実は誰もが知る大手企業の社長だった話。
彼いわくは身分左右なく、いつも媚びることもなく、きちんと接客してくれるからと次から次に上社長のネットワークも繋いでくれた話。
相当社名を聞いて媚びへつらい肩書きに寄ってこられる方にうんざりされていたと思われますね。

本当の内面の育成と本当の服育

本当の内面の育成、本当の服育は、
ブランド物を身につけてプライドを養うものではない。人を差別し、見下し、ヘコヘコ人間を育ててしまうのではと思う。

いいものもにふれ、いろんな経験をすることが本当の内面教育になるのかなと感じています。

「人間力」っていう言葉を使う方の中には、ちょっと違うのではと思う方もいるので私自身正直あまり使いたくない言葉ではあるのですが、
銀座らしさというならば、お金持ちでフツーに昔から銀座を利用されている方は質素で、きちんと目利きして、謙虚で、ブランドものでも良いと思わないものは買われません。

私が感じるにですが、きちんとされた昔から名家と言われる方ほど、常識があり家事も身の回りのこともきちんとされている方が多いです。

あっ、この方のお話もさせてください。
お世話になっている模範にしている社長がいるんですが、彼女はお手伝いさんにも出入りされている業者さんにも毎年、日頃の感謝の意を表してお中元やお歳暮、その家族の記念日の御祝いも用意されてます。
手抜きやいい加減、バカにした態度には厳しく言われ、自らも進んで行動され、「後世に繋げるのが私の勤め」と家から物から人から一つ一つ丁寧に扱われておられて、「身内こそほど大切に礼儀を忘れずに」と言葉にもされ、彼女と時間を共にすると私も心が豊かに気持ちをあらためようと思うことが多いです。

銀座、銀座って言われる方は、間違ったプライドと誇りで、まだどこか銀座に憧れか卑下か劣等感があるだけなのではと思ってしまいます。

本当に心豊かな方は、良いものはブランド物に多いとは思われてはいますが、ブランドだからと購入は決してされていないと思います。

ブランドメーカーにこだわる方はなんだかなって思います。

本当のビジュアルアイデンティティーの育成まとめ

誰にでも挨拶ができる
無視しない差別しない
目利きができる
謙虚に相手を思いやれる心
ありがとうごめんなさいが言える心
感謝できる姿勢
ではないのかなって。

私もブランディングに悩むこともあります。
あらためて気持ちと向き合ってみようと思いやます。

HIROKO OYAMADAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス