マスコミに取材される方法

新聞社とTV局に21年。PR会社に1年。その経験でプレスリリースの発信とマスコミ登場をサポートします。


テーマ:

 

私がパブリシティを実践する上で

大切にしていることがあります。

※パブリシティとはメディア取材されるための働きかけです

 

それは「できる方法」を見つけて動くこと。

 

私の「3つの言葉」

 

私がいつも心の軸にしている言葉。

3つあります。

 

1 方法はいくらでもある

2 物事をシンプルに考える

3 答えはいつも自分の心の中にある

 

このブログで何度か書いた「3つ」。

古くからの読者には申し訳ありません。

 

 

最初に挙げた「方法はいくらでもある」。

つまり、固定観念にとらわれないこと。

 

先日、ある方と話していて、

相手が固定観念から抜け出さないので、

1についてこう、話しました。

 

私とあなたは今、こんなに近い。

あなたに近付くと言ったなら、

あなたは「この距離をこのまま縮める」と

思っていませんか。

方法はいくらでもありますよ。

私があなたに背を向けて地球を1周して、

あなたの背後から近付くのも方法の1つ。

あなたは固定観念にとらわれていませんか。

 

ワクワクするのがパブリシティ

 

できない理由を並べるのではなく、

出来る方法を見つけて動く。

しかも、楽しみながら。

ワクワクしながら。

それがパブリシティ。

生き方にも通じます。

 

方法はいくらでもある。

あなたも呪文のように唱えてください。

ほら…できる気がするでしょ。

 

アイデアがどんどん出る


発想が豊かな人といると、

一般的には突拍子も無い方法を

楽しそうに話してくれます。

それを聞いて私も応える。

さらに相手が楽しそうにアイデアを出す。

バウムクーヘンのように重なって大きくなる。

そんな感じ。

 

そうした人に共通するのは

アイデアだけで止めずに動くこと。

 

 

人生は一回切りなのですから、

今まで得たものをフル活用して

動いてほしいな。

問題をシンプルに考えて。

あなたの心の中の答えに正直に。

 


 

 

元新聞記者、テレビ局デスク

メディアコンサルタント・荒川岳志

 

 

 

 

 

 

 

 

著書です。

マスコミに上手なアプローチを。

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版
¥1,620 Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マスコミに取材される方法 荒川岳志さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります