ジャズの神様からの賜りもの | machico編集長公式ブログ 仙台・宮城、時々山形

machico編集長公式ブログ 仙台・宮城、時々山形

仕事と子育てと余暇はみんないっしょ


テーマ:

こんにちは、さっちんですニコニコ

みなさん、生でジャズを聴いたことはありますか?
ジャズはBGMとして聞くとこはあっても、これまでじっくり向き合って聴くことはそれほど多くありませんでした。
今日は、そんなジャズの世界に浸れる、しかも、そうだったのかジャズってビックリマークという驚きも交えた素敵な時間を過ごしてきました。

東京で活躍されているジャズシンガーの西村知恵さんと、同じく東京で活躍されていながら昨年山形県鶴岡市にお嫁さんに来られたウッドベーシストの若林美佐さんが、東北初のツアーを行います。
それと同時に、ボランティアライブも開催されます。今日は「ほっぷの森」で行われたボランティアライブにお招きいただきました。

知恵さんの歌声は、最初の一声からぞくっとするくらい心と体に響きました。
ジャズライブとしては珍しい、ウッドベースとのユニットは、なぜか懐かしい響きがありました。
知恵さんはジャズについて、こうお話しされてました。


「ジャズは、その日その日感じたところから生まれた音楽。
聴いてくれる人の気持ちを感じて、ミュージシャンが送り込んで、

また受け取ってと、ぐるぐるエネルギーが回っていくもの。
話さなくても気持ちの交流がある。
だからいつも違う音楽になる面白さがあるんです、ジャズって。」


その話を聞いて、ジャズに対する捉え方がすっかり変わりました。
ジャズは聴く側も音楽を作っている、自分は歌えなくても一緒に音を作れる喜びを感じました。
ブラボージャズ!!

▲シンガー 西村知恵さん

▲ウッドベーシスト 若林美佐さん

 

知恵さんは、音楽の力で自分に何ができるか考え、現在児童養護施設の子どもたちにも、音楽の素晴らしさを伝える取り組みをしています。

5月に3枚目のアルバム「Alfie 〜I believe in love〜」を出しましたが、その売上金全額を子どもたちのため、または災害の被災地などに寄付する活動をしているそうです。

音楽は、音を奏でるだけではなく、人の心を動かす力があります。
素敵な歌声とウッドベースの音色、そして想像以上に楽しかったトークにすっかり魅了されました。
そしてこの出会いこそ、「ジャスの神様からの賜りもの」なんですね。
この出会いは何かの“縁”、そして私にもできる支援として、さっそくCDを購入しました。


仙台、山形、鶴岡でライブがあります。
まだお席あるそうですので、ぜひこの素敵なジャズユニットに観客という参加の仕方をしてみませんか?
 

『Chie Nishimura TOHOKU Tour 2018 in Summer』

◎仙台Live
開催日時:2018/08/09(木)Open 19:30 / Start 20:00~
会場:Jazz Inn Relaxin' 
料金:3,500円(1drink付)

詳しくはこちら

◎鶴岡Live・山形Liveの情報はこちら

 

 

「街」の人たちの「コミュニケーション」サイト

せんだいタウン情報machico

「せんだいタウン情報machico」編集長さっちんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス