2013-10-20 20:26:05

劇場版ミルキュアオールスターズDX~第一部・第25幕a

テーマ:ミルキュアASDX
ふたりはプリキュア MilkyWay・劇場版『ミルキュアオールスターズDX
~禁断奇蹟の同窓会(リユニオン)~
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

第一部・第25幕a

ミルキュアたちの顔に、微かに笑みが浮かび、互いに目を合わせる。
ミルキュア一同(L&R以外)「ははっ・・・」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

が、ルミナスとラピッドだけは、手放しでは喜べないといった緊張の表情で、次なる事態の推移を窺っている。
ルミナス&ラピッド「ん・・・」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

四方八方に飛び散ったムムカツキーの不気味などす黒い破片。今それが俄かに旋回し始めた。
ミルキュアたち驚く。
ミルキュアたち「あっ!」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

その中心に、小さな穴が空く。
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)
すると、ムムカツキーの破片の渦は、恰もブラックホールに吸い込まれて行く如く、その中へジュルジュルと吸収されて行った。
吸収が完全に終わり、一瞬<無>となる。が、再びそこが膨らみ出し、ボフォッと小爆発が起こる。
警戒しながら事態を見守るミルキュアたち。
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

小爆発後、そこには、黄金の船長服を纏った不気味な骸骨顔の男、すなわちあのキャプテン・ニヒルーザが、完全体となって宙に浮かんでいたのだった。
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

<次回、ミルキュアオールスターズDX・第一部・第25幕bへ>



*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-19 20:04:52

Aチャンネルのテーマとは

テーマ:Aチャンネル
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

そもそも『Aチャンネル』というタイトルの意味は何なのでしょう。

おそらくAch.の「ビジュアルファンブック」か「公式ガイドブック」のどこかでそれについては触れられていると思うのですが、僕自身それらをまだ購入していないので、今は憶断で予測を立ててみます。

名曲揃いのAch.挿入歌の中でもさらに出色の二曲「ハルカゼの化学」と「Start」は、それぞれ第一話と第二話で使われたもので、どちらもヒロイン4名によって歌われています。歌い手としてヒロイン4人を総動員したことからも、また、一話と二話の大事な場面で流されたことからも、製作サイド自身それらをAch.の代表曲と認定していたのは明らかだと思われます。

さて、両曲に共通するテーマは何かと言うと、ズバリ「始まり」なんですね。「Start」は、題名からしてそのままですし、「ハルカゼの化学」では、4人のコーラスによる序曲の最後が、「始まるよ~♪」というフレーズで締め括られ、メインパートへと移って行きます(いずれもYoutubeで聴けますので、どうぞ)。

だから、僕は、『Aチャンネル』の「A」とは、たぶん、一番最初の始まり、という意味ではないかと考えています。ええ、『ふたりはプリキュア MaxHeart』でも、『「あ」から始まる愛ことば』というセカンドEDがありましたよね。あの「あ」と、『Aチャンネル』の「A」は、同義で使われているのではないかということです。

では、何の始まりかと言うと、これまたプリキュアのそれに類していて、女の子同士の友情の始まり、ということのようです。やっぱり最初はギクシャクしたところがあるんですが、いろいろしているうちに徐々に仲良くなって行くというプロセスが『Aチャンネル』にもありまして、それが結局は同作の主題であると言ってよいでしょう。

本日の上掲画像の中にある「女子高生4人を繋ぐのは、不思議な絆力」というのが、すべてを明瞭に物語っています。

「絆」とは、プリキュアでもしばしば強調された言葉ですね。MHの重要なBGMの一つは、「三人の絆」というタイトルを打たれています。なにかいろいろと重なる部分がありますね。

ところで、余談ですけど、「絆」といえば、あの東日本大震災の直後によく使われた標語でしたよね。実は、全くの偶然なんですけど、『Aチャンネル』がTVで放映開始されたのは、2011年の4月7日だったそうなんですね。つまり、かの震災の約一ヵ月後なのです。

そもそも僕はTVを観ないので、その頃『Aチャンネル』の存在自体知りませんでしたけど、もし知っており、かつ既に原作のファンで、近々TVアニメ化されると聞いて大喜びしていたとしたら、その後、震災のために放映中止になるのではないかと心配し、放映直前までものすごくハラハラしていたと思いますね。

それにしても、よく無事に放映できたものだと思います。しかも、前回リンクを貼った「NAVERまとめサイト」など見てみると、何事もなかったかのようにこのアニメを楽しんでいるファンが多数いたことを窺わせます。アニメファンという人種は、頼もしいというか、なんというか・・・

