映画 英国王のスピーチと犯人に告ぐ | キボウノヒカリ~離婚からの日々

キボウノヒカリ~離婚からの日々

離婚から5年目突入。大きな負担だった私立大学の学費終了、奨学金も完済してほっと一息。今は住宅ローンをコツコツ返済しながら、独身に戻った毎日を楽しんでいます♪


テーマ:

この前のデート。

めちゃくちゃ暑い日で(・Θ・;)

観たい映画がいい時間に

上映していなかったので

彼が2本DVDを借りてきてくれて

鑑賞することに。

 

まずは英国王のスピーチ

これ彼は観たことなくて

私は観たことあって

でも二度目でもやっぱり最後のスピーチは

涙が出てしまう。

奥さん役のヘレナ・ボナム・カーターは

アリスインワンダーランド

チャーリーとチョコレート工場などの

強烈な役柄と違い

温かく夫に寄り添う感じが素敵。

大音量で音楽を聴きながらでは〇

というのが不思議な現象!

二人の王女も本当に愛らしい。

~上記リンクサイトより
 
吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が
周囲の力を借りながら克服し、
国民に愛される王になるまでを描く実話に基づく感動作。
トロント国際映画祭で最高賞を受賞したのを皮切りに、
世界各国の映画祭などで話題。
弱みや欠点を抱えた一人の男の人間ドラマと、
実話ならではの味わい深い展開が見どころ。
 
幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできた
ジョージ6世(コリン・ファース)。
そのため内気な性格だったが、
厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は
そんな息子を許さず、
さまざまな式典でスピーチを命じる。
ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、
スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)
のもとへ夫を連れていくが……。
 
 

もう一本はトヨエツの犯人に告ぐ

 

最近では朝ドラの秋風先生で

いい感じでしたが

10年前もかっこいいなぁ

テレビで犯人に呼びかける

的なので記憶に新しいのは

22年目の告白 私が殺人犯です。

があるけどこれはそのずっと前の作品。

最後のBADMANにアイドルの写真を見せて

犯人と確信するシーン。

スッキリでした。

 

 

~上記リンクサイトより

 

連続児童誘拐殺人事件の犯人と、

事件を担当する心に傷を負った刑事の

攻防戦を描く犯罪ドラマ。

WOWOWが新たに立ち上げた

劇場用映画レーベル「WOWOW FILMS」の

第1弾作品となる本作は、

2005年大薮春彦賞などに輝いた雫井脩介の

同名ベストセラー小説の映像化。

監督は、『樹の海』が絶賛された瀧本智行。

初の刑事役となる豊川悦司が熱演するほか、

石橋凌、片岡礼子ら個性豊かな実力派俳優が脇を固める。

犯人と刑事の壮絶な駆け引きに圧倒される。

 

川崎で起きた連続児童殺害事件で

“BADMAN”と名乗りテレビに脅迫状を送りつけた犯人が、

3件目の犯行後、こつ然と姿を消してしまう。

捜査に行き詰った警察は捜査責任者の

巻島(豊川悦司)をテレビに出演させ、

犯人に直接語りかける“劇場型捜査”を決断するが、

犯人を挑発する巻島の発言に報道は加熱し、

日本中が混乱に陥る。

 

 

 

 

 

 

よろしければ、ポチッと

お願いします٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 
 
 


にほんブログ村 恋愛ブログ シングルマザーの恋愛へ

 

 

 


お暇な時に覗いてみてね♪

鳥居 御朱印帳やさん 出雲大神宮

 

 

 


 

わかなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス