2015年に、出羽三山での修験道体験(山伏修行)に参加した、初めて参加された方含め、参加者の方からいただいたご感想・ご体験をご紹介いたします。


 毎年恒例で、今年2017年は、7回目となります。

 毎年、羽黒修験の現地の本物の山伏の先達の方と宿坊にお世話になり、滝行やとそう行、南蛮いぶしなどの羽黒修験独特の修行含め、本物の山伏体験をさせていただくことのできる、生きた学びの機会です。
 今年2017年も以下の日程で行います。ご関心・ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

(2017年7月29~30日(土・日)、出羽三山(山形県)にて本格的な体験山伏修行のお知らせ)

 

 

 

●Hさん(男性、50代、会員、初参加)

 今回初めて出羽三山の山伏修行に参加させていただきました。

 本格的な修行は久しぶりで便利な文明社会にドップリとつかった生活をしていますので、参加前は果たしてついていけるだろうかという不安が消えることはありませんでした。

 羽黒山や湯殿山に祀られてある祠や神木に般若心経、祝詞をあげる修行は最初はみなさんについていくだけで精一杯でしたが、回を重ねる毎にその言葉の清らかさ神々しさが実感できてきました。

 勢いよく流れ落ちる湯殿山での滝場ではふんどし一丁の出で立ちになり、古来より引き継がれる本格的な滝行だと実感させられます。

 水の冷たさに入る前は足の震えも止まらず、縮こまる思いでしたがみなさんが、次々に滝に向かって行く姿に後押されて無我夢中でしたが、なんとかこなすことができました。

 着替えが終わり一段落すると、とても清々しくただ普通にしているだけでとても幸せな気持ちがこみ上げてきてとても驚きました。

 南蛮いぶし(修験道の苦行修行の体験)で地獄的な経験をし、闇夜の中に身を晒す夜間とそう(夜間の歩行修行)など、都会では決して味わえない貴重な経験でした。

 また風情ある宿坊はとても居心地が良かったです。

 庭にそびえ立つ木々も生命力にあふれ、出羽三山からのエネルギーがそのまま宿坊全体に流れ込んでいるようで、縁側で休んでいるだけで大自然の中に溶け込んでいくようでした。

 二日目の月山とそう行では最初から最後までガスが立ち込めほとんど遠くの景色は見えませんでしたが、背中を曲げながら登られるお年寄りの後ろ姿に信仰心の重みを教わり、強風が所々に吹き荒れ残雪残る山の荒々しさや霊気を肌で感じる事ができました。

 安定した生活に慣れると修行や不自由さは躊躇しがちになっていましたが、たまに厳しい環境に身を置くことの必要性を痛感させていただきました。
           

 

●Hさん(50代、女性、非会員、3回目、東京在住)

「ひかりの輪」そして「出羽三山の山伏修行」に参加して三年目が過ぎました。

 最初の年は(亡き父によく似ている)河野義行氏と一緒に修行 。去年は風速30m近い暴風雨と一緒に修行する羽目になりました。

 そして今年で三年目。今年は「一月から認知症を発症し今、介護付き老人ホームで暮らす今年82になる母」を連れて行こうと・・・。

 若いころから山登りが好きで(亡き父との登山スナップを数多く残す)母と一緒に、新しい自分に生まれ変わりたい。昔は女人禁制だったという神聖な山の神様たちに、母と一緒に会いに行こうと・・・。

 羽黒山一帯の山伏坊の立ち並ぶ独特の風景は(祖母に育てられ時代劇が大好きだった私に)どこか懐かしい風景を思い出させ、湯殿山の温泉の吹き出す奇岩には自然の神秘を実感させられ、観光ポスターそのままの滝行も(普段の手垢にまみれた心を)強い力で洗い流してくれるかのようです。