ただ、流石にやっぱり、あのような大災害の直後ですから、アニメどころではない人たちもたくさんいたに違いなく、そのこともあって、『Aチャンネル』は、戦後のどさくさではないですが、じっくり鑑賞されることなく、埋もれがちになってしまったという面もあったのではないでしょうか。

その意味では、ちょっとタイミングのよくない、不遇な作品だったと言えるかもしれません。

ファンの間では、よく『けいおん』と比較されて語られているようです。どちらも原作が、芳文社の4コマ漫画雑誌『まんがタイム』系列で連載されていたからというのが大きな理由なのですが、それのみならず、実際ちょっと雰囲気も似ていたようです。

しかし、人気とメジャー度では、言うまでもなく「けいおん」が勝っているわけですよね。

その原因として、『けいおん』には、「軽音楽部」という明確なテーマとキャラ共通の目的があること、また、製作者が「京都アニメーション」という大手で、コンビニ(ローソン)まで使って大販促キャンペーンが出来たこと、などが挙げられるようです。

それに比べると、『Aチャンネル』は地味に細々と放送されていた感が拭えません。

でも、それに加え、やっぱり上述のような放映時の世相が大きく影響していたであろうことも無視できないように思いますね。『けいおん』は「震災前」の平和なよい時期に放映されており、非常に恵まれていました。対して『Aチャンネル』は、「震災後」、いえ、その災害の影響はその後さらに強まったので、いわば「戦時中」のアニメとでも言うべきものしたからね。

でも、そんな中でも敢えてこの作品を見ていた人たちに、『Aチャンネル』は、多大な救いと慰めを齎してくれたと思います。このアニメのゆるく平和な絆物語のふんいきは、殺伐としていた当時(いえ、今も)、むしろ是非必要だったかもしれません。それを、あのときリアルタイムで観ることが出来た人たちを、僕は羨ましく思います。

世間で「絆」が叫ばれ出す少し前に、『Aチャンネル』は、既に絆を着々と築いて行っていたのですよね。4人の可愛いヒロインたち同士の絆、そして、Aチャンネルファンとの絆というものを。

僕は、二年以上経って遅れ馳せにその絆に参加した者ですが、気分はリアルタイム視聴者と変わりません。因みに、僕はネット上でそれを視聴しており、まだDVDを持ってはいません。

でも、いずれは買い揃えるつもりです。こういう深夜アニメは、主にDVD収益によって制作費を支えられていると聞くので、Aの絆に参加した者の資格としてそれらを買わないと、まさに「始まらない」と思うからです。

それに、各回の挿入歌が、該当回を収録したDVDの巻末に附録としてバラバラに入れられており、かつ、それらの曲を集めたCDは別途には発売されていなので、Ach.挿入歌ファンでもある僕としては、どうしてもDVDを買わないわけには行かないんですね。まあ、このあたりは、巧妙な商売にしてやられているわけですが、別に文句はありません。

ただ、DVDからだとiPodに入れることが出来ないのではないかという心配があります。既にAチャンネルサウンドトラックのCDをiPodに入れてジョギングやドライブを楽しんでいる者にとって、歌のCDが入手できないのは厳しいです。なんとかよい方法はないものでしょうか(どなたかご教示ください)?

なんだか、余談が過ぎて、表題の『Aチャンネル』のテーマについて、具体的なことが殆ど書けなかったような気がします。まあ総捲り的には、ゆるいながらも友情・絆物語、ということなんですが、具体的に書くとなると、結局4人のヒロインのことを、一話一話見ていくしかなさそうですね。

次回は、気が向いたら、第一話のレビューにでも入ってみたいと思います。


<次回、『Aチャンネル』第一話


*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-17 21:07:20

『Aチャンネル』をやっと語りだそう・・・

テーマ:Aチャンネル
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

僕はその後も、毎晩のように『Aチャンネル』に嵌り続けています。だいたい夜中の3時くらいから、夜明けの6時あたり、或いは完全に夜が明けてしまった7時過ぎ辺り迄、Ach.タイム、或いは時間柄Ach.レイトショータイムとでも言いたいような独特で特別な時間枠(時間世界)を設定し、夜食独酌しながら、『Aチャンネル』の何らかのコンテンツ、たとえば、TVストーリー本編、Youtubeでのキャラソング、BGM、画像鑑賞、漫画雑誌パラパラ読み、あとは、自らそれらを脳内で思い出しての妄想などに手当たり次第に耽っております。

で、あまりに横溢するそれら妄想や、熱い想いというものを、一刻も早くここで吐き出さなければ心が破裂しそうなので、このままでは精神衛生上よくないと思いつつも、現実にはなかなか筆が進まず、これまで先日の所有グッズ紹介以外にはまだ何も語って来ませんでした。

このアニメは、プリキュアみたいに戦いとかのテーマや世界観がはっきりと決まっているとは言い難いこともあって、非常に語りにくいんですね。強いて言えば、可愛い女子高生たちのありふれた学園生活と日常という、他の萌えアニメとかぶりそうなどこにでもある話でしょうし。

リアルタイムで視聴しながらとか、視聴した直後とかに、掲示板でみんなで語り合うというスタイルなら、お互い内容を知っているから、まだやりやすいんですが、既に2年以上前に一旦完結したこの作品を、未視聴のお客様が大半だろうという想定のもと、一から説き起こすとなると、結構骨が折れる気がするんです。

特に、ここタコカフェバーでは、長年プリキュアだけを扱って来ましたから、それとは明らかに系統の異なるこのアニメを新メニューに加えるとなると、余程慎重に言葉や語り口を選ばないと、当店の老舗の雰囲気を壊しかねないという心配もあります。

他方また、『Aチャンネル』自体にも、壊してはならない雰囲気というものが当然あり、しかも、この作品はまさに一言で表すとそれこそ「ふんいきアニメ」なので、その好き嫌いは、テーマとか思想性とかではなく、ふんわり纏まった雰囲気に対する好感度の有無で決まってしまう面が強くあります。

だから、とりあえず観てもらうのが一番よいのであり、観ていないひとに、そのよさを言葉で説いてもその雰囲気が伝わらなければ意味がないし、そもそも余計なことを語ることで、渾然一体となったその雰囲気の良さをぶち壊してしまいはしないかといった危うさがあります。非常にデリケートなんですね。

ですので、語りたいことは無数に湧き起こるんだけれども、それらはすべて既に『Aチャンネル』ファンの「同志」宛てならツーカーだからよいとして、他方まだそれが好きでも嫌いでもないような白紙の頭の相手に対してだと、変な偏見を植え付けたくないこともあり、ついつい構えてしまって却って口ごもり気味になってしまうんですね。

でも、ここでこれ以上躊躇していても埒が明かないので、そろそろ口を開いてみたいと思います。

予めお断りしておくと、先にも申しましたように、『Aチャンネル』は「ふんいきアニメ」ですので、かつてここで『ふたりはプリキュア MaxHeart』に対して行ったようながちがちな分析的解釈はあまりせず、もっと気楽で気まぐれで感情的・感傷的な主観の吐露表白が、主な語り口となって行くと思います。

・・・・・

まずは、総論から。
といっても、全12話+OVAのうち、まだ8話までしか観ていません。それゆえ、8話までの総感想になるのですが、驚くべし! 8話中、一話たりとも外した回がありませんでした! ぜんぶ、とても、とても面白いです! かわいいです!

無論僕の主観ですので、ひとによっては、これこれの回はつまらなかった、といった感想もあり得ましょう。じじつ、NAVERまとめサイトにおけるリアルタイム当時の『Aチャンネル』感想まとめのまとめ など読んでみると、記念すべき第一話を、無下に批判する向きが多く見られたようでした。

曰く、テンポが悪い、挿入歌が唐突で、販促臭すぎる、トオル(年少キャラ)が生意気でむかついた、ユー子の関西弁が不自然だ etc. しかし、これらは、僕に言わせると、彼らがまだ『Aチャンネル』の「ふんいき」に馴染んでいなかったためにぎこちなく感じたに過ぎず、その違和感を、まるで製作側のせいであるかのように「責任転嫁」しただけのように見えました。

実際、第二話になると、そのような無闇な批判口調はぐっと減り、「楽しめるようになった」といった「容認」発言が目立って来ます。いずれにしても、「観てやるよ」といった感じで、なんだか所謂「上から目線」めいていて、あまりいい気はしないのですが、まあこれは本邦の匿名掲示板参加者に長年巣食う斜に構えた減点主義的な「悪癖」なので、敢えて気にしないとして、それにしても、もっと虚心坦懐な気分で観ていた僕にとっては、第一話と第二話はそんなに違った「ふんいき」ではなく、その上等しく出来もよく、素直に楽しめるものでした。

そして、それはその後も続きます。それでも、プリキュアの先例により、そろそろダレた話が出て来はしないか、とか、そろそろ作画が雑になったり崩壊する回がありはしないかと、第4話あたりまでは、かなりビクビクしながら見ていました。

ところが、シナリオ&作画は毎回完璧に安定しており、BGMと背景も美しく、また毎回流れる挿入歌(4キャラの合唱或いは2キャラデュエット或いはソロ)は、すべてじっくり聴くに値し、第5話を越えたあたりから、すっかり安心して観ていられるようになり、言うなれば、『Aチャンネル』に対する揺るがぬ「信頼」が僕の中に生じました。

ああ、これなら、このまま期待を裏切られたり幻滅したりすることなく最終回まで一緒に走っていけるな、と。ですから、8話までのこの総論は、たぶん全話観終えた後での総論とそうは変わらぬのではないかという自信もあり、聊か先走り的に総捲りしてみようと思うわけです。

扨て、その総捲り。『Aチャンネル』は「ふんいき」が大切ですが、それでも一応テーマはあります。

でも、例によってまた予定外に長くなったので、続きは、また次回に。。。

<次回、『Aチャンネル』のテーマ


*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-13 23:17:17

劇場版ミルキュアオールスターズDX~第一部・第24幕d

テーマ:ミルキュアASDX
ふたりはプリキュア MilkyWay・劇場版『ミルキュアオールスターズDX
~禁断奇蹟の同窓会(リユニオン)~

第24幕d
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

ミルキュアたち、シスター・シーズンの仕草に釣られるように、一斉に空いているほうの手をムムカツキー方向へ突き出す。すると、激しい輝きとともに、12 本12色の虹のような光線が生まれ、それがムムカツキーに近づくにつれて、一本に合流する。合流した光線は、対峙する無数のムムカツキーたちの広がりに匹 敵するほどのボリュームへと膨れ上がる。
警戒するムムカツキーども「ム! ムムカツキー!」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

しかし、12人の力が合わさった大技<ミルキュアドーン>は、無数のムムカツキーの力を凌駕していた。
ムムカツキー「ムムムムカツキキキキー!!!」

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

殲滅。
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

<次回、Aチャンネル関連


*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-12 17:56:15

劇場版ミルキュアオールスターズDX~第一部・第24幕c

テーマ:ミルキュアASDX
ふたりはプリキュア MilkyWay・劇場版『ミルキュアオールスターズDX
~禁断奇蹟の同窓会(リユニオン)~

第24幕c
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

地上のミルキュアたち、パートナー同士で見つめ合い、そして言われるがままに手と手を取り合う。

シスター・シーズン「そのままグッと握って、気をためるのよ!」

全員言われたままにする。ギュ!

すると、握り合っていないほうの手の平から、強烈な光輝が。ピシャーrrr!

シスター・シーズン「じゃあさ、せえのーで、空いてるほうの手を突き出して、敵に向かって《ドーン》って全力で気を打ち込むのよ~! せえええのおお~!!!」

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

構えるミルキュアたち。グッ!

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)
 ここは順不同で。セツナ&ハカナのみ、事情がわかっている風な表情を密かに見せているところにご注目。他はみんな半信半疑で訝っています)


シスター・シーズン「みんなも一緒に! ミルキュア!」

ミルキュアオールスターズ「ミ、ミルキュア!」

シスター・シーズン、やや上向きに指と右腕をピッと突き出し、
シスター・シーズン「ドーンッ!」

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

ミルキュアオールスターズ「ドーンッ!」

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

<次回、ミルキュアオールスターズDX・第一部・第24幕dへ>


*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-11 20:02:55

劇場版ミルキュアオールスターズDX~第一部・第24幕b

テーマ:ミルキュアASDX
 おかげさまで、おととい老母が無事退院することができました。ご心配をおかけしました。退院直前の数日間は、手続き等々に時間を取られ、更新できませんでしたが、本日やっと暇を得たので、ミルキュアのシナリオの続きを公開できます。これから、少しずつペースを上げて行ければと思っています。これまで通りよろしくお願い致します。

ふたりはプリキュア MilkyWay・劇場版『ミルキュアオールスターズDX
~禁断奇蹟の同窓会(リユニオン)~

第24幕b


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)
変身完了。その途端、地上に倒れ伏していた他のミルキュアたち各々の身体が光り輝き出す。無論、上空で未だムカツキーと応戦中のキュアセツナ・キュアハカナ姉妹の身体も。
地上のミルキュアたちの傷が癒え、むくむくと起き上がる。
ナ~オ&ミ~ウ「あれ?」
ユッキー&エティカ「ん・・・」(ユッキーが、エティカの手を引っ張りながら)
サワ~&ナミィ「っとっと」(パンパンと尻の土を叩き落しながら、よろよろと)

ブラック「さ、ホワイト」
ホワイト「ええ、ブラック」
一緒に手を取り合いながら起き上がるブラックとホワイト。

そして、そのそばへ、キュアセツナとキュアハカナもスタンと着地。

それを頭上のミルキーウェイシップから確認したシスター・シーズンが、笑顔になり、
シスター・シーズン「きゃはは! さあみんな! ふたり一組で手を結んで!」

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)


地上のミルキュアたち、パートナー同士で見つめ合い、そして言われるがままに手と手を取り合う。

<次回、ミルキュアオールスターズDX・第一部・第24幕cへ>


*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-06 19:26:01

今、小生にとって、プリキュアと双璧を為す程に好きなアニメ、それは・・・・・・

テーマ:Aチャンネル
それは、コレ。
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (クリアファイル)

Aチャンネル』という作品です。

本当にハマっていて、それについての想いや語りたいことが山ほどあり、逆に何から話してよいかわからず、すぐには纏まったコメントをし兼ねるほどなので、本日は、とりあえず、『Aチャンネル』と邂逅して以来僅か3ヶ月ほどの間にマシンガン連射の如く手元に買い揃えたグッズ類の数々をすべて公開し、誇張でなくどれほど好きであるかを証明しておきましょう。

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (大タペストリー二種)

初めて買ったAch.グッズです。作品内容を知る前から、絵の雰囲気が気に入って入手。そのいきさつについては、また別の日に・・・


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)  
ユー子。一番お気に入りのキャラです。その想いについては、これまた別の日に改めて・・・


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (マウスパッド二種)
向かって左の図は、上掲タペストリーの右のものと同じ。バックの黒板の落書き内には、各キャラクターのネームが書き込まれていて、この絵は謂わばAチャンネルの宣伝ポスターのような重要な象徴となっています。


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (携帯クリーナー)
拙携帯は、既に傷だらけで、拭いてどうこうなるような代物ではないため、クリーナーとしての用途は期待していませんが、単純にストラップのように繋いで、いつもセットで持ち歩いております。


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (ストラップ)
本物のストラップは、車のキーに接続しています。因みにこの娘は、第一主役の「るん」ちゃんです。アマゾンでは、現在るんのストラップしか販売されていなかったため、これを購(あがな)いました。ユー子が一番好きとはいえ、広義には、登場キャラ全員が等しく好きなので、これを買うのに躊躇いはありませんでしたね。


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (キーフォルダー)
上と同様に、第一ヒロインのるんちゃんのものしかセールされていませんでした。第一ヒロインのグッズがどうしても多くなるのは当たり前です。しかし、フィギュア類(未購入)については、何故かトオル(一番ちっこい子)とユー子のものだけが製造されていたりして、このアニメも、4主役を巡って、ファンのあいだでなかなか緊迫した「覇権・派閥争い」のようなものがあることを垣間見させられます。


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (Tシャツ)
右上から時計回りに、ユー子、ナギ、るん、そして左上へ戻って、4キャラ総出演のものです。左上のものは、トオルとるんしか見えませんが、折り畳んである裏には、ユー子とナギも描き込まれています。
トオルのTシャツだけ、売り切れで現在入手できない状態です。トオルが、どうこういって、一番人気がありますからね。早く製造が再開されて、コンプリートできることを待ち望んでおります。
因みに、これらのTシャツの絵柄は、アニメ版ではなく、原作漫画版、すなわち、原作者・黒田bb先生の描き下ろしです。


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (AチャンネルおりじなるさうんどとらっくCD)
このCDについては、本当に語りたいことがありすぎるので、また後日詳しく。あ、この絵も黒田bb先生のもので、上掲のTシャツと同じ絵であることがわかると思います(トオルのみ、違う絵)。


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (まんがタイム きららキャラット9月号掲載分・ p.1)
コミックスは、現在4巻まで出ている模様で、いずれ購入するつもりですが、まずは最新のものを読みたくて、漫画雑誌を買いました。今回は、偶然にも、ユー子ちゃんが表紙を飾っており、お買い得感がすごくありました。


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) ひかゆと&シスター・シーズン

しかし、『ふたりはプリキュア MilkyWay』を忘れてはいけません。
これは、前回掲載した最新作の下絵を、上掲Aちゃん諸グッズと同じカーペットの上に置いて、すべての品が愚生ヒカルミの世界の所有であることを証明する意図で撮影しました。

以上、既に集めたAch.グッズ類の数々を紹介いたしました。

さらに今後の予定としては、DVD全6巻を渉猟し、また、ビジュアルファンブックと公式ガイドブックを購入する予定です。

因みに、Aチャンネルは、TVアニメとしては、二年前の2011年5月から3ヶ月間、全12話が既に放映され、一応の完結を見ております。上記のように原作はまだ続いており、そのストックも大いにたまったことだし、そろそろ第二期があることが非常に強く期待されるところですが、実は僕自身まだ第7話までしか観ておらず、第一期がどんな終わり方をしたかを現時点では知らないんですね。

従って、僕にとってAチャンネルは、現在進行形のリアルタイムアニメと言えます。今後の楽しみがまだたくさん残されているのが嬉しいです。

逆に言えば、まだまだ知らない部分も多く、総括できる段階ではないのですが、とりあえずわかっている範囲内で、今後ぼちぼち呟かせていただけたらと思っています。もちろん、興味のない方はtheme「Aチャンネル」のカテゴリのみNG封印してくださっても結構です。

当タコカフェバーのメインは、あくまでプリキュアであり、MWであり、今は、ミルキュアですからね。

それでは、次にAチャンネルを熱く語る日まで、興味のある方は、少々ご期待ください。少なくとも、他のどんなAチャンネルファンの評よりもずっとずっと濃厚なAチャン語りになるであろうことだけは、今から保障しておきます!

<次回、ミルキュアオールスターズDX・第一部・第25幕へ>


*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-04 15:29:41

劇場版ミルキュアオールスターズDX~第一部・第23幕b&第24幕a

テーマ:ミルキュアASDX
ふたりはプリキュア MilkyWay・劇場版『ミルキュアオールスターズDX
~禁断奇蹟の同窓会(リユニオン)~

第22幕b

セツナ「早く、早くミルキュアに変身を!」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) (これ、ミルキュア変身前の常葉せつなの顔です。キュアセツナを描く余裕がなかったので、別の機会に描いていたせつなのストックを使わせてもらいました)


次にハカナが、
ハカナ「ひかりさん!」

ひかり「あ・・・」

ハカナ「変身してくださいですー! お願いしますですー」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)


さらには、ミルキーウェイシップ上のシスター・シーズンが、
シスター・シーズン「ひかりちゃーん、ゆとりちゃーん! 早く早くゥ~! ミルキュアは12人にならないと力が出ないのー。みんなやられちゃうよおー!」

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)
ひかりとゆとり、困惑した表情で、互いの顔を見合わせる。
ひかりとゆとり「う・・・」

すると、ひかりの懐のセインフが、
セインフ「こ、こうなったら、やむを得ないセイン」
さらに、ゆとりの懐のスワンフが、
スワンフ「子供たちを助けるためには、それしかないのスワン」

決然とした表情になったセインフとスワンフは、小さな翼を広げると、いったん宙に舞い上がり、ほどなくひかりとゆとりの前あたりに戻って来た。そしてすぐに、ポンポワン!と弾けた。白煙がモクモクと舞う。その白煙が消えると、宙には二体のコミューンが見えた。それらが、今、ひかりとゆとりの手に収まる。

セインフ、コミューンから顔を出し、
セインフ「さあ! これで僕たちも、12の時の従者の一員セイン!」
スワンフ「だからふたりも、ミルキュアに変身できるのスワン!」

ひかり「で、でも、そんなことをしたら、いろんな時の流れが溶け合って歪んで・・・」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

ゆとり「時の破壊者・ナラクーダが完全復活しちゃうんでしょ・・・?」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) 今月トップ絵中にひかゆとはいないので、先月トップ絵以来の新しいひかゆとの絵となります。最早や一ヶ月に一回はひかゆとを描かないと、禁断症状が出るようになってしまいました。いくら今<もう一つのアニメ>に連日うつつを抜かしているからといって、流石にひかゆとから一ヶ月以上遠ざかるのは精神衛生上よくないようです。本日居ても立ってもいられず、発作的に描きました(上のシスター・シーズンも、その勢いでついでに))


セインフ「そのときはそのときセイン! ナラクーダが現れる前にみんながやられたら元も子もないセイン!」

スワンフ「それに、12人に揃えば、ナラクーダに対抗できるかもしれないのスワン!」

ゆとり、依然として躊躇がちながら、
ゆとり「なんか、やぶ蛇を突いちゃうみたいだけど・・・」
とひかりに目配せ。

ひかりも、それに応じるように、
ひかり「もう、ほかに手はないのね・・・?」

ひかりとゆとり、覚悟を決した目となり、互いを見て、
ひかりとゆとり「うん!」


第24幕a

ミルキュア変身開始。コミューンを互いに突きつけ合う。一見時計のようなそれがパカッと開き、ゾディアック12宮図のような円形の図柄の模様が現れる。そして、その中心にある時計の指針のようなものが右回りにクルッと一周したと思うや、爆発が起こり、一瞬ひかりとゆとりが見えなくなる。ダバーンッ!

が、爆発の白煙が収まるとともに、そこには、ピュアキュアルミナスとピュアキュアルミナスとは細部が少し異なるコスチュームへと変身したふたりの戦士が立っていた。そして、ふたりは、名乗りを上げる。

タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)

ミルキュアラピッド「果てしなき銀河を天飛翔(あまがけ)る 超光速の疾風! キュアラピッド!」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)-ピュアキュアラピッド in ミルキュアASDX Ver.



タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ) タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)


タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)-ピュアキュアルミナス in ミルキュアASDX Ver.
ミルキュアルミナス「銀河に棚引く時の流れを 未来永劫照らし続ける純粋光輝! キュアルミナス!」

ルミナス&ラピッド「ふたりは、ミルキュア!」
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)-パイロット版1


<次回、ミルキュアオールスターズDX・第一部・第24幕bへ>


*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-01 20:06:34

今月トップ絵~ブルマー体操服Ⅱ

テーマ:ひかり日乗
タコカフェバー(九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ)
今月トップ絵~ブルマー体操服Ⅱ(右上から時計回りに、常葉みきな(=シスター・シーズン)、松間小波美、多幡英知香、伝法茶和子)

おかげさまで、入院中の老母の容態がよくなって来ました。一時は、<覚悟>しておいてほしいと主治医に言われ、実際喪服を買いに行ったりしたほどでした。けれども、母の持ち前の体の強さと現代医療の素晴らしい技術により、彼女は先週後半からすっかり元気を回復し、近々の退院も見えて来ました。

つきましては、本日、十月朔(ついたち)から、当店を再開したいと思います。まずは、早速今月の扉絵の紹介です。先月に引き続き、ミルキュアたちのブルマー体操服姿=体育風景です。

母の病室で看病しながら下絵を描きました。

描く場所柄、また母のさらなる快癒を祈願すべく、ナース服のひかゆとなども描こうかと思いましたが、それは本当に完全に回復していないうちだと勇み足すぎて逆に不吉な気がしたので取りやめて、結局無難にブルマー第二弾の構想へと落ち着きました。

今回は、この四人による車座ストレッチ風景としました。一見不思議な組み合わせですが、この四人の共通点とはなんでしょう?・・・中学一年の13歳ということに尽きますね。シスター・シーズン自身は、年齢不詳なのですが、人間体・常葉みきなとしてときびとの庭に生きるさいには、13歳少女に化けています。

今回どうしてこの4名をフィーチャーしたかというと、そもそものきっかけとして、なかでも伝法茶和子ちゃんを、こういった苦悶(あるいは恐怖)の表情で描いてみたかったからです。

実は、最近プリキュア(ミルキュア)に勝るとも劣らぬほどハマっているアニメがありまして、その中の主役の一人が、拙オリジナルキャラ・茶和子に、雰囲気顔立ちなどが非常に似ていることに気づいたんですね。自分に自信なげな性格もそっくりでして、実際このような表情をよく見せます。茶和子の赤い髪の毛を黒髪にすれば(そしてリボンを外せば)、もうほとんど瓜二つに見えるほどです。

しかも、僕自身、そのアニメの、4人いるヒロインの中で、問題のキャラが一番のお気に入りなので、いっそ直接その彼女を描いてみたいと欲求しつつ、いやいやそれはちょっとプリキュアに対する裏切りと浮気になりはしないかと躊躇し、ぎりぎりの妥協案として、そのキャラに風貌の一番近い茶和子を描くことで一定の自己満足に達しようと考えたのでした。

で、茶和子を描くなら、やっぱり小波美も並べたいし、ブルマー姿というレアケースに携わるいい機会だから、ついでにえっちゃんのブルマーも見てみたい、となり、しかしさらに、構図的に3名では円居・車座が小さすぎて正面に背中を向けたキャラの顔をこちらがわへ見せるのが難しくなるため、どうしても4名必要だ、となり、結果としてみきなを加えることになったわけです。

