こんにちは!

 

皆様、お正月はどうお過ごしになられたでしょうか?

私は毎日好きなお雑煮のお餅を7.8個食べ3㌔も太ってしまいました(笑)💦

これから、スタジオのお友達と一緒に沢山運動をして痩せるつもりです!

 

私の小話はさておき、お正月と言えば何を思い浮かべますか?

私は「箱根駅伝」です。

毎年楽しみにしており、年末は富士山女子駅伝、

新年はニューイヤー駅伝と私にとっては楽しいイベントの連続ですが、本日はその箱根駅伝を観て、感じたことをお話ししたいと思います。

 

まずは、箱根駅伝を知らない方に簡単にご説明致します。

東京・読売新聞社前~箱根・芦ノ湖間を往路5区間(107.5Km)、

復路5区間(109.6Km)の合計10区間(217.1Km)で競う、学生長距離界最長の駅伝となります。※大学生です。

関東学生連合を加えた21チームでの対決となります。

往路(1日目)復路(2日目)と2日間に亘っての駅伝となり最後まで手に汗握る闘いが繰り広げられます炎

 

前回王者の平成の常勝軍団とも言われ「駒沢大学」

初優勝から4連覇を達成し箱根駅伝の前に開催された出雲駅伝・

全日本駅伝で惜しくも2位と悔しい結果となった「青山学院大学」
出雲を制し区間記録を持つ外国人ランナーや日本人エースと
2枚看板が揃う「東京国際大学」なのか!!
 
8時丁度乾いたピストルの音と共に一斉に選手達がスタートしました。
1区~区間記録が出て、2区のエース対決、5区の山登りと見所は沢山ありましたが見事往路を制したのは青山学院と幸先良いスタートとなりました。
2日目の復路は青山学院が往路の良い流れをそのままに見事大会新記録のタイムを出して優勝致しました!
 
今回の大会を振り返ると思わず感動する場面が幾つもありましたが、その中でも印象に残った場面をお伝え致します。
今回初出場の「駿河台大学」4区を走った今井選手は元々中学校の教師をしておりましたが、教師として力不足と感じた為休職をし今まで勉強をしなかった心理学を学んでもっと生徒に寄り添える先生になりたいと思い入学に至ったそうです。
今井選手は31歳。新たな事にトライして学び、より生徒達に寄り添いたい。私は感動と共に凄いことだなと感じました。
又、それだけではありません。
何と今井選手の後に走る永井選手は元々教師時代の教え子だった生徒とのことです。教え子との襷渡しは思わず感極まる場面でしたえーん
 
学生の皆さんはこの日の為チームメートと共に厳しい練習を続けてきたはずです。
この汗のしみ込んだ襷にはその努力が物語っており、ここまで走ってきたチームメート、走れずに悔しい気持ちを抱きながら仲間の為サポートに回っているチームメート、監督やコーチ、それぞれ支えてくれている方々の想いも込められていました。
走って大手町~箱根を約5時間半で辿り着くことに驚きと共に、
私にとって今年も勇気づけられる日となりました!
 

※ひかりぎインスタ是非下記リンクからご覧下さい↓↓

 

ひかりぎスタジオ朝霞

ひかりぎスタジオ朝霞(@hikarigi_studioasaka) • Instagram写真と動画

 

ひかりぎスクール朝霞

ひかりぎスクール朝霞(@hikarigi_schoolasaka) • Instagram写真と動画

 

ひかりぎ朝霞台

ひかりぎ朝霞台(@hikarigi_asakadai) • Instagram写真と動画

 

 

**********

児童発達支援・放課後等デイサービス 

ひかりぎスタジオ朝霞

 

〒351-0011 埼玉県朝霞市本町2-4-25 T-BLD朝霞3F

TEL:048-485-1207

 

HPはこちら

**********

 

小野塚