2013年に、出羽三山での修験道体験(山伏修行)に参加した、初めて参加された方含め、参加者の方からいただいたご感想・ご体験をご紹介いたします。


 毎年恒例で、今年2017年は、7回目となります。

 毎年、羽黒修験の現地の本物の山伏の先達の方と宿坊にお世話になり、滝行やとそう行、南蛮いぶしなどの羽黒修験独特の修行含め、本物の山伏体験をさせていただくことのできる、生きた学びの機会です。
 今年2017年も以下の日程で行います。ご関心・ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

(2017年7月29~30日(土・日)、出羽三山(山形県)にて本格的な体験山伏修行のお知らせ)

 

 


●Kさん(女性、50代、非会員、千葉在住)
 
 今年で3回目となる修験の修行は、雨と雷の出羽山に始まって、今まで見たことのなかった、別のお山の表情をみせていただきました。

 滝行の水は、雨の影響で、去年より冷たくはありませんでした。が、水の勢いが増していて、とても滝つぼの中には入れませんでした。続けて来ていることで、自然の変化を感じ、自然に沿って修行させていただくことを、教えていただいているのがわかりました。

 田舎のない私には、宿坊のたたずまいが懐かしく、古き良き日本に帰ったような気がして、気持ちが落ち着きます。

 今回は、修行に参加された方も素晴らしく、何気ない会話の中に、思いやりや、精神性の高さを垣間見ることが多々ありました。忙しい時間を割いて、それでも参加したいと思う人間の集まりは、現実世界とは少し違っていました。

 2日の目の夜は、満天の星空に恵まれました。星空の下、語り合った人とは、遠い昔から縁があり、出羽で修行することができたのだと思えました。それぞれ別の場所で生活し、学び、人間性を深めてきた仲間。様々な個性が、出羽のお山の下に集まって、溶け合ってできるコミュニティ。

 日常でも起きていることですが、それが更に強く認識できるのが、自然から学ぶ、修験の修行の恩恵と、実感させていただきました。

 最期のなおらいの席では、和やかに、美味しい精進料理をいただいて、生きていることを、心から嬉しく感じることができました。
 
 これからも体を鍛え、体調を整えることを習慣として、来年も出羽のお山に登れるように頑張りたいと思います。そして全てに感謝できる人間を目指して、生きていきたいです。

 
●Iさん(男性、40代、会員、東京在住)

 3年目にして、やっと勤行に慣れた感じがあり違和感なく修行をさせて頂きました。

 場所には少し慣れたと感じていましたが、今年は、天候が不安定だったので、逆にあまり汗をかくことがなく、それが去年よりも身体的には楽だったかもしれません。

 また、滝行は、正直に言って苦手意識がありましたが、それも去年より冷たくないと感じられました。それは、代表も言っていましたが、雨のおかげかもしれません。

 月山の登山は、意識が突っ込むとでもいいますか、不思議な場所と思いながらも、ご指導通りに、いったん精神的な意味で死んで生まれ変わることが意識できました。

 そして、今回は、とてもスムーズだったと思います。どこかで神様には見守られているから、団体で巡礼が出来ているようにも感じました。

 また、家に帰ってから、調子が良いです。仕事が重要な時期でもあるのですが、ますます順調で、いろんな問題を乗り越えて行けそうに感じています。

 自分の場合は、音楽活動もしていますが、自然体が大切だと思うので、団体の聖地巡りは、その助けとなるので、ありがたいです。神仏、先達、代表を初めとするスタッフのみなさんに、参加されたみなさんに感謝いたしております。

 
●Mさん(40代男性 東京 会員)


 今回は、前年よりも体調が良く、楽しむゆとりがありました。大自然からパワーをもらいながら修行している感じで、疲労が少ないように感じました。

 羽黒山や湯殿山では、羽黒山の登山中に、雨が降ったために、湯殿山の滝行が水がぬるくなってやり易く感じました。

 月山は、登山中に、すばらしく晴れて、下山中に、雨が降りました。いずれ降るならば、このタイミングで、という感じの雨でした。

 代表が、この出羽の聖地巡りが、1年の集大成ということ言っていましたが、こうして、ひかりの輪として、入門修行をして、それを普段の活動よりも優位に置いて、自と他のつながりを意識することは、謙虚さを培い、自と他の区別を無くすための修行として、大切な考えだと思いました。

 
●Hさん(女性、50代、非会員、東京)

 先日の出羽は本当に楽しくて、皆さんにもいろいろお世話になり、ある意味、一生の思い出になりました。こちらこそありがとうございました。

 一緒に出羽に行くまで、まだちょっぴり残っていた、ひかりの輪の皆さんへのイメージ的偏見はきれいに無くなって、全くの部外者・一般人で、ややもすれば大ざっぱで、無鉄砲な面がすぐ顔を出す私を暖かく迎えてくださったことに深く感謝しています。

 言い方は変ですが、みんな悩みを内に秘めながら頑張っているんだなあ、と素直に感じました。私も皆さん同様、感情を表に上手に出すのが大の苦手で、マイペースでいいねなど、よく人から言われることがありますが、そんな事ぜんぜんないんです(笑)

 そして、人の手の入っていない本当の大自然に立ち向かう力は無くても、自然をよく観察し、恐れ、敬い、自然の掟(ダルマ)と共生さえできれば、自然は不思議なパワーを授けてくれるんだなあと思いました。
 

●Tさん(男性、40代、非会員、山梨)

 山形は今回行ったのが初めてでした。出羽三山は知らなかったですが、月山は聞いたことがありました。それは、6月7月でもスキーができる月山スキー場があるからです。豪雪地帯というイメージがありました。

