原題:WHILE WE'RE YOUNG
製作:2014年 アメリカ
監督:ノア・バームバック
脚本:ノア・バームバック
音楽:ジェームズ・マーフィ
出演:ベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アダム・ドライヴァー、アマンダ・サイフリッド
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ドキュメンタリー映画の監督であるジョシュと、
コーネリアは40代の夫婦。まだまだ自分たちは若い
と考えているが、ジョシュにはここ8年完成させた
新作がなく、人生や夫婦の関係から輝きが消えて
しまったと感じていた。

そんな中、ジェイミーとダービーという20代の
カップルと出会う。レコードやタイプライターと
いったレトロなグッズや文化を愛する彼らの姿に、
ジョシュたちは刺激され……。
(シネマトゥデイ より)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

監督としても俳優としても好きなベン・スティラー。

『LIFE!』でもそうですが、本人は真面目なのに
端から見るとちょっと滑稽でもあり、そして
苦悩が全身から出ている役どころ、というのは
スティラーの真骨頂のような気がします。

そういう意味では、今作のジョシュは適役なんですね。
そのジョシュとコーネリア夫婦は2度の流産を経験し
子供を持つ、ということを諦めたものの

周りの親しい友人には子供ができ、少しずつ
距離ができてしまいます。

そんな中、出会ったのが同じくドキュメンタリー映画を
撮っているジェイミーとダミーという若い夫婦。

流行を追うのではなく、自分たちのスタイルで
人生を楽しんでいるように見える姿に
ジョシュとコーネリアは刺激を受け、
そして行動を共にするようになります。

このジェイミーを演じているのはアダム・ドライヴァー。
最近だと『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の
カイロ・レン役で有名ですね。

すごく特徴的な顔立ちです。ふと若いころの
キアヌ・リーヴスに似ていたり…

世代が異なるカップルが持つ価値観だったり
育ってきた環境だったり、生き方だったり、
その違いはやっぱり埋められないもので
そこにこだわっているうちは迷子のまま。

きっと「自分は若い」と言い聞かせるようになった瞬間から
若さが掌からするすると
零れてしまっているのかもしれません。

ちなみに…コレ!という見どころは
ナオミ・ワッツのヒップホップダンス!
彼女のはっちゃけぶりをぜひご覧ください(笑


ヤング・アダルト・ニューヨーク


AD