いつか見た空の続きを

空と書いてゆめと読みます。コラージュ作家、イラストレーター引地渉のブログです。


テーマ:
昨日は初日でした。
クリ8の小山さんが早速リポートしてくださってます。
たくさん写真がアップされているので、ネタバレ注意ですが、「遠くて行けない」「忙しくて行けない」という方にとっては会場の雰囲気を味わえると思いますので是非のぞいてみてください。
小山がゆく!引地渉個展『楽園のシルエット』

オープニングにも悪天候にも関わらずたくさんの方が駆けつけてくださって本当にありがたかったです。
今日もこれから行ってきます。会期中は基本的に常駐の予定です。皆様のご来場お待ちしております。
飛鯨
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
羊ヶ原
Orangezone

色々やってるとすぐにこんな時間…個展の前なので仕方ないです。
一応搬入終わりました。今回は仕事以外で作ったオリジナルが多いので、かなりヘンテコな展示になってます。

<出品作リスト>
1.羊ヶ原
2.Niwatoritsbo
3.黄昏時専用列車
4.静寂
5.愚幻
6.Mobile Park
7.ヘルメニデアス宇宙研究所
8.飛鯨
9.流景
10.夏光
11.卒業
12.朝日を浴びて
13.Resort Island
14.Orange Car
15.緑野
16.桜野
17.send no money
18.檸檬色の世界航路
19.iRST
20.黒の45
21.Piano Monster
22.Blue Fish

昼過ぎからはギャラリーに顔を出してるはずです。夕方からはささやかながらオープニングパーティも開きます。TISのと重なっているので、たぶん空いてると思います。皆様のご来場をお待ちしております。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
楽園のシルエットDM
久々に個展を開きます。
 
引地渉個展「楽園のシルエット」
場所:HBギャラリー 
会期:6/29(金)~7/4(水)11:00~19:00(最終日のみ17:00まで)
opning party6/29(金)18:00~20:00

DMの写真だと「何だかよく分からないもの」に見えると思いますが、実際「何だかよく分からないもの」なのでご安心を。今回立体のスペースも結構あります。平面もそこそこあります。あまり統一感を考えずに作っていたのでかなり変な展示になりそうです…。

ちなみにリンク先のHBギャラリーのTOP画像(白いベンチのある写真)は僕の初個展の時の写真です。丁度リニューアルした時だったみたいです。あれからもう三年。時の経つのは早いです。あまり進歩していないような…。
というわけで、お時間ありましたら是非お立ち寄り下さい。
よろしくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
気がつけば今年は一度も更新してないという体たらく…6月末には個展もあるのでぼちぼち再始動します。
早速ですが、恵比寿のatelier drop aroundにて今日から展示が始まります。

<紙から始まる旅>
5月1日(火)~6日(日) 13:00~20:00 ※期間中無休
atelier drop around
出展者 北村範史 山本曜子 佐藤史恵 ニシライミトナ 引地渉 井上陽子 drop around

写真家、ライター、デザイナー、コラージュ作家、イラストレーター等、日々紙と向き合ってものづくりをしている人たちの展示です。どこか懐かしさを感じる、とても雰囲気のいいお店ですので是非ご来場の程を。

atlier drop around
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末より、久々に展示をするのでお知らせします。

tray 3rd anniversary 「bazaar」
2006年6月30日(金)~7月16日(日)/水曜休
tray 3rd anniversary 「bazaar」 14:00~20:00 ● 最終日は18:00まで

東急東横線「学芸大学」駅西口より自由が丘方向へ徒歩一分


<作品展示作家>

安斉将、いとう瞳、イナキヨシコ、木村晴美、田中英樹、寺田順三、新見岳史、波多野光、引地渉、福田利之

<ワークショップ講師>

black coffee(あかしゆりこ)、イナキヨシコ、mafuyu、美驚堂、矢口加奈子(ヨロコビノカタチ)、いとう瞳、nooy、落合恵、オオノ・マユミ

<オリジナル商品販売>

STANDARD TRADE、寺田順三、福田利之、坂口知香、スズキエミ、霜田あゆ美、VRANA、nooy、map、芳野、永野敬子、フルタヨウコ、平野瑞恵、オオノ・マユミ、落合恵み、波多野光 and more


http://www.tray.jp/


昨年個展を開いたtrayの三周年企画です。

僕はいつもより小さいサイズのコラージュを三点展示します。

久しぶりに仕事を離れたところで作ってみると、自分の作りたいもの、こだわりたい部分が少し明確に出るような気がします。その辺を感じて頂ければ幸いです。

お時間ありましたら是非ご来場ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
交通博物館
連休も終わって、少しは人も空いたかなと、もうすぐ閉館になる交通博物館を見納めに行く。
初めて家族旅行で訪れたのは小学校にあがる前だったろうか。いつの時代も乗り物は少年の心を魅了して止まないものと思っていたが、昨今の派手なアミューズメントたちを相手にするのには地味すぎるのだろう。実物の断面オブジェとか、鉄道模型のジオラマショーとかいかにも昭和的で味わい深いのだが。僕が作っているコラージュも根底に流れているものは近かったりするので、なんだか寂しいものがある。
それでも流石に閉館間近とあって平日だというのにすごい人ごみだった。

その後竹橋の近代美術館で藤田嗣治展を見る。
白い肌の人物画はやっぱり一番いい。滑らかな絵肌と極細の潔い輪郭線。シーツや服の柄、猫の毛など、丹念に描かれた背景の中にひときわ輝いて見える。
後年の壁のタイルに描かれたイラストチックな子供の連作も楽しげで良かった。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ミニアート2


今日は個展のために制作中のニューアイテムをご紹介。
今まで作ったコラージュのフレーム付きミニアートです。
絵柄も増やすつもりなので、三十種位にはなるかも。
値段もお手ごろ価格で提供しますので、
お土産にでも是非。

あとポストカードも新作を予定してます。
でも、肝心の作品がまだ未完…。

新作の制作もだいぶ佳境に入って来てはいます。
上手い具合に仕事も途切れているので、作品づくりに専念できるのはいいのですが…。
今、去年HBの個展で展示した、
「ワタルの動かない城(仮)」の流れを汲む作品を作っています。
やっぱり、たまに大きい作品を作ると気分がいいです。
およそ実用性のないその無駄さ加減が倍増して。

個展に備えてというか、イラストレーションにも載るというのもあったので、
Hikichic Worldをちょっとだけマイナーチェンジしました。ギャラリーやリンクに追加してます。
ブログに慣れてしまうと、自分でページを作るのは面倒ですね。
便利さは諸刃の剣か。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

夜桜

永代橋の袂にある小山登美夫ギャラリーへ。
Franz Ackermannというドイツの作家の展示。
円環や放射線といった抽象的な構成の中に、都市の要素が鏤められていて面白い。
オレンジの色使いが独特だった。
他の展示は準備中で、チラっとしか見れなかったけれど、面白そう。
近所なのでまた来ようと思う。

その後、日本橋三越の「横山大観展」へ。
予想通り混んでいる。年齢層は高め。
ガヤガヤしていてちょっと興醒めだが、タダ券なので文句も言えないか。
万人が入り込める大らかさが魅力でもあるし。
山とか、波とか、松とか、渋くて気持ちのいい絵が多かった。
こういうのが良く見える年頃になってきたのかな。
今回の展示品が収蔵されているという足立美術館は庭園が美しいらしい。
島根に行くことがあったら是非見てみたいものだ。

日中ぶらぶらと出歩いてしまったので、夜仕事コースかな。
全く脈絡のない二つの展覧会だったが、
そこから受けたインスピレーションを脳内でMIXしたら、
何か新しいものでも生まれて来ないかと咀嚼しつつ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日はArt life.のオープニングのため有楽町へ。
仰々しい国際フォーラムのBブロックにあるショップの奥。
グループ展とは違い、展示、額装など全てお任せだったし、
参加者も多いのでどんな感じになるのかと思ったが、
意外とまとまった展示になっていた。

あまり情報が流れていないようなので、簡単なレビューを。

狭い業界なので、お互い名前は知ってたりする人も多かった。

小川サトシさんはセツ出身ということもあって、
お互い名前は知っていたのだが、直接話すのは初めて。
洗練されたモノトーンの風景画。
フィールドがかぶる部分もあるので同じような苦労もありそう。

岩本あきかずさんは和紙のような渋い紙にピンクな色付かいがなぜか似合っていて不思議。
噂だと、ニューヨークに行ってるとか。

チョイス等で見覚えのあった永田キナコさんはふわふわな感じの動物の絵を出していた。

ひとつぼ展入選者の白石さちこさんは暖かい感じの家の絵を出していた。

TISで金賞受賞の成瀬修さんは不思議さと丁寧さがいい感じ。
亀澤裕也さんは絵本のような動物が。

直接お話は出来なかったが、他にもアクリル画の阪本トクロウさんとか、
内田かんぬさんとか、アートの人の絵もあったりで
人選はバラエティーに富んでいる。

色々な絵を描く人がいるものだと思う。

一つ苦言を呈しておくと、サイズが小さいせいもあるのだが、
ちょっと大人しい絵が多かった気がする。
これは僕自身も反省しているのだが、
「リビングに飾れるような絵」
という部分にとらわれてしまって、
ちょっと毒を抜いてしまった所があって。
たぶん他の作家さん達もそうなのかなと思った。

いわゆる露悪的なものは好きではないのだが、
その人から自然とにじみ出てしまう毒なら
見てみたいというのが、見る側の本音かなとも思う。

イラストレ-ターの場合、
仕事でマイナスのイメージを払拭する癖が付いてしまったりするし、
この匙加減はなかなか難しい。
まあ、あまり意図的な匙加減もあざといし、
自然体でそれができる人がアーティストと呼ばれるのだろうなあと。

皆さんは絵に何を求めますか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クリスマスが終わって行きます(写真)。
某デザイン室に呼ばれて行くも、当人不在で?。
年賀状でコラージュを使うかもとか言われてたので、その辺も確認したかったのだけれどなあ。
今年のHBファイルコンペについても聞きたかったし(特別賞は本人から連絡が会ったので知ってるけど)。

仕方ないので、銀座にでも寄ってみる。
ギャラリー椿へ。GT2で開かれていたクリ8の小山が行く!で紹介されていた、
桑原弘明展 SCOPE。ちょうど今日までやっていました。
その驚く程の作り込みと、光の当て方によって表情を変える室内の美しさに圧倒されました。
単なる部屋のミニチュアではなく、それぞれに物語を感じさせる空気が濃密に充填されていてすごかったです。
真鍮や銀で作られた外観も美しい。
一つ作るのに3ヶ月位かかる、と言われて納得でした。


紙でも買おうと伊東屋に寄ったら、イラストレーターの朝倉めぐみさんの展覧会をやっている。
ちょうど御本人がいらっしゃって、制作方法等も聞かせてもらいました。
銅版画やリトグラフを中心に、独特の細い線で描かれたお洒落な絵が並んでいて、
細かい花の模様なんかも手描きで作っていると聞いて脱帽です。
さすがにイラストの仕事の時は時間的に無理なので、
マーブル紙をつかったりするそうですが。

他人に真似の出来ない所まで作り込む。
そんなすごさを感じた二つの展覧会でした。

菅井君と家族石のDVDも届きました。
紙製ボックスと、ブックレットが付いた豪華仕様です。
油彩調のイラストもいかしてます。
宇宙人のギターピックも。
果たしてどんな結末なんだろう?
楽しみ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。