12月の特に年末は引越しの繁忙期に該当し、3~4月に準じて引越し費用が高騰する時期にあたります。

 

なぜ12月末の引越しが混み合うかについてですが、日本人はご新居で年を越したいと考える方が多く、かつ他の月もそうですが賃貸不動産の退去が月末に集中する点、あとは物件を購入されたり、ご新築を建てられた方の新居の引渡しが税金の関係から年内の引渡しを目処に行われる傾向にあるからです。

 

 

 

 

すると逆に1月は多くの方が駆け込みで年内に引越しされた反動から急激に件数が低下し、閑散期に突入するという訳です。しかも、ただの閑散期ではなく1年で最も引越し件数が少ないのが1月で、需要と供給のバランスから最も低価格な引越し料金が算出されるのです。正直、赤字や原価でも引越しを受注するケースがあるくらいですが、それでも件数がほとんど入りません。

 

「えっ、赤字や原価でも引越しを取るの??」という読者の方の声が聞こえてきそうですが、これには引越し業者側の運営上の事情が大きく影響しているのです。引越し業者にとって1月は先程も申し上げたとおり1年で最も閑散期と呼べる時期ですが、3~4月の引越し最大繁忙期の成功を占う月と言われています。この1月にある程度の件数を確保できないと3~4月の繁忙期に耐えうるだけのアルバイトや社員も含めた作業員の人員確保が望めず、膨大な引越し件数に対して耐え切れずパンク(キャパオーバーのこと)してしまいます。

 

このような事情から数ある引越し業者は3~4月の成功を夢見て少ない引越し件数の取り合いになるのです。

 

是非、日程をご調整し驚くような低価格で引越しされることをお祈りしております。

 

 

関連記事『引越しにおける「パンク」って何??』

 

無料見積りご希望の方は下記リンクよりどうぞ!

 

 


引越作業ランキング