 山梨から車で8時間位かかるので、気軽に行ける距離ではありませんが、ひかりの輪の聖地巡りということで参加したいと思いました。

 宿坊に入ると50年位過去にタイムスリップしたような感じがしました。それは木造の古めかしい建屋と薄暗い蛍光灯が、そのような雰囲気をかもし出していたからです。
 
 夜のとそうで街灯もなく真っ暗闇の場所に行った時は100年位過去にタイムスリップしたような気がしました。首都圏から遠く離れた東北の地は、観光開発が急激ではなく昔ながらの雰囲気が残っていると思いました。

 登山中は、雨が降ったり晴れたり雷が鳴ったりで、山の天気は変わり易いと言いますが、そのような経験は初めてでした。季節が冬であれば雪や寒さで大変だろうと思いました。

 その中で、ご指導いただいた先達は、見るからに頼りがいがある感じで、安心感を覚えました。


●Eさん(男性、40代、非会員、東京)

  終わった直後は、とにかく“やったぁ~、解放されたぁ~”という気持ちでいっぱいでした(笑)。

 しかし、1日2日と日が経ってみると、体がちょっと変わったというのか、自分の中の自然治癒力がちょっと高まった気がしました。

 具体的に言うと、喉がイガイガしていたのが、治りました(クスリ飲まないで治る事は自分にとっては驚くべき事なのです!)

 今回の巡礼の全体を通してのザックリした感想は、みんなで同じ物を食べれたこと、代表、広末代表を含め、男性の参加者全員で、大部屋で寝起きできた所が、部活みたいで良かったです!

 
●Kさん(男性、40代、非会員、秋田)

 秋田県湯沢市という、出羽三山まで車で二時間ほどの距離に居ながら、これまで一度も訪れた事のなかった自分にとって、今回の体験は何もかもが新鮮で、こうも違う価値観や生活スタイルがあるのかと感動しました。

 先達は、厳しくとも参加者への配慮を忘れない方で安心してお頼みする事が出来ました。

 今回自分が気づいた点で特に心に残っているのは、滝行時に感じた水の強さです。冷たさは覚悟していましたが、落ちてくる水量が多いとこうも重いものかと気づいた次第です。

 水中ですと体が浮いてしまいますし、水も自分を押し出すため、イメージしたように滝の下ではできませんでした(近寄ろうと思ってもくるくる回って近づけませんでした)。私が水の冷たさと重さに震えている最中、先達は何事もないかのように、滝行を続けられているのを見て感動した次第です。

 余談ですが、海や川の事故が多いのは、プールでしか水を知らない人が実際の水の力に圧倒されて起こってしまうものではないかと思った次第です。

 その後の山登りもきつかったですが、その分達成感も素晴らしかったです。最後に火の上を「おぎゃー」といいながら飛び越えた時は、今から41年間同じように産声をあげたんだなあという思いと母への思いが重なって泣きそうになりました。

 新たに生まれた自分、という事で自分は誓いを立てました。それは、朝は寝坊せず起きる事と、健康の為ジョギングと水泳をするという事です。今も頑張っています。色々ありがとうございました。

●Sさん(男性、30代、非会員、東京)

 始めは余裕がありましたが、2日目の山登りを経て、最終日の朝には体が重く、だるくなっていました。

 しかし最後の寺社参拝では、心身ともに疲労がピークであるにもかかわらず、無駄な事を考えずただ身体を動かしているような、非常に心地よい感覚を得ました。

 また、修験道の規則に基づいた食事などの生活は、生き物としての野性を体感する修行であり、都会で生活する際に常に念頭にある「~でなければならない、~しなければいけない」といった”強迫観念”から解き放たれたようでした。

 普段は、精神修養をしない自分にとっては、こうした修行体験でしか得る事のできない心情に至る事ができました。

 都会の生活に戻ってからも「あの場所に行けばまたあの感覚、心情を得られるのだ」という事実が、せわしなくゆとりのない日々にある中で、一抹の心の平安、救いの元になっています。

●Hさん(男性、30代、非会員)

 初めての体験でしたが、山での修行に(少し)触れるという得難いものでした。

 普段着から着替え、山道を歩く。みな一列になって黙々と行進していくと、昔の修行者たちは、道なき道の厳しいところを歩いたのだろうな、雨風の時や食事はどうしていたのか、など思いをはせました。

 早朝や夜に宿坊の周りを歩くと、自然の風の音、虫の声が一段と響きます。先達の「自然の声を聞く」という言葉を実感し、日常の生活に戻っても忘れないようにしようと思います。くたくたに体が疲れたときの、精進料理の美味しさもずっと覚えています。

 普段の何気ないこと、自然の美しさと厳しさ、短い間でしたが身の回りを振り返る貴重な体験をすることができました。自然に身を置くことを、これからも大切にしていきたいと思います。

 

●Kさん(女性、40代、会員、宮城在住)

 私は、先日はじめて、羽黒山、湯殿山にのぼりました。一日のみの、参加でした。
 言葉無くして、肌で感じるのはこのことかと思いました。
 足が動かずに1番後ろを歩く私でしたが、疲れが全くありませんでした。
 滝行の際も冷たいと思いながら、足が全然疲れていない事に気がつきました。
 その後の湯殿山での足湯も本当に気持ち良かったです。
 足元からエネルギーを得たように、清々しい気持ちで湯殿山を後にしました。
 来年は、月山にも登りたいなと思います。

 よろしくお願いいたします。

 

 

◆今年2017年も以下の日程で行います。ご関心・ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
(2017年7月29~30日(土・日)、出羽三山(山形県)にて本格的な体験山伏修行のお知らせ)