2016年に、出羽三山での修験道体験(山伏修行)に参加した、初めて参加された方含め、参加者の方からいただいたご感想・ご体験をご紹介いたします。


 毎年恒例で、今年2017年は、7回目となります。

 毎年、羽黒修験の現地の本物の山伏の先達の方と宿坊にお世話になり、滝行やとそう行、南蛮いぶしなどの羽黒修験独特の修行含め、本物の山伏体験をさせていただくことのできる、生きた学びの機会です。
 今年2017年も以下の日程で行います。ご関心・ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

(2017年7月29~30日(土・日)、出羽三山(山形県)にて本格的な体験山伏修行のお知らせ)

 

dewa1005



◆Kさん (男性、30代、非会員、初参加、東京在住)

 7月30日~31日の修験道体験修行をご指導頂きました。今回初めての参加ということもあり、修行が最後までできるか不安でした。(雨天により滝行がなくなったことは残念でしたが)

 しかし、先達のご指導、また同志の協力のお陰で無事に終えることができ、嬉しく思います。修行の最中は感動の連続でした。

 湯殿山から出る温泉に自然と身を清められる思いがしました。また足湯では3匹の蛇に遭遇し、先達が水の神だからとの言葉もありましたが、これも自然と神聖な気持ちを引き起こされました。

 夜間とそうのあの星空は生涯忘れることはないでしょう。流れ星、そして蛍と私は生まれて初めての体験、あの暗闇の中で涙が出たのを覚えています。

 ひかりの輪では、指先のダイヤモンドよりも、無数の星々の方が価値がある。普段はそのことに気づかない。と教えられていますが。正にそれを実感できました。

 南蛮燻しの中、あまりの苦しさで、般若心経を満足に唱えられなかったことは不本意ではありますが、地獄界を少しは体験できたことは貴重です。

 飢餓状態での段張り、しかし私はこんなにもごはん、漬物、味噌汁が美味しいものなのか、空腹は最高のスパイスとも言いますが、普段食してるものがいかに贅沢なものなのか。実感できました。

 早朝からの月山登山、私は登山自体が初めてで、足場が悪い石で積み上げられた道を無心の状態で登ることに意味を感じました。山頂からの景色、残雪など目にしました、山の神聖な姿と言えばよいか、出羽の自然全てに神聖なものを感じました。

 自然と人間は一体という事を実感できた。そのような2日間だと思います。ご指導頂き大変ありがとうございました。


◆Hさん(男性、20代、非会員、初参加、東京)

 2日間の修行の中で、大自然の中に身を置き、祈りを捧げることで心身が浄化された気がします。

 最初は自分が修行したいと思う気持ちが強かったですが、最終的には自分が、自分が、ではなく他人との関わりこそ重要で、自分自身は他人のために何かできることがないかと思うようになりました。

 自然の中で心身を浄化する体験は出羽に限らず定期的に必要なのではないでしょうか。今回が初めてでしたが、ぜひまた参加したいと思いました。

 貴重な場を設けてくださった出羽の大自然と星野先達、ひかりの 輪のスタッフの皆様に感謝致します。

 三語拝詞、や般若心経は、繰り返し繰り返し唱えることで祈りというものはどういうものか少しわかる気がしました。般若心経は前から興味を持っていましたが唱えるのは初めてで、楽しかったです。

 夜間とそう(夜間の歩行瞑想)は、全く街灯もない真っ暗な道を歩き、怖かったですが、野生動物はこのような気持ちなのかもしれません。途中休憩での夜空の星は都会では見られないもので、素晴らしかったです。

 檀張り(修験道の食事)は、運動して空腹状態の後のシンプルな食事のはずなのに、とてもおいしく感じ、また不思議と満足感がありました。食事は、本来、あの程度で十分なのかもしれません。食生活を見直しました。

 南蛮いぶし(修験道の苦行の一種)は、煙が肺に入りむせてしまいましたが、必死に三語拝詞、や般若心経を唱えることで気を紛らわしていました。面白い修行でした。

 月山の登山は、岩場が多くすべることもありました。歩くのに必死で、私は山登りに関してはまだまだと思いましたが、途中で見る景色は絶景でした。また、東日本大震災の慰霊碑の前では自然と敬虔な気持ちになりました。より多くの虫達が飛んでいたのが印象的でした。

 

dewa-1001

 
◆Kさん(男性、30代、非会員、初参加、愛知在住)

 出羽の修行旅行で一番の印象的な出来事は、湯殿山の足湯の場所で、蛇を見たことでした。

 雨天によって滝行が中止になって、せっかくの覚悟がふいになったところで、現れた吉兆のように思いました。岩場を登る立派な蛇の姿が、妙に艶かしく見えました。

 夜間とそうで見上げた星空も感動的でした。

 周囲に人工的な明かりがないためか普段見る夜空とは桁違いの星の数、幻想的な光の下で人間とは小さいものだと感じました。

 体力的には厳しい修行でしたが、日常ではない貴重な体験でした。


◆Nさん(男性、50代、非会員、2回目、東京在住)

 夜の歩行瞑想は、昼間より自然を感じられる気がして、良かったです。

 夜間歩行は、五感から、取り入れる情報、特に最大の情報量の視覚が抑えられた中ですので、自然と内側に意識が向かいました。

 また、視覚以外の感覚器官が、敏感になりやすいと思いますので、日常生活とはまた違う状態を経験できるのは、良いですね。

 月山の登山は、今回は天気が良かったので、まだ歩きやすかったです。しかし、足元は石場が多いので、油断すると滑ったり、足を挫いたりしますので、他の山登りより集中しないといけないので、まさに修行の山登りだなぁ~と感じました。

 先生が、ますます意気盛んでお元気だったのも嬉しい事でした。


◆Hさん(男性、50代、会員、2回目、大阪在住)

 普段とは異なる生活リズムの違いや、自由がきかない山伏修行に、初日は心身共にきつく、どのプログラムもついていくだけで精一杯でした。

 しかしどれも真剣に行うことによって奥深く眠る心の垢が徐々に薄れて行くような感覚もありました。

 二日目の月山登山では、山頂からの素晴らしい景観や雲海を幸運にも観望することができて非常に感動しました。

 雄大な自然に包まれているとどこか別世界に来たようで、日頃の悩みなどほんの小さな芥子粒のように感じられました。

 小さな高山植物にも勇気と逞しさを教わりました。

 下りではスムーズな登山を助力していただいた山道の石ひとつひとつにも感謝しながら降りることができとても爽やかな気分に満たされ下山することができました。

 都会暮らしでは決して味わうことができない貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
 

dewa1007


◆Hさん(女性、50代、非会員、4回目、東京在住)

 出羽での山伏修行も(私にとって)今回で4年目になりました。

 新しく参加される人もいらっしゃるとの事で、ちょっぴり先輩気分の驕(おご)りが出たのか(笑)思いがけず今回は厳しい状況下での修行入りとなりました。

 出羽修行一週間前にめずらしく夏風邪を引き、出発前、体調はかなりのダウン気味。

 普段から健康にはかなり無頓着(いーかげん)な私も、出羽修行まで(けなげに)体調調整に留意したものの、山形の気候はそんなに甘くはなかった!(マジで日差しが強い)

 初日の羽黒山登頂で何度か(腹痛)で動けなくなり、とうとう一時修行から離脱。 出羽修行で(初めて)情けない気分を味わったのを思い出します。

 その際、(複数のスタッフの心遣いに励まされ)、悪いものを一度すべて出し切るかのような感覚で復活しました。

 そしてその後は自分のペースを何とか取り戻し、苦しんだ分だけ?心地よさが身に染みる修行に変わりました。 本当に感謝です。修行仲間にも。そして山の神さま達にも。

 山は不思議です。

 本来はかなり理屈っぽいタイプの私も、山では自分の感情と体調の流れを素直に楽しもうという気分になれます。

 普段の生活ではなかなか味わえない、断続的な山道歩行による激しい呼吸と鼓動。 それを助けるかのような風の心地よさとほら貝のひびき。そして御立の声。

 山と一体にはまだまだなれませんが、表現しようのない不思議な安心感があるのがとても不思議です。

 夜間とそうで見た(吸い込まれたくなるような)星空の深さ。 月山慰霊碑近くで見た(溶け込みそうな)神秘的な風景。 (絶好の視界でのおにぎりもサイコー!)

 湯殿山では『水(流れ)の神』三兄弟(へび君たち)にも遭えました。 彼らも一緒に湯あみがしたかったんだろうと私はマジで思ってます(笑)

 一番の心残りは(今回一番楽しみにしていた)『滝行』が出来なかったこと。

 体調が十分では無かったので(私にとっては逆にラッキー)だったのかも知れない自然の悪戯でしたが(注:私のせいでは無い!)それは次回の楽しみと言うことで。

 先達、来年も(懲りずに)よろしくお願いします! そしてこっち(関東)にもいっぱい来てください。

 

 

◆今年2017年も以下の日程で行います。ご関心・ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
(2017年7月29~30日(土・日)、出羽三山(山形県)にて本格的な体験山伏修行のお知らせ)