こんにちは。

2020年12月31は、2020年最後の日であると共に、比企JCの2020年度が終わりとなります。

2020年は、皆様にとってどんな年だったでしょうか?

 

 

 

今のこうした状況というのは、去年の今頃はまだ誰にも想像できなかったことでしょう。

日本人にとっては、東京オリンピックの年だったということで記憶されたのだろうと思います。

しかし、新型コロナウイルスが発生した年として、

恐らく世界史に残り、後世に語り継がれる1年になったのだと思います。

 

<次亜塩素酸水の配布運動:東松山市3回、小川町1回>

 

 

 

比企JCにとっては、2020年は40周年の節目の年でした。

私も当然ながら、この1年は40周年記念事業と記念式典の年として考えていました。

しかし、これまでこのブログで記載した通り、40周年の記念式典、記念事業を中止とする判断をいたしました。

 

<10月例会:メンバーだけの40周年>

 

 

 

そこに至るまでは、色々な決断と決定があり、悩みながらのものでした。

思い返せば、全てがうまくいった訳ではなく、”たられば” はたくさんあります。

全てを100%やり切ったか?と問われれば、決してそうとは言い切れない面もあります。

 

 

 

・しなければいけなかったこと

・した方がよかったこと

・こう判断すればよかったこと

・こう伝えればよかったこと

・もっと早く動き出さなければいけなかったこと

様々な考えが過ぎります。

 

 

 

一方で、

・次亜塩素酸水の配布運動

・熊本豪雨の支援物資運搬

・40周年記念映像配信

・40周年記念誌の配布

など、こうした状況下において実施できたこともあります。

 

<熊本県八代市への支援物資:2日間で約2,500kmを往復>

 

 

 

「何も出来ない年だったね」と言われることがあります。

確かに、当初の年間事業計画からは大きく変更を余儀なくされました。

しかし、こうした状況下だからこそ、色々なことを考え、その中で出来ることを実施しました。

そこに対して、私たちは胸を張っていいことであると思います。

 

比企JCの理事長として、また新型コロナという特殊な状況下で、

本当に多くのことを経験させていただきました。

 

<横浜で開催された世界会議:第165回総会>

 

 

 

そうした経験があったからこそ、

・どれだけ多くの方に助けていただいたか

・どれだけ多くの方が私や比企JCのために動いていただいたか

・私自身に足りていないことはなんなのか

感謝と幸せと反省を感じ、多くのことを学ばせていただきました。

 

私自身の反省として、これからの人生において成長していきたいと思います。

こうした機会を与えていただいた比企JCメンバーに、

そして、いつも支えていただきながらスタッフメンバーに、

心から感謝しています。

 

 

 

そして、

赤岩 文雄 君

新田見 隆 君

笠間 大輔 君

佐藤 健一 君

田代 裕也 君

改めて、ご卒業おめでとうございます。

晴れて社会復帰(笑)される訳ですが、

先輩方の益々のご活躍を心から願っております。

 

<12月例会第三回通常総会:卒業生を送る会@小川町下里分校>

 

 

 

2021年において、新型コロナウイルスが早期に収束し、

全ての皆様にとって輝かしい1年となることを願っております。

 

そして引き続き、2021年度の比企JCにどうぞご期待ください!

ブログについても、もっと色々なことを書いて発信するようにならないとですね。笑

 

<1年間お世話になった専務理事:Wナカジマでした>

 

皆さん、ご無沙汰しております。

5月以来の理事長ブログの更新となりました。

アクセスをいただいた方には、比企青年会議所の情報を長らく発信しておらず、大変失礼いたしました。

2020年度も早いもので、あと1ヶ月とちょっとというところになりました。

これまでの空白の期間を埋めるように、残り1ヶ月の間、2020年度振り返りながら発信していきたいと思います!

最後までどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

5月の次亜塩素酸水の配布運動からも、あっという間の日々でした。

新型コロナウイルスも、第二波、第三波と続いており、未だ治る気配はありません。

アメリカファイザー製薬が開発したワクチン一早い普及及び接種が望まれるところではあります。

勿論、その効果と安全性には疑問を感じる方も多くいるかも知れませんが、希望であることには間違いありません。

2020年度の比企青年会議所は、他の団体の例に漏れず、新型コロナウイルス感染には大きな影響を受けました。

10月18日に開催を予定していた「創立40周年記念式典」の開催を断念したことなどが挙げられます。

 

そうした中でも、今は少ないメンバーですが、試行錯誤しながら前に進んできました。

ホームページで公開している「創立40周年記念映像」「創立40周年記念誌」はぜひご覧いただけたらと思います!

