ラマダン中に長距離移動すること | モロッコ旅の達人

モロッコ旅の達人

モロッコ旅の達人
モロッコ専門ツアーオペレーターHikali Safariがモロッコの地域情報をご案内いたします。


テーマ:


モロッコ旅の達人 岩間ひかるです。


 

プロフィール / メニュー&ツアー事例 / ギャラリー / お客様の声/ お問い合わせ

 


3年ぶり2度目のラマダン(断食月)中です。


序盤はマラケシュの気候が

どういう訳かとても涼しく





ラマダン楽勝!?





なノリで1週間を終えました。



しかしちょうど7日目の日。

私たちは家族で

砂漠方面へ旅立つことにしました。



これは私にとって

ひとつのチャレンジ。



飲まず食わずの状態での

長時間ドライブ。

かつ、そそり立つアトラス山脈超え。



元々私は車酔いしないのです。

しかし近頃どうも

マラケシュからアトラス山脈を超える

ティシュカ峠越えで

具合が悪くなって6連敗中なのです。




おまけにラマダンの飲まず食わずで

大丈夫かしらという不安が。





マラケシュ出発後、案の定峠越えの手前で

私も娘も体調芳しくなくなり、

その後娘がリバース。




次の休憩所で小休憩を挟むも

いつもならお茶を飲んで休憩ですが

何も飲めませんからトイレ休憩のみ。




休憩後の道のりもまだまだ山中。




あー、またやばいなぁ

と思って窓を開けてそっと瞳を閉じるも

次に気付くと喉がカラカラ



でも、




水飲めないんだった~!





という状態。




でも救いなのは

山中のドライブは気温が低かったこと。

途中、スコールのような激しい雨にも当たりました。



しかし山を降りると

今度は暑く乾燥した世界。

さすがにエアコンの恩恵を受けて

まだまだ走ります。





ようやく本日の目的地である

ダデス峡谷に着いたのは、

18:30頃。

家を出たのは11:00だったので、

7時間半の長時間ドライブでした。



通常砂漠ツアーでも同じルートを通りますが、

マラケシュ出発は8:00で、到着時間は同じくらい。



途中のこまめな休憩や

世界遺産アイトベンハッドゥでの散策や昼食を省くと

3時間もの差が出るということですね。




この道中、特にカーブが続く山中を

集中力切らさずに走る夫。


集中してれば時を忘れるのかもしれませんが、

いつものドライブ以上に





お疲れさまぁ!!




という思いでした。




脳に糖分行ってないですからね。

ふだん気力を繋いでくれてる

コーヒーとタバコの後ろ盾が無い状態で集中力切らさないっていうのは、

すごいことです。





乗ってる方も


ただ乗ってるだけでしょう?


じゃ無いんです。




家にいたら、食事を作ったり

何か作業したりしていると

いつの間にか時が経ってくれます。



それに比べて、車中の時間経過の

遅いこと遅いこと



寝てればいんでしょうけど

運転席の夫を思うと

それはできませんでしたわ。




さて、今日はいよいよ

灼熱の砂漠方面へ到着。



初めての






砂漠でラマダン。






どうなることか。





もしもラマダン中にモロッコを

長距離移動する方。





だってそれが仕事でしょ?




とおっしゃらず、

飲み食いせずに集中力を保ってる運転手を

いつも以上に労ってあげてください。

すんごいことなんです!

モロッコ旅の達人 岩間ひかるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス