アート引越センター(アートコーポレーション)は、1995~2008年にかけて「ドラえもん」をイメージキャラクターとしていたことは読者の皆様もご記憶のことでしょう。

 

 

「JapaneseClass.jp参照」

 

 

「ドラえもん」の登場したテレビCMや街を走るアートのトラックに描かれた「ドラえもん」が可愛かったですよね(^^)

この「ドラえもん」をイメージキャラクターに使用したマーケティング戦略はアート引越センター(アートコーポレーション)の知名度を飛躍的に高め、アートの歴史上最も成功したマーケティングと言われています。

 

では、なぜこれほど成功したマーケティング効果があったのにも関わらずアートはイメージキャラクターから「ドラえもん」を外したのでしょうか??

これはイメージキャラクターとしての年間使用料金がかなり高額であったからだと言われています。

 

 

ちなみに気になる年間使用料についてですが、大体宝くじの1等賞と同じぐらいと言われています。

 

                   ↓(笑)

「宝くじニュース参照」

 

さすがはドラえもんて価格ですねww

 

 


引越作業ランキング