 中でも私が一番好きなのが「夜間とそう(夜間の歩行瞑想)」。

 日常の都会生活ではけっして味わうことのできない「静かな、そして騒がしくもやさしい暗闇」

 一番最初に参加した時の「夜間とそう」の衝撃的な感覚がその後の「ひかりの輪」そして「出羽三山の山伏修行」に参加し続けているきっかけになったように思います。

 経験から生まれてくる実績(知恵)に守られた不思議な安心感の中で「暗闇」を味わう。虫の声、星の声、樹木の声、森の声、土の声、力強い足音たち、導く鈴の音、そして自分の心の声。

 人を滅多に信じない傲慢な私にとって「まさにこういうのは導師が居るからできる事だなあ」とって素直に思います。

 かつて先達が東京のトークイベントに参加された際、こうおっしゃられたと私は勝手に解釈しています。

 「人間はもっと野生のカンを磨かにゃ駄目だよ。そもそも自然とは、制覇するとか挑戦するとかいう対象のもんじゃ無い。山伏の場合は山に入って山と一体になる事。野生のカンを養えば、自然と一体になれば、いろいろなものをわしらに与えてくれる。感謝、感謝だよ。山伏修行30数年やって、最近やっと分かってきたよ」

 身についた生きた知恵を持つ者はみんな「謙虚」さを持っているような気がします。「謙虚」さが身についた生き物は強い。

 「我欲」を解放させることのみ「自分らしさ」と思い込まされ「謙虚」さを忘れた私たち。認知症で「被害妄想をまき散らす母」。ネット世界で誤魔化す「自分」。つまらない「競争」で疲れ果て
ている私たち。

 それらをリセットする為に一年に一度は「出羽」へ。自分の遺伝子にそう書き込まれたように思います。来年もまたよろしくお願いします!

 


●Uさん(男性、40代、非会員、2回目)

 今回、2回目になりますが、参加しました。まず、一日目の羽黒山は、今年も風が気持ちよかったです。

 二日目の月山では、月山も富士山と同じだと思いました。

 

 仏である地球から歓喜の力と風を纏わせてもらっても受け手の準備が整わなければ、使いこなせないから体を鍛える必要があると気付かされました。

 去年も色々と学び知り気付きがありましたが、今回も色々気付かされました。そして、今回も無事に終えることができ、先達とご家族様、ひかりの輪の皆様に感謝いたします。

 


●Uさん(男性、40代、非会員、東北在住)

 登りたい山が在り、その前段階として月山に登る必要もあると思っていたのですが、遠足程度の登山経験しかなく、機会が無かった所、募集案内を見て、「習うより慣れろ、経験した方が早い」と思い、今回申し込みました。

 宿坊に着いて先達のお顔を拝見して、あ、雑誌の人だ!と思いました。(笑)(前日に送られて来た雑誌に外人さんを案内する先達の記事が掲載していた。)

 羽黒山では自分のペースで歩けないことから、自と他を知り一元論でも二元論でもなく、次なるものに気付きました。ただそれは右から見るか左から見るかの差程度だと思います。また木々の緑が鮮やかで、どこか懐かしい感じがしました。

 滝行では普段、自然に対して畏れはあまりないのですが水の力等に怖気づいてしまい、3回入ることができず、畏れは大事なんだと思いました。

 上祐代表の般若心経の解説で般若心経は心に宿すものと理解し、般若はもう伝わっているのだけど皆、忘れていると気づかされました。

 壇張り(修験道の修行食)は、こんなに食べられるのかと、ありがたく思いましたが、指導されたように、餓鬼のように貪り食うまでは至らなかったです。

 夜間とそうでは星々が綺麗でしたが天ばかり見上げても地ばかり見下ろしても、駄目なんだと気づかされました。

 南蛮燻し(修験道の苦行の体験)は、最初、なるべく浅く息をしようと思っていましたが燻された方が良いのかと思い、深呼吸にしましたが、声が出せなくなり難しかったです。

 月山登山は、強風のなか登り、途中風を身に纏うことができ、天狗の気分を楽しめたり、風にも負けず、高山植物も多種咲いていて綺麗でした。

 強風ということもあり、他者をいたわる心、慈愛も体験できました。強風の中、月山を登ることにより産みの苦しみを味わい、悔い改め、火渡り、出生式で生まれ変わることができ、2つの生命の喜びを経験することができました。