つまり、みきなは、本来ベローネの生徒ではない部外者であり、単なる<助っ人>に他ならない扱いのはずでした。ところが、MWのキーパーソンであり、みんなから特別視されチヤホヤされて当然だと自惚れてさえいる彼女は、結局一番目立つポジションを独占することになってしまいました。

その代わり、あられもない大股開きの図を晒す覚悟も要る位置です。他の三人は、それをしたくないがために、みきなをおだててわざとこのポジションにつかせたのかもしれません。

知らぬは、無邪気なみきなばかりなり、と。

そんなわけで、今月からミルキュアオールスターズDX再開です。少しあいだが開きましたが、再び劇場内の雰囲気に戻ってお付き合いください。

因みに、上にほのめかした「もうひとつのお気に入りアニメ」についても、ミルキュア公開の合間を縫って、話題に出してみたいと思っております。余裕があれば、そのイラストなども制作公開できたらと希望しています。

勿論、当タコカフェバーではプリキュア(ミルキュア)が主テーマですから、もう一つのほうはあくまでも従の扱いに留め、その節操は守るように気をつける所存です。(とはいえ、既に現在その主従のラインが曖昧になるほど、その作品にどっぷりなんですけどね)

皆さんも、そのアニメとは一体何であるか、発表までいろいろと詮索してみてください。


<次回、ミルキュアオールスターズDX・第一部・第22幕bへ>



*******************


コミック版 MW最終回「船出のとき」

MAD/Happy ending(MW最終回ED用)



コミック劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 バナー

・・・・・・・・・・・・・


『ふたりはプリキュア ミルキーウェイ』シナリオサイト

NEW全50話完結!NEW

劇場版『ふたりはプリキュア MilkyWay~光の園から初日の出』 のオリジナル脚本もここに所収




編集管理人:ライネス さん

浴衣シリーズ(MWキャラクター表)未完継続中です!

←バナークリック




上記MWテキストサイトのRSS(更新情報早わかり)
http://www.dualblue.com/mw/mw_rdf.php



・・・・・・・・・・・・・


たのみこむ発案「上北ふたご版無印・MHコミックス化リクエスト」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



英訳版 ふたりはプリキュア MaxHeart
 MH第15話「あこがれの先輩は大親友!?」より

*この画像はバナーではありません。英訳版サイトへ行くには、ひかりちゃんの頭上の雲の上のさらに上の文字をクリックしてください。





・・・・・・・・・・・



コミック版MW

←バナークリック

第14話完結!


NEW日向ラピー様MWイラスト集
左矢印バナークリック可
※なお、このバナーに用いたイラストを始め、昨年度以前にご提供いただいたラピーさんの旧作は、
拙MWギャラリィに収められており、大部分、<一号館>か<二号館>に御座います。MW本編下他へスクロールして該当ギャラリィのバナーをお探しください。

・・・・・・・・・・



MWギャラリィ


MWギャラリィ1号館


MWギャラリィへ入館するには、↑のバナー or 表札をクリック!


←バナークリックで入館(別扉)


←バナークリック入館


←クリックOK


←バナークリック入館




DOLL実写MWバナー(団友太郎さん製作)

ギャラリィは、現在1号館・2号館・3号館・4号館に分かれ、いずれも以下のバナーから入室可能です(入館順は新館→旧館)。

←バナークリック可






MW カレンダー

バナークリック砂時計時計



MAD(Music Amusing Destruction)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MNA さんのプリキュア関連 動画置き場

http://mna.itbdns.com/precure/ うお座


にて

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-24 19:17:47

お休み(たぶん)のお知らせ

テーマ:ひかり日乗
しばらく更新できないかもしれません。

今年で81歳になる老母が、先週急病で入院し、日々予断を許さない危険な状態にあるためです。主治医によると、近い将来確実にどうなるとは言えない状況とのことですが、それだけに入院と治療の期間がどれだけの長さになるか、全く不確定なので、このタコカフェバーの運営を筆頭に、当面のライフプランを立てにくくなっています。

それゆえ、現時点でいつ再開できるとは断言できませんが、閉鎖のようなことはないと思います。

或いは逆に、看病生活の気晴らしになると考えて、突然気まぐれに更新したりするかもしれません。これもまた、不確定なお約束となりますが、お客様方も、どうぞたまの気まぐれに、ときどき立ち寄ってみてください。

それでは、よろしくお願い致します。

 扉絵は、新作が出来ていないので、来月も現在の体操服ひかゆとたちの絵を飾り続けたいと思います。

ヒカルミの世界拝
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。