これが世界各地の地下都市に住んでいるヴリルと呼ばれるトカゲだそうです滝汗ちっちゃ!

だけど狂暴だよ滝汗

 

4次元トカゲと言われているものの正体だと思います。

エリザベス女王や日本の神武天皇はじめとする龍族(ドラコニアン?)とは種類が違うと思われますが、人を食べるだけでなく、身体を乗っ取る能力があるので超危険ですねゲッソリ

 

もっと詳しく生態を知りたくなりました滝汗

 

 

 

 

 

ドナルドマーシャル革命

 

 

 

 

 

 

並外れた証明:VRILの存在の検索

1950年代のスペインのシュルレアリスム画家のこの写真では、サルバドールダリが私たちの検討対象となる未知の生き物を紹介しています

未知の生物に傷つけられた患者は病院のベッドでの手術から回復し、頭を包み、目に包帯を巻いています。

 

ダリは奇妙で、アートワークと公的なスタントを逮捕することで有名でした。

しかし、この不穏な写真で伝えられたメッセージについては疑問に思うだけです。それはどういう意味ですか? 

 

これは、ヴリルのボディスナッチングの行為の直後にヴリルのトカゲの捨てられた遺物をアーティストに見せることは可能ですか?

 

イルミナティの内部告発者であるドナルドマーシャルによれば、ヴリルとして知られる何百万年もの間地球を占領してきた知的なトカゲの古代の種族と惑星を共有しています。マーシャルは、彼がボディスナッチングと呼ぶプロセスで脳に侵入して盗むという彼らの自然な能力を利用する機会と引き換えに、世界の政府がトカゲの存在を隠すことに同意したと主張します。

 

マーシャル氏は、トカゲがクイルつまり頭頂部の吻に脳と脊髄を含む粘着性のある物質を排出すると、プロセスが始まると説明しているその後、羽ペンは被害者の目に入る必要があり、そこから脳に移動し、そこで化学物質の乗っ取りがすぐに始まり、脳の完全な寄生的支配がもたらされます。マーシャルによれば、人間の犠牲者はその過程で死亡し、回復後、Vrilのホストは通常の活動に戻り、見たり、行動したり、完全に正常に見えたりします。 

 

この画像は、マーシャルが世界中の病院、軍事基地、その他の政府施設で密かに行われていると主張するヴリルのボディスナッチングの写真による証拠でしょうか?

 

アメリカの天文学者カール・セーガンはかつて「異常な主張には異常な証拠が必要である」と述べました。これを実証するために、私たちは質問をする必要があります:証拠はどこにありますか?

マーシャルは、世界政府との合意の条件の下で、トカゲは表面へのアクセスを許可されておらず、提供されていないため、ヴリルトカゲの物理的な証拠を見つけることはほぼ不可能だと説明しています。

 

しかし、興味深いことに、マーシャルが主張するインターネット上で浮上したこの画像は、ヴリルトカゲの部分的な遺跡です。

 

彼は頭蓋骨と胸部が無傷で、頭頂部に吻状部があり、かつ一度に眼柄があった眼窩もあると報告しています。

マーシャル氏によると、腕や脚を含む下半身が欠落しているとのことです。動画で見た羽、胴、尻尾が追加されたそうです。

 

 

 

 

この標本はに似ています ジェニーハビナーにジェニーハビナーは、おそらくエイやスケートの乾いた死体であり、伸ばされて奇妙な生き物に改造されています。いくつかはまだ個人のコレクションで見つけることができ、そのうち1つはロンドンの自然史博物館に展示されています。

昔、船乗りたちはこれらの奇妙さを遠く離れた場所から「人魚」として作り出し、売っていたと言われていますが、当時は多くの人がミニチュアドラゴンやモンスターの残骸であると信じていました。マーシャル氏は、間違いなく、それは乾燥したスティングレイではないと言います。

 

マーシャル氏は、ミイラ化した遺体が過去から残っているため、時として死んだヴリルの死体が、通常は孤立した場所で発見されると説明しています。報告された場合、さまざまな政府機関が標本を「科学的研究」のために直ちに没収し、公的見解から削除します。

 

物理的証拠の欠如はさておき、ヴリルの存在を裏付ける歴史的証拠を探すのも難しいでしょう。

これまで、マーシャルは、トカゲは常に陰に隠れており、深くトンネルを掘って生活しているためです。

地下洞窟と洞窟。

 

 

 

 

しかし、Voynich Manuscriptからの手描きイラストで、植物から餌をとるヴリルトカゲのこの明らかな描写など、過去のいくつかの例を見つけることができます。

 

この中世の本は、1916年にウィルフレッドヴォイニッチが珍しい照明付き原稿のコレクションを購入し、1巻が完全に未知のコードで書かれていることを発見したときに浮上しました。ヴォイニッチ写本として現在知られているこの本は、植物、星、錬金術の秘密が豊富に描かれた200ページを超える羊皮紙で構成されています。

 

この場合、「かわいいリトルドラゴン」が庭で餌をやっていることを確認できます。

しかし、ヴォイニッチ写本は科学的情報を保護するために書かれているように見えるので、このイラストが空想的であることを意図していたことを否定することができます。これらは、ヴリルトカゲがあなたの財産に侵入するのを阻止するためにどの植物を育てるべきかについての説明でしょうか?

 

ヴォイニッチはその原稿を世界中の著名なコード解読の専門家に持ち込みましたが、彼らは単一の単語を解読することができませんでした。今日、この原稿はイェール大学図書館に保管されており、今もなお謎が残っています。

 

 

 

 

トカゲの別の描写は、奇妙なペットのトリオの世話と飼育に従事している村の魔女のこの16世紀のイギリスの木版画にあり、彼女は安全に保管するためにキャビネットに保管しています。これはヴリルlトカゲの中世の表現でしょうか?

 

マーシャルは、すべての言及は1930年代以降の歴史的記録から意図的に消去されたと主張しているため、Vrilの存在を裏付ける多くの物理的証拠を見つけることは依然として困難です。

 

アーネンエルベ公式の使命ドイツ人の人種的な遺産の新たな証拠を見つけることだったナチスドイツの研究機関でした。

1935年にライヒフーラーハインリッヒヒムラーによって作成されたAhnenerbe(「祖先から受け継がれた」という意味)は、アーリア人種の文化と歴史を求めて、世界中の科学チームに資金を提供し、送っていました。

 

たとえば、5年の間に、スウェーデンの岩石彫刻、イタリアの先史時代の岩碑、バイエルンとフランスの古代洞窟システムを研究する遠征隊が派遣されました。さらに、Ahnenerbeのメンバーは、ヨーロッパ中の数多くの展示品から歴史的に興味のある貴重な物も手に入れ、鉄道の負荷によって博物館を略奪しました。これはまた、ナチスが図書館全体を破壊し、押収したと証人が主張する、学術的に興味のある著作物にまで及びました。

 

 

 

 

マーシャルによれば、洞窟壁画やロックアートに描かれたヴリルの多くの描写は破壊され、古い本や写本は焼かれました。

実際、ヴォイニッチ写本は、ヨーロッパの城の宝箱に閉じ込められて最近発見されたプライベートコレクションの一部として取得されました。何世紀にもわたって本質的に埋葬された原稿は、世紀半ばのナチのパージを免れました

ヴリルlトカゲの他の多くの表現が、その存在を公衆から隠そうとして破壊されたのかと思う人はいないでしょう。

 

マーシャルは、彼の人生の使命は、古代のトカゲについて世界に知らせることだと信じています。