【長女:レット症候群】胃ろう手術ーICU | Kikiのキャラ弁1年生
2017-12-28 23:19:00

【長女:レット症候群】胃ろう手術ーICU

テーマ:病気

手術は無事終わりました。



 
麻酔がかかるまで私も手術室へ入りましたが
ずっとケラケラ笑ってご機嫌さんで。
 
 
これから何をされるかわからぬまま眠りました。
私の決断は本当に良かったのか。
 
病気を治すための手術なら喜んで!!
 
 
でも、今回は違う。
たくさんのメリットはあるけれど
それでも、今でもこれで良かったのか考えてしまいます。
 
 
元気に笑ってご機嫌さんで
起きたら見知らぬ部屋にひとりきり。
 
 
お熱は出るし
痛いし(痛み止め使ってるし、訴えられないから実際わからないけど)
おなかには変なボタンが付いてるし
 
 
数時間前まであんなに元気だったのにぐったりしていて
涙が止まりませんでした。
 
 
 長女が「レット症候群」ということには
後ろめたさとかは全くないので謝ったことは一度もないけど
今回初めて謝りました。


彼女の意志もわからぬまま
胃ろうを決断したことへ
謝罪以外の方法が見つからない。



本来ならICUに入るような手術ではないけれど
てんかんや筋緊張が強いと縫った糸が弾けて
胃液が漏れて腹膜炎になって
再手術なんだとか。


側湾も出てるから「胃をこっちにこう引っ張ってくればここに付けられる」とか
ただただ頷いて聞くのが精一杯で頭はついてこれなくて。


持病が持病だけにリスクもそれなりにあって
不安で 不安で 不安過ぎて
急きょICUに入ることになってさらに不安になって。
 
 

面会も1日3回、10~15分。

とっても辛そうなのに
私を見て声を出したり、
手を握ったら手揉みを止めて握り返してくれたり。
そして、安心したのか眠りについたのでそーっと離れました。


面会時間が来たらすぐ会いに行こう。

 
 
 
今夜は一人。
自然と長女スペースを空けてしまいます。

Kikiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。