A450枚の卒業論文と、ピアノの試験の両方が終わりました

 

僕のいる学科はこの2つをクリアしないと大学を卒業できないのです

 

1月の初めはこの2つをクリアできると思えなくて、とても辛くなり、初めて心療内科で抗うつ薬を飲み始めました

 

結果的にはこの現象はよかったです

 

 

薬を飲み始めて、自分で意識しなくても自然とリラックスできて明るい気持ちになれるように徐々になって来てる感じなので

 

 

肝心の卒業試験は、緊張はほとんどしなかったけど、演奏はふがいないものでした

 

お世辞にも上手いとはいえないです

 

恥ずかしいし、惨めな気持ちになりました

 

しばらくは、人前で演奏するのはどんな形であれ、辞めようとおもいました

 

 

ですが、ピアノが大嫌いになっていた時よりも、この3週間でクラシックピアノが好きになりました

 

もっと追求したいって気持ちが芽生えてきました

 

 

だから、個人で楽しむようにクラシックピアノは続けていきたいなと思います

 

 

でも、絶対に乗り越えられない、乗り越えたくもない、って思っていた卒業の試験と論文を両方終えられてよかったです

 

 

3週間前はもう無理だと思って大学を辞めようと思ってました

 

ですが、担当の先生が優しく話を聞いてくれたので、「なんとかなりそう」って思えました

 

担当の先生が厳しい人だったら、卒業一歩手前で大学をやめてたかもしれません

 

 

まぁでも、とりあえず卒業ができて、

 

最終学歴が大卒になり、

 

高校の音楽

中学校の音楽

中学校の社会

 

の教員免許をもらえる

 

っていうのは、安心感につながります

 

 

大学を卒業しないと後悔したり、自己否定したりする材料になる

 

でも、

 

大学をちゃんと卒業して、「卒業なんかしなきゃよかったー」とは思わない

 

そんなことをずっと考えてました

 

 

だから、僕のこれからの人生は、最終学歴が高卒となって自分を責め続けるってハードモードよりはラクになりました

 

 

別に、大学って、卒業してもしなくてもどっちでもいいと思うんです

 

でも、僕の場合は自己否定をしやすいので、

 

大学をちゃんと卒業していた方が、自分を責める材料が1つ減るなって思うんですよね

 

 

 

最近、薬が効いてきてるのか、ひどい苦しさが無くなってきてるので、このまま生き易くなりたいですね

 

今日打ち上げに行ってきたのですが、やっぱり無理をしてしまって、ちょっと疲れちゃいました

 

 

人と楽しく落ち着いて話をするってことがなかなか難しいです

 

普通と違って悲しいです

 

孤独です

 

ひとりぼっちです

 

そんな気持ちになります

 

 

その反面、体がリラックスしてくると、

 

孤独感がなくなってきて、楽しいって感覚が出てきます

 

この感覚が育って来たら、生き易くなります

 

 

 

そんな感じで、今の気持ちでした