 何事もなく無事にすみ、先達とそのご家族様、ひかりの輪の皆様にありがたく、感謝いたします。

 

dewa404


●Hさん(男性、40代、非会員、初参加)

 出羽三山での、ふれあう自然の全てが規模が違うものでした。

 最初に感じたのは羽黒山の神社の池の前で祝詞を唱えていた時でした。背後の杉の大木の並木から聞こえる葉擦れの音が今まで聞いたこともない轟音だったのです。

 滝行も、テレビのニュースで見るようなものとは全く違うものでした。街中では、決して体験できないレベルでした。人間の手の加えられていない自然の威力を体感する事が出来ました。無論ほんのさわり程度ですが。

 月山山頂での突風も体感する事と、今までの実体験から想定した物に比べようもない違いがあることを知りました。街中で吹き荒れる大型台風でさえ、あそこまで体が風に翻弄されるという事はありませんでした。

 大自然の中では 自分もほんの一部、構成要素に一端に過ぎないという事を身をもって学習できたと思います。野生に入って、野生に目覚めた感覚です。

 最後に、これは先達と代表の会話を聞いていた時ですが、先達が「真面目すぎてはいけない。自然から自由に学ばないと。」という主旨の事を話されていて、ああ、と大変合点がいく思いがしました。

 ともすれば、先達に意識が向きすぎて、眼前にある大自然から学ぶという事が疎かになっていた時もあったかもしれません。周囲を取り囲む自然は自分というフィルターを通して、何を教えているのか、感じとれるのも自分自身です。

 自然の中で一体となれば、自ずと答え は感じとれるでしょう。正に自分は感じ取ってきたという、自信が今はあります。

 謙虚に学び取るという態度は、自然の営みからだけではなく、人の営みの中でも、今後忘れずに活かしていきたいと思います。

 いろいろとありがとうございました。貴重な体験をさせていただきとても感謝しております。

 

 

dewa-217


●Nさん(男性、40代、非会員、初参加)

 出羽の先生が言われた「考えるより、まず感じなさい!」と、言う言葉が印象的でした。

 滝行は、刺激的で、やる前は正直、ビビりましたが、いざやって見ると、今までにない感覚があって楽しめました。願わくば、もっとチャレンジしておけば良かったです(ちょっびっと後悔)

 宿坊での時間も三山の登山も、楽しめました。また是非とも参加させて頂きたいと思っています。 皆さんに感謝します。ありがとうございました。

 

●Sさん(男性、50代、会員、4回目、仙台在住)

 今回は、確か4回目の参加になります。いろいろとお世話になりありがとうございました。
 
 まず、全体の感想としては、山々全体の生命力を感じ、八百万の神との感覚を覚えたことが、一番の感想です。

 一方、富に体重が増え、90キロオーバーし今回の参加は全部歩けるか不安でした。その中で、先達の適切なアドバイスでなんとか全日程の修業を消化することができました。

 そして、羽黒山の階段を息絶え絶え、最後の尾根を登って、中腹の休憩所に着いた時や、月山においても皆さんから遅れがちな私に対して、先頭の近くで歩くように、先達からご指導いただきました。

 最初は、月山では、九合目までが限界で、頂上までは無理かなと考えていた私でしたが、そうしたご指導もあって、何とか頂上までまっとうできました。

 自分も管理職のはしくれであるため、人への指導、導きの見本をお示し頂いたものと思い、大変学ばしていただきました。

 先達、そして代表を始めとするスタッフの皆様お世話様でした。また来年もよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

 

今年2017年も以下の日程で行います。ご関心・ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
(2017年7月29~30日(土・日)、出羽三山(山形県)にて本格的な体験山伏修行のお知らせ)