 

 

残り1ヶ月、これまでの比企青年会議所の2020年度を振り返りつつ、発信していきたいと思います!

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

生憎の雨模様となりましたが、第3回次亜塩素酸の配布運動、無事終了しました。

昨日は約550世帯の方にお越しいただき、延1600世帯の方にお渡しすることができました。

 

 

 

 

テレビ報道をご覧になってお越しくださった方もいましたので、改めてテレビの力を思い知りました。

これまで、私たちの運動を広めて伝えていただいたメディアの方、情報をシェアしていただいた方に、改めて感謝です。

 

 

 

 

 

 

さて、私たちの会は、運営経費から事業費までのほぼ全てをメンバーの会費だけで賄っています。

今回の次亜塩素酸水の配布運動も会から原水の購入費用を支出しておりますが、在庫がほとんどなくなって参りました。

県内では他の青年会議所も配布運動を始めたられたり、市場にも消毒用アルコールが少しずつ出回ってきました。

 

 

除菌水がない中で皆さまの不安を少しでも解消して行くために始めたこの運動も、そろそろ役目が終わる時かと考えています。

僅かな在庫の配布方法については、会で検討した上で、比企青年会議所ホームページで発信していきたいと思います。

 

 

新型コロナウイルスとは長い戦いになりますが、地域のために何ができるか、何をなすべきかを考え、運動として起こしていきたいと思います!

今日は母の日ですね!私も子どもを産んで母になったんだけど?と妻に言われ、気付いて怒られた、理事長です。

 

 

そして私事ですが、今日は結婚式記念日です。7年前に結婚式を挙げましたが、早いものです。いつも私の議員という仕事やJC活動を理解し支えてくれている妻には感謝です。

 

 

さて昨日、無事2回目の次亜塩素酸水の配布運動を終了しました!今回は前回以上、700世帯の方にお越しいただきました。

 

 

こうして少しずつでも次亜塩素酸水を配布し、皆さんの不安を解消するとともに、明日への希望に届けられたらと思います。

 

 

また昨日は、テレビ埼玉の取材を受けて、テレ玉ニュース&yahooニュースでも取り上げていただきました!

 

 

 

 

 

 

 

配布は県内住民を対象にさせていただいておりますので、多くの方にこの運動が広まり、お届け出来たらと思います!

 

 

また青年会議所に関わらずですが、県内で配布していただける団体が他に増えると嬉しいです!それこそが青年会議所の役目であり、私はそれを目指しています。

 

 

さて、私たちは比企地域(1市7町1村)で活動しておりますので、次回は小川町で行います!!

 

 

実施日時:5月16日9時〜12時

場所:小川町伝統工芸会館奥駐車場

 

 

詳細は、比企青年会議所ホームページで公開していきますので、そちらをご確認ください!

 

 

比企青年会議所ホームページはコチラから

昨日、中学生の友人たちとWEB飲み会を行いました。みんな家庭を持ったりして予定が合わないことが多かったのですが、久々にほぼフルメンバーの集まりで、これもある意味新型コロナウイルスがあったからだよね、と話をしていました。

 

 

新型コロナウイルスの影響で、まさかマスクや消毒液が、ここまで貴重品になるとは、私も全く思っていなかった訳です。

 

 

前回の次亜塩素酸水の配布運動で、450世帯の方にご参加いただけたのも、各家庭で除菌液が足りていない状況があるからに他なりません。

 

 

住民の皆さんの不安を取り除き、一人でも多くの方に除菌液と希望を届けたい、その思いから「第2回次亜塩素酸水の配布運動」を5月9日(土)に行います!

 

 

時間や場所は添付の通りで、前回と同様です。埼玉の中心、ヘソ宣言をしている、東松山市です!

 

 

中では詳しくは触れていませんが、配布対象は埼玉県住民とさせていただいています。

 

 

青年会議所という団体は各地域で分かれています(埼玉県内では30団体)が、各地域の青年会議所ではすでにそれぞれの特色を活かして、新型コロナに関連した運動を起こしています。私たちの心強い仲間です。

 

 

県内で次亜塩素酸水を配布している青年会議所は今のところ比企だけです。困っている方に青年会議所の地域なんて関係ありません。という思いから、県内住民を対象にしております。

 

 

前回配布の際でも、他地域のナンバープレートの方も多くいらっしゃってました。もし必要とされておりましたら、少し遠いかも知れませんが、どの地域からもアクセスし易い真ん中(ヘソ)、ということに免じて、ぜひお越しいただければと存じます!