光のハワイ日記

光のハワイ日記

ハワイ島在住フリーランスライター相原光のハワイ情報。Webマガジン「MY LOHAS」、総合旅行サイト「トラベルコちゃん」などに記事を書いています。電子書籍版「光のハワイ島日記」BOOKWALKERで独占先行発売中!夫婦で営む玄米寿司店「ドラゴンキッチン」は6年目に入りました。


テーマ:

アロハ、ヒカルです。

今回は、お正月に飲んだお酒について。

 

 

右:菊水

左:宝政宗

※升は岐阜産です!

 

「お正月くらいはいつもより高級なお酒を飲もう!」 ということで、今年は「菊水」になりました。

 

日系のスーパーではけっこういろんな日本酒を取り揃えているのですが、お値段やや高め。輸入モノだからしょうがないんだけど、720mlサイズで30ドル以上というのが主流でした。

 

なぜか「菊水」は、同じサイズで23ドルほど。純米吟醸なのに、なぜ? でも安いに越したことはない。と、はっきりいって値段で決定したのであった。

 

もちろんマコトに美味にて、あっという間に飲んでしまいました。もっとゆっくり楽しめばよかった! 次回は来年だー。

 

さて、菊水の隣に映っているお酒、ご存知のお方はおるでしょうか? 「宝政宗(たからまさむね」という名前で、アメリカではけっこうポピュラーな日本酒であります。実はこのお酒は、なんとハワイ生まれの日本酒なのだ!

 

「宝政宗」は、ホノルル酒造(Honolulu Sake Brewery Co.) が作ったお酒です。

 

ホノルル酒造は、1908年ホノルル創業。海外で最も古い酒蔵で、ハワイで最初に成功した日系人ビジネスでもあります。ハワイに渡った日本人移民が作った酒蔵なのです。みんな日本酒飲みたかったんだね。

 

ホノルル酒造は大成功をおさめたのですが、1941年に太平洋戦争が勃発。戦争中は酒造りを禁止されてしまったのでした。

 

戦後、酒造りを再開したものの、以前のように酒を醸すことができず、かなり大変だったようです。一度やめてしまうと、もとに戻すのはすごく難しいみたい。ホノルル酒造は日本に助けを求め、1954年、酒造りで評判を集めていた高野ニヘイ氏を招致しました。

 

高野氏は家族でハワイに移住することとなり、ハワイ酒造はみごと復活! 「宝政宗」はハワイの酒として名を馳せることになったのでした。

 

残念ながら、ホノルル酒造は1989年に廃業してしまったのですが、カリフォルニアの会社がビジネスを引き継ぎ、「宝政宗」は現在バークレーで製造されております。今でもハワイで一番有名な日本酒なんじゃないかな?

 

「宝政宗」は3Lで20ドルくらい。これは安い? やや甘めです。

 

実は、我が家では料理酒として使っていたのですが(アメリカには調理酒というものがないのでふつうのお酒を使います)、普通に飲んでももちろん飲めます! 冷やすと飲みやすいけど、ちょっと燗をした方がさらにおススメです。

 

1908年創業というと、今年で111年! 経営は変わってしまったけれど、「宝政宗」は健在。異国で生まれた日本酒として、今後もがんばってほしいものです。「宝政宗」って名前がいいよね。ラベルの宝船も必見!

 

 

 

 

 


テーマ:

アロハ、ヒカルです!

 

今年も飾りましたよ、ハワイの門松!

 

左右対称じゃないところがハワイだね。

 

私は毎年、ヒロのファーマーズマーケットで購入しておるのですが、セットで販売されているわけじゃないんですよね。バラ売りで、1つずつ値段が貼り付けてあるのです。

 

今回は、同じ向きのものしか見当たらず。だいたい同じくらいの大きさのものを自力で選びました。作っているのはフィリピン人の業者さんだと思われます。マーケットの花屋さんはほとんどがフィリピン人なのだ。

これは、確か1つ8ドル。日本に比べると高い、安い?

 

玄関に飾るとこの通り。小さっ!

ちょっと寂しいので鉢植えをあしらってみました。

 

お、撮影中にマーチが寄ってきました。気になるのん?

 

猫と比較すると、門松の大きさが分かりますね。あ、でも、この猫ちゃんはやや大きめです、オホホ。

 

ヒロ大神宮では、昨年の門松やお守りなんかを引き取ってくれるサービスも行っておりました。(箱が置いてあっただけだけど) 来年まで家で保管しておいて、初詣のときに持って行けるということですな。

 

でも、1年も置いておくのもなんだなあ。やっぱり今年も自宅でどんど焼きしようかなあ。

 

今年のお節料理。

年末はお店がものすごく忙しいのですが、夫婦で協力してなんとか間に合いました。常連さんにお重を頂いたので、それに詰め詰めしてみたよ。丸いお重というのは、お寿司用なのかな? ともあれ、お重でお正月気分アップ! 盛り上がりました。Mさんありがとうございます。

 

今年はカレンダーのめぐりのため、1月1日しか休めなかったけど、お正月気分はけっこう味わえました。年末年始の繁忙期も今日でひと段落かな? あとちょっとがんばるべー。

 


テーマ:

アロハ、光です。

あけましておめでとうございます。本年もよろしゅうお願いします!

 

2019年1月1日、ハワイで初詣に行ってきました。ハワイに住んで10年、なんと初めての初詣です! ハワイには神社がいくつかあるし、行ったこともあるのだけれど、「初詣」は初めてなのだ。ウキウキ。

 

↑ヒロ大神宮

 

1月1日午前10時すぎ、ヒロ大神宮にたどり着くと、すでに長蛇の列が! 初詣に来る人ってこんなにいるのか、知らなかった。もっと驚いたことに、駐車場も満杯。車を停めるのに2周してしまいました。大盛況やね。

 

この「ヒロ大神宮」は、なんと海外に現存する神社としては最古の神社なのだそうな。1898年創建なので、余裕で100年越えてます。

 

ハワイに日本人の移民がやってきたのが1868年ですから、30年後にようやく神社ができたということですね。みんな神社欲しかったんだろうなあ。

 

並んでいるのはほとんど全員日系人。日系人ってこんなにいるんだね、さすが日系人の町ヒロ。みなさん家族一同晴れ着(キレイな服装)で臨んでおりました。

 

この列がなかなか進まない。なんでこんなに時間がかかるんだろう? お賽銭入れてお参りして終わりじゃないのんかなあ。初めてなので、勝手がまったくわからない。でもまあいいか、急ぐ旅でもないし。てなわけで、小一時間は並んでました。

 

列の前に行くにつれ、中で行われていることがおぼろげに判明。どうも宮司さんが祝詞をあげている様子。え、みんなにやってくれるの? お金を払う人だけじゃないの?

 

よく分からないままさらに進み、中に入ってキャッキャと盛り上がっているうちに、すぐに我々の番に。「名字だけでいいので名前を書いてください」と言われ、お父ちゃんが名字を記入。お賽銭を入れて、こうべを垂れると、さわさわと大幣(おおぬさ:棒に紙がついてるやつね)で穢れをはらってくれました。

 

宮司さんは祝詞を奏上。我々の名字もちゃんと入ってます。最後は鈴をシャンシャンと鳴らしてくれて、握手をして終了。こんなサービスって、日本では受けたことがないぞ。ヒロ大神宮独自のスタイルなのかは不明。ものすごく得した気分。並んでよかった。

 

しかし、この人数を相手に一日中祝詞を奏上するとは、相当大変なのではないだろうか? 宮司さん大丈夫なのかなあ、声枯れちゃうんじゃないかなあ。

 

「ああいう人は、発声が根本的にちゃうやろ」とお父ちゃん。なるほど。見習いたいもんだ。

 

初詣に行ったきっかけは、友人に「元旦くらいヒロ大神宮に行きなさいよ」と言われたため。それじゃあ行ってみようかという軽い気持ちだったのですが、行ってよかった。ヒロ大神宮のみなさまありがとうございました。

 

住所は

10 Anela St. 

 

Puainako St. を西に上って、学校を越えたあたりです。このあたりは日系人が多いエリアなのだ。

 

初詣以外にもいろいろイベントを開催しているので、またゆっくり行ってみたいな。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

Aloha ヒカルです。

今回はアメリカ生活あるあるクッキング編。名付けて「君はこの缶を開けることができるか?!」

 

↑問題の缶はこちら。

ピルズベリー( Pillsbury )社の冷蔵ビスケット缶。すでに発酵済みの生地が入っているので、「缶を開けて焼くだけで、焼き立てが食べられる!」 という大変便利でアメリカーンな食品です。

 

この缶入り生地、アメリカではとても有名で、どこのスーパーマーケットでも必ず見かけます。ビスケットだけでなく、クロワッサンやシナモンロール、クッキー、ピザの台など、ベーキングものを多数展開。ピルズベリー社は、アメリカのベーキング界を代表する企業のひとつです。

 

この缶に、ビスケットが8枚分入っております。「いったいどうやって入っているのだ、手品か魔法か?」 と、最初に見た時びっくらしました。しかし、真の衝撃はそのあとに待ち受けていたのである。

 

開け方がわからない!

 

いやあ、驚きましたね。本当に開け方がわからなかったのですから。

 

もちろん、ちゃんと「開け方」は書いてあります。あるんだけど、この「指示」でわかるアメリカ人がどれくらいいるのだろうか? 壁に向かって缶を投げつけている人の姿が容易に想像できる。

 

実際、検索してみたところ、苦戦を強いられや人々の姿をたくさん見ることができました。Youtube では、「夕飯に食べようとしたのに、翌朝まで開けることができなかった」という人の爆笑映像も発見。いったい何時間かかったんじゃ。

 

でも、わかるよ、その気持ち! 永遠に開かないんじゃないかと思ったもん。缶が開いた瞬間は驚きと感動で感無量だったもんね。

 

日本人は手先が器用だし、説明をちゃんと読むと思うので、開缶率は高いかも? 

 

あんまり詳しく書くと、初めて開けるときの醍醐味がなくなってしまうので、詳細はこれくらいで。注意点としては、夫婦で取り組むと不要な諍いに発展する可能性もありますので、気をつけマショー。

 

このように、8枚の生地が入っております。

 

あとは焼くだけ。ビスケットは15分くらいだったかな? オーブントースターでも焼けます。缶さえ開けることができれば極めて簡単なのだ。

 

できあがり。気になるお味はというと、美味しいです! さすが焼きたて。 パン屋のレベルが低いハワイでは、かなり美味しい方なのではないでしょうか。しかもけっこう安いんだよね。2~3ドルくらいだと思った。(私はセール品を1ドルで購入しました) 

 

このシリーズ、残念ながら日本では販売していないようです。アメリカにお越しの際は、ぜひお試しください。お土産に持って帰る人もいるみたいです。開け方を調べないで挑戦することを強く推奨します。開缶の瞬間を満喫してねん!

 

※コメント欄にネタバレコメントがありますのでご注意を!

******************************************************************************

 

>峠のやまんば見習いさま

コメントありがとうございます。公開しない方がええかなあと思ったので、家宝にしますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

Aloha、光です。

今回は、日本里帰りの際に行った昭和記念公園について。

 

 

11月の里帰りの際、花福こざる姉ちゃんの取材に同行させてもらって、昭和記念公園に行ってきました。

その様子は花福こざるの『公園植物ワンダーランド』で紹介されておる通りです。いやあ、楽しかった。

 

なにしろハワイと日本って、植生がぜんぜん違うんです! 基本的に落葉樹が少ないし、紅葉なんてものない。秋の日本の景色は本当に新鮮でした。

 

昭和記念公園の見どころ「大ケヤキ」。そう、ハワイにはケヤキはないのだ! ケヤキええなあ。すごく懐かしかったっす。

 

大ケヤキと記念写真。

 

サルスベリの木肌。不思議な光沢があって、きれいやね。

 

植物鑑賞も楽しかったけど、同じくらい興味深かったのが、日本の出店。公園内にお店がけっこう出ていたのですが、めっちゃ日本!なんですよ。ハワイとぜんぜん違うので新鮮でした。

 

このメニューのラインナップが、唸る。ラーメンとカレーとソースカツ丼、そしてかき氷ときたよ!

 

あげパン? あげパンをここで揚げているのですか?

 

炭火でだんごを焼いていた。すごい、さすが日本! と、ここで燃え上がりました。この演出見てくださいよ、こんなのハワイじゃできませんがな。

 

トルコ屋台。トルコ系はいくつか出てました。これも新鮮! ハワイってミドルイースト文化をほとんど見ないんです。住んでいる人も少ない。日本ではけっこうメジャーなのかなあ。トルコの屋台があるというのがびっくりでした。

そういえば、ハワイでトルコ人に会ったことないです。

 

お店屋さんのほとんどが、フライドポテトや唐揚げ、たこやきなどを販売しておりました。おそらく、電子レンジで調理できるものが主体なのでしょうね。ちょっとカラオケボックスをホウフツ。しかし、どこもメニューが多くてびっくりしました。

 

こういう形態のお店って、ハワイだともっと規制が厳しいんですよね。日本の方が幅広くいろんなことができそう。テイクアウト店を経営しているので、この手のビジネスはすごくおもしろかったです。それが公園にあるってのもおもしろい。

 

 

というわけで、昭和記念公園情報でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス