当サロンは2018年7月31日をもって休止いたました。
再開は未定です。
 
過去にご利用があり、ご質問等ある方は恐れ入りますが下記までご連絡ください。
kaerude.info☆gmail.com
※☆を@に変えてお送りください。
 
ご愛顧ありがとうございました。
 
腸ケア・睡眠ケア
カエルデRoom 楓ひろみコスモス

小麦に含まれるでんぷん質アミロペクチンAは、単糖類である砂糖よりも体内でブドウ糖になるのが早い為、血糖値が上昇しやすく、脂肪として蓄えられやすくなります。

小麦の約70%は炭水化物で、その大半をアミロペクチンAが占めています。

 

<血糖値が上がると甘い物が食べたくなる>

血糖値が急上昇する

  ↓

インスリンが過剰に分泌される

  ↓

血糖値が下がり過ぎて低血糖になる

  ↓

脳が「糖が足りない!」と勘違いして甘い物が欲しくなる

 

また、血糖が高くなることによって血液がドロドロになるのを防ぐ為、身体がブドウ糖を優先してエネルギーにします。

すると、体内に蓄積された体脂肪が使われない上に、消費されなかったたブドウ糖は脂肪細胞に取り込まれ中性脂肪として蓄えます。

 

その結果、下記のようなことが起こります。

 

・太りやすくなる
・老化が促進される
・糖尿病予備軍
・動脈硬化
・脳梗塞 心筋梗塞のリスク上昇
・肌荒れ
・しみやしわ、くすみ(肌の糖化)

 

<血糖値は心にも影響>

血糖値が極端に上がったり下がったりしていると、精神的にも上がり下がりが出てくるようになります。

イライラしたり、人のすることが気になったり、批判的になったり、神経質だったり、不安を抱えるようになったり・・・。

自分の感情をコントロールできない人は、小麦製品をよく食べてはいませんか。

また、砂糖を使った甘い物を食べ過ぎなのかもしれませんし、その両方かもしれません。

 

<まとめ>

小麦製品を食べ過ぎると下記が懸念されます。

 

・小腸へのダメージによる身体への負担(アレルギー、過敏性腸症候群、うつ、慢性疲労など)

・食欲を増加させる(中毒性あり)

・血糖値急上昇による悪影響(太りやすくなる、老化、精神が不安定になる)

 

身体や心の不調を感じる方は、1週間分の食生活を洗い出してみてください。

小麦製品をよく口にしている方は、主食に小麦製品を食べないことを1週間続けてみてくださいね。

それだけでも身体や心の変化を感じると思います。

変化を感じられない人はもう1週間続けてみて、その後、小麦製品を主食にしてみてください。

セーブする前と後での身体と心の変化を感じられると思います。

 

出来る方は、小麦製品を一切食べないことを2週間続けてみてくださいね。

 

小麦シリーズは今回で終わりです。

 

前回紹介した小麦に含まれるたんぱく質の一種である「グルテン」。

正確には小麦に含まれるたんぱく質は「グリアジン」と「グルテニン」の2種類があり、水を加えてこねると粘りや弾力性のある「グルテン」になります。

パンやピザ生地を膨らませたり、もちもちした食感を出したり、麺にコシを与えている成分です。

 

このグルテンの元になっている「グリアジン」は、脳内で麻薬のような働きをして食欲を刺激します。

グリアジンにより脳は快感を覚えて、中枢神経に働きかけて食欲を増加させるのです。

食べれば食べるほど、もっともっと欲しくなり、ついつい食べ過ぎてしまい、中毒のようになります。

パンやピザ、ケーキやお菓子など思い当たることはありませんか?

 

小麦製品をよく食べていると中毒になり、小麦製品が食べられないとイライラしやすくなるなど心にも影響します。

また、グリアジンはアレルギー症状の一因でもあります。

 

<グリアジンの影響>

・中毒性が強く、食欲を増加させる働きがある

・花粉症、アトピー、喘息などアレルギー症状が出やすくなる
 

グリアジンには、小腸の壁の結合組織を壊す作用があると言われています。
腸壁の結合組織が壊れると言うのは、小麦①でも触れましたが、腸壁の網の目が大きくなるということです。

網の目が大きくなっている小腸からは、アミノ酸レベルにまで分解されなかった未消化のタンパク質や細菌、ウイルスなどが侵入します。
免疫システムがそれを異物と見なし、身体を守ろうとして起こるのがアトピー性皮膚炎や喘息、鼻炎、花粉症、食物アレルギーなどのアレルギーです。

 

<品種改良による含有量の増加>

食糧難の時代、海外では小麦を災害や害虫に強く、大量生産できるよう品種改良を重ね、安価で安定的に供給できるようにしました。

過去の度重なる品種改良によってグルテンの含有量は増加し、グリアジンも増やしていきました。
グリアジンは粘着力が強く伸びやすい性質を持っている為、加工品が作りやすくなるのです。

 

グリアジンを含むグルテンの含有量が増加したことにより、この半世紀の間にグルテンアレルギーの人が急増しているそうです。

 

日本の小麦は元々、うどんやそうめんなどに適した中力系の品種が多く、パンに適したたんぱく質含有量の多い強力系は作りにくいとされてきましたが、ここ数年で品種改良が進み、超強力系が登場しました。

最近、国産小麦のパスタなども見かけるようになり、国産小麦=中力粉ではなくなっています。

国産でも、パンやパスタに使わている小麦はグルテンの含有量が小麦の中でも多いと言うことでことです。

 

<米粉パンにもグルテン>

一口に米粉パンと言っても、米粉100%のパンと米粉も使っているパンがあります。

米粉100%でないパンには、小麦粉100%のパンよりグルテンが多量に添加されています。

 

小麦粉100%のパンは1斤当たり小麦粉が250~300g使われています。

これに対し、米粉パン1斤当たり米粉を300g使うとすると小麦グルテンは45~60g必要です。

これは、小麦粉が560~740g必要な量なのです。

グルテンの含有量が小麦粉100%パンの倍以上と言うことです。

 

グルテンを避ける為に米粉パンを選んでいるという方は気を付けてくださいね。

米粉100%やグルテンフリーの表記があればグルテンは使われていません。

また、パン用に市販されている米粉には小麦グルテンも入っています。

原材料を見てみてくださいね。

 

グルテンアレルギーの人が増えているのは、以前に比べてグルテンの含有量が多い小麦製品(パン、ピザ、パスタなど)を食べる機会が増えたからだと思っていましたが、それだけではなく、品種改良によって小麦粉に含まれるグルテン自体が増えていることに驚きました。

食糧難を乗り越える為に始まった品種改良が利益の追求に変わり、今や自分たちの健康を損ねてしまっているのですね。

 

次回は「小麦③血糖値への影響~アミノペクチン」の予定です。

 


ベル「心と体の癒しの会(愛知)」開催ベル


長尾ヒーリングを学んだ施術家による無料施術会です。

熱海から長尾ヒーリングの横塚修身先生がお越しになる他、愛知県内の施術家が集まります。

長尾ヒーリングの他、症状や不調に合わせて整体やヒーリング整体、タッチセラピー、腸もみなどを行なうこともあります。

 

心身の不調がある方、お疲れの方などお気軽にご参加くださいね。

お子様もお子様に合わせた施術を行いますラブラブ


日時: 2018年8月5日(日)10:00~16:00
    心と体のお話  12:00~13:00予定
会場:東別院会館 2F菊の間(名古屋市中区立花2-8-45)

参加費:無料

 

地下鉄名城線「東別院」駅 4番出口より西へ徒歩5分
名古屋市バス「東別院前」より西へ徒歩3~5分
※駐車場ありますが、数に限りがあります。

受付して頂いた方から順次、ご案内しておりますコスモス

【長尾ヒーリングとは】
痛みや様々な症状の原因は胃下垂にあるという観点から、胃を元の正しい位置に戻すことにより症状を改善していく言霊療法です。

多くの人は、自分が思っているよりも胃が下垂しています。
胃が下垂すると、その下の腸が圧迫され、子宮が圧迫され、膀胱が圧迫され、鼠径部が圧迫され・・・腸閉塞や子宮筋腫、膀胱炎や冷え症など様々な病気や症状を引き起こします。

また、人体は食道や腸、胆管などあらゆる管で出来ており、この管が胃が下がることにより、引っ張られたり、捻れたり、圧迫され、食道狭窄症や糖尿病、胆のう結石などの様々な症状や病気に繋がります。

さらには、胃が下がることにより、骨盤内が超過密状態になり、骨盤が歪み、バランスを取ろうと背骨が歪み、頸椎も歪み、腰痛や頭痛、膝痛を引き起こします。

長尾ヒーリングでは、まず、胃を上げ、内臓諸器官が元の正しい位置に戻っていくようにします。
また、血流促進や骨盤調整などの調整をしていきます。

個人差や時間差はありますが、胃が上がる感覚がわかったり、体や心の変化等を感じて頂けることと思います。


【身体だけではない】
胃は心と密接に繋がっています。
ストレスを感じると胃にきますよね。
過度のストレス、怒りや不安、悲しいこと、取り越し苦労などの感情が心の重圧となり、胃が下がります。
逆に胃を元の位置に戻すと心が軽くなります。

このように、心の不調和も胃と無関係ではありません。
「病は気から」と言いますが、正にそうなのです。


【何故、無料なの?】
故長尾弘(ひろむ)先生は、自分の心を自分できれいにする。
そして、愛の実践をしていくことを説かれていました。
「心と体の癒しの会(愛知)」は、その実践をしていこうというメンバーで構成されています。
宗教ではないですよにひひ


★癒しの会の様子★

 

<東別院会館にて>

IMG_20170808_201231.jpg

※クローバーが大きすぎてよくわからないことに・・・えっ

 

 

<笠寺コミュニティーセンターにて>
20161212_185909.jpg
 
 
<心と体のお話>
IMG_20161212_201447863.jpg
 

心身に不調を感じていらっしゃる方は、ぜひ、足をお運びください。
軽い症状~難病と言われるものまで対応させて頂きます。
お疲れの方もお気軽にどうぞ音譜
※診断・治療等の医療行為は行っておりません。
 
 
【過去に癒しの会で改善がみられた症状・病気】
パーキンソン病、難聴、白内障、腰痛、膝痛、座骨神経症、うつ病、パニック障害、統合失調症など

癒しの会では、必ず「心と体のお話」の時間を設けています。
心と体の密接な繋がりを知ることは、心身の健康に繋がります。
お時間がある方はぜひ、お聞きなってくださいねコスモス

 

 

【今後のご案内】

第19回は10月14日(日)開催予定です。

当ブログでの癒しの会のご案内は今回を最後とさせて頂きます。

今後の癒しの会のご案内は下記をご覧ください。

 

主催者の仁屋さん

https://ameblo.jp/kinagashi-n/

メンバーのMaryさん

https://ameblo.jp/sdb-m/

 

皆さまのご来場をお待ちしておりますニコニコ

 

 

 

 

ソウルセラピストのカエルデです。

毎月、高次元の光の存在よりメッセージをいただいています。

 

 

-------2018年7月のメッセージ-------

 

(各人が文月をより良く過ごせるようにメッセージをお願いします)

 

この月はすでに様々な問題が浮かび上がり、各々、決断が迫られていよう。

夫婦間のすれ違い、職場の問題、友人との関係、家族との軋轢、地球との対話。

それは個々の問題であり、全体の問題でもある。

「問題」と言う言葉は不適切であろう。

言うならば、「不都合」と言ったところか。

自分にとっての不都合、他者にとっての不都合。

それらが、「問題」と言う言葉で片付けられるが、要は利害が一致していないということだ。

法を犯す者はさておき、人は往々にして善良なる生き物。

ただ、脳があるが故に損得が邪魔をするのだ。

考えるからこそ、善良から離れてしまうものもいる。

それが悪いわけではない。

人は葛藤して自分にとっての最良を見出していくもの。

幸福を求め、光を求めるもの。

そこから学び、上昇し、還っていく。

そう、全ては光に還っていくもの。

 

多大なる被害を受けても尚、生きていくのは生命あるが故、光に還る為。

そんな、そなたらが愛しい。

 

狂おしく荒れ狂う感情も愛しい。

献身的な愛も愛しい。

見えぬ絆も愛おしい。

全てが愛おしいが故、時にはがゆい。

我らの声を聴いて欲しい。

そう思えてならない。

 

我らの発するメッセージを不確かでいい、直感と呼ばれるものでいいのだ。

それを受け取って貰えば、各々の人生の危険を回避できることであろう。

そうして、進む道は鮮やかな木々のように、暗い森のように、時に光を、時に闇を見せつつ歩んでいくことだろう。

 

愛し子らに愛を込めて。

 

ガネーシャ

 

----------ここまで-----------

 

今月のメッセージはいかがでしたか。

自分にとって良いことが相手にとってはそうではない、と言う事はありますよね。

それは、相手に訊いてみないとわからないことでもあります。

 

メッセージの受け取り方は人それぞれ。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

そして、今月のチャネリングメッセージは今回で最後とさせて頂きます。

今後は不定期で発信してく予定です。

 

ソウルセラピスト カエルデコスモス

 

 

ベル8日間限定で毎日、ゼウスから受け取った普遍的なメッセージベル

ゼウスのメッセージ (2016年4月6日~13日)