1週間でメインどころをおさえたい!そんな欲張りさんにオススメなコース。 | モロッコ旅の達人

モロッコ旅の達人

モロッコ旅の達人
モロッコ専門ツアーオペレーターHikali Safariがモロッコの地域情報をご案内いたします。


テーマ:

モロッコ旅の達人 岩間ひかるです。

プロフィール / メニュー&ツアー事例 / ギャラリー / お客様の声/ お問い合わせ  


いつかはモロッコ”そう思いながらも、
その「いつか」がなかなか実現できない。

それは、日本からモロッコは遠く離れていて、
往復時間が長いのも理由のひとつではないでしょうか。

休みが取れても、せいぜい現地で1週間が限界!

そんな方に、
車をチャーターして、
主要な観光地を1週間で周る一例をご紹介します。

【1日目】
日本からのフライトの玄関口であるカサブランカに到着。
空港からそのままマラケシュへ移動します。


マラケシュに到着するのは夕方~夜になるため
この日の宿は予約しておくことがオススメです。
せっかくだから、お気に入りのリヤドに泊まりましょう!


【2日目】
熱気溢れる赤色の街マラケシュを大満喫♪

北アフリカいち大きなスーク、歴史的建造物、ショッピング、
そして夜はジャマエルフナの屋台。
マラケシュの楽しみ方は、挙げたらきりがありません。


1日で欲張るには、ガイドさんを付けるのがオススメ。

比較的涼しい午前中に、
イヴ・サンローランが愛したマジョレル庭園や
バヒア宮殿やサアード朝の墳墓群などの史跡を見学。


その後にメディナ(旧市街)の迷路歩きに挑戦!
ランチを食べる頃は最も気温が高い時間かもしれません。
迷路探求に備えて、ゆっくり休憩。


エネルギー充電が済んだら、いよいよスークに突入。
迷路のようなスーク、職人の仕事ぶり、商人とのやり取り、
そんな中に息づく歴史的建造物。
カオスと化したこの空間にどっぷり浸る!


迷路からジャマエルフナへ抜け出ると、
そこにはモロッコ中の食べ物が食べられる屋台が集合している頃。

もくもく煙を上げる炭焼きのブロシェット、
定番のタジン、クスクス。エスカルゴのスープ。
お腹と相談しながら、モロッコ料理を食い倒れ


【3日目】
マラケシュから砂漠ツアーへ出発!
モロッコ最高点を通るティシュカ峠を超えると
そこから先は、からっからに乾燥した土地。


世界遺産になっていて、映画や音楽PVのロケにも使われる
アイトベンハッドゥに立ち寄って見学。


古いカスバが点在するカスバ街道を走り、
夜はマラケシュの喧噪から離れた静寂の夜を過ごします。


【4日目】
いよいよハイライトである大砂丘へ。
まるで映画のセットかのような断崖絶壁の、トドラ峡谷に立ち寄る。

砂丘のほとりにある宿に到着したら
らくだツアーに出発。


小一時間程らくだに揺られ、砂丘のど真ん中にあるキャンプ地へ。


空全体を虹色に染める日没、空いっぱいに満天の星空
ここから見える景色は、魂を揺さぶりますー!


【5日目】
砂丘でご来光。神聖な一日の始まり。
再びラクダに乗ってキャンプを後にし、宿へ帰る。


宿で朝食を摂り、身支度をしたら
砂漠を後にし再びアトラス山脈を超え、
1000年の古都フェズへ。

【6日目】
1000年の歴史を持つフェズのもう1つの顔は、世界最大の迷路

生涯チャレンジ!

その精神は素晴らしいですが、
この迷宮はガイドさんに案内していただきましょう。笑

ホットでエキサイティングなマラケシュと違って、ここは古都。
街の色合いもサンドベージュで落ち着いています。

幾何学模様が美しいブー・ジュルード門をくぐったら
そこから迷宮の始まりです。


【7日目】
いよいよ旅は大詰め。

喧噪のマラケシュ、開放感ある大砂丘、古都の迷宮…


色濃く凝縮された日々の余韻に浸りながら
カサブランカへ移動して、日本への帰国に備えます。


と、ここでご紹介したのはあくまで一例。

旅は十人十色。
折角だから世界に1つだけの
オンリーワンの旅
を実現しましょう!

私にそのお手伝いができたら、とっても嬉しいです♪

モロッコ旅の達人 岩間ひかるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス