「戦没者を追悼し平和を祈念する日」の式典と「沼津市戦没者・戦災死者慰霊法要」に参加しました | 静岡県議会議員 ひきたたかしのブログ

静岡県議会議員 ひきたたかしのブログ

静岡県議会議員 ひきたたかし(曳田卓)のブログです。


テーマ:

今日は『沼津市 戦没者 戦災死者慰霊』法要と『戦没者を追悼し平和を祈念する日』の式典に参列しました(沼津市民文化センターで開催)。


仏教会主催の法要では献花を行いました。式典では戦死者のひ孫の方と夜叉孫の方が献花を行いました。


73回目となる終戦の日の今日、先の大戦で亡くなった230万人の軍人・軍属、80万人の一般人の御霊を慰霊しました。
戦後73年間、平和を享受し、世界に誇る経済大国になりました。

あの悲惨な戦争を二度と起こすまいと誓って出来上がった日本国憲法です。


昨今、憲法改正の議論が活発ですが、あの悲惨な戦争で異国の地の地で無念の思いで亡くなった方々、戦争指導者の無策により、なす術も無く本土爆撃で殺された一般庶民の方々に対し、不戦を誓ったはずです。


歴史は繰り返すと言います。そして、人間は同じ過ちを犯します。

今、声高々に改憲を叫ぶ方々には、是非、昭和20年8月15日に戻って頂きたいと思います。
 

 

私はアウシュビッツ収容所を視察して、悪魔の所業と思いました。

人間は悪魔にもなり得ます。
 

米国では原爆投下の正当化する団体があります。

彼らはエクソシストのような悪魔の傀儡ではないかと思います。

 


いずれにしても、二度と戦争を起こさないために、我々政治家は奔走すべきです。
県民の生命財産を守るためにも。

 

 

 

 

 

ひきたたかしさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス