土方水月hijikatasuigetuのブログ
  • 12Jun
    • 日本の歴史(History of japan) 真この国のかたち 卑弥呼と〝神武東征” 土方水月の画像

      日本の歴史(History of japan) 真この国のかたち 卑弥呼と〝神武東征” 土方水月

      hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)卑弥呼と“神武東征”二回の神武東征があった。一回目は太平洋沿岸から淡路経由で。 二回目は瀬戸内海経由で。どちらも薩摩周りであった。「卑弥呼と邪馬台国の真実」には書かなかったが、魏に行くのは当然船であった。魏からも同然船であった。邪馬台国に行くにも船であった。一回目はなぜ太平洋を通ったのか?遠回りなのに。いや、遠回りではない。むしろ近道であった。天気が良ければではあるが、黒潮にのればすぐに近畿までたどり着く。四国の太平洋沿岸は岩場よりも砂浜が多い。陸に避難するのはたやすい。敵もいない。まず、人がいない。瀬戸内海はひとがいる。居るだけではない。最初、土井が浜に来た時には、下関を通してもらえなかった。海の関所であった。当時は出雲族の全盛期。日本海側も上陸させてもらえなかった。そしてヒボコは初めは水上生活に。二回目の東征は、単独では難しかった。一度目のときに懲りていた。八咫烏がいなかったら全滅であった。そのため、「豊」と組んだ。「台与」である。「壱与」とも組んだ。「伊予」である。“神武”だけでは、一回目も二回目も東征は不可能であった。一回目の「神武」は、前にも書いたが、「ウマシマジ」。二回目の「神武」は「崇神の妻と子」。後に現れる「神功皇后と応神天皇」のように。元居たのは、「九州高千穂に西」。当時は「舟」が交通手段であった。「舟」は「船」ではない。平底の船。そのため川を通れた。そのため、太宰府からは、玄界灘にも有明海にも行けた。しかし、豊や日向には行けなかった。山が高かった。山を越える川はなかった。「高千穂の西」有明海。「有明海」からは、南周りでなければ東には行けなかった。筑紫の北には出雲族の分家である宗像がいた。当時出雲は強かった。中四国と近畿と九州の北部を支配していた。二回目は、懲りていた。「豊」と組んだ。崇神ミマキイリヒコーイニエは、豊玉姫との間に「トヨキイリヒコ」「トヨキイリヒメ」をもうけた。しかしその前に、コノハナサクヤヒメとの間に「イクメイリヒコ」をもうけていた。「イクメイリヒコ-イサチ」が後に垂仁と名付けられた。二回目の神武東征は三世紀。「卑弥呼と邪馬台国」に時代であった。「卑弥呼」は周知のとおり「太陽の巫女」。「豊」は「月信仰」であった。「兎さ」であった。「宇佐」は「ツクヨミ信仰」であった。「アマテラス」は「卑弥呼と邪馬台国の真実」にも書いたとおり、「アサクラ」の意味。「アサクラ」はもとは「朝倉」、九州であった。つまり、「アサクラ」と「豊」は「男」と「女」であった。「アマテラス」と「ツクヨミ」であった。そして、「巫女」は「月の兎」であった。それで、近畿の「太陽」に「月」は一度目破れた。二回目は破れることのないようにした。「月」を捨てた。「ツクヨミ」は「古事記」からもいなくなってしまった。「アマテラス」はいつの間にか「太陽の女神」に。<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,318〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 10Jun
    • 日本の歴史(History of japan) 真この国のかたち  東京(東亰)  土方水月の画像

      日本の歴史(History of japan) 真この国のかたち  東京(東亰)  土方水月

      hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち    東京(東亰)  ひじかたすいげつ東京は「東京とうきょう」ではなかった。「東亰とうけい」であった。明治政府は考えた。明治天皇を江戸城に住まわせることを。明治維新は「革命」ではない。「維新」であった。「王」は変わらず、「政権」のみの交代であった。この表現を使う。「政體」の交代と。「国體」は変わらない。昔から日本は「国體」と「政體」を使い分ける。「倭」や「邪馬台国」に時代から。「邪馬台国」の女王は「卑弥呼」といわれているが、「女王」は「政體」ではない。「王」は「国體」である。「政體」は別にある。「卑弥呼」の時代から今現在に至るまで、「王」は「国體」であった。「国體」とはなにか?「国體」は「王」であり、「祭祀」であった。「祭政分離」によって「政権の安定」が図れた。「王」を「政治」から遠ざけることにより。「国」は安定し、他国からの侵略を防ぐためにはよかった。政権抗争は「国内」の問題であった。「政體」は「為政者」ではあるが、「祭祀」をしない。現在であれば「天皇」と「菅政権」。あるいは、「天皇」と「司法行政立法の三権すべて」といってもよい。武家政権時代は「天皇」と「幕府」。古代大和政権でいえば、「天皇」と「武内宿禰」でもあった。「天皇」は「大君家」。「武内宿禰」は「大臣家」であった。そしてその「ニ家」は対等であった。なぜか?「武内宿禰」は成務天皇と双子。景行天皇の子であった。双子は好まれない時代であったので、景行天皇の父であるヤヌシタケオゴコロの子としに養子に出された。つまり、初代「武内宿禰」は、ヤヌシタケオゴコロの孫でもあり、子でもあった。そしてもっと畏ろしいことは、その時の「大臣家」の皇子も双子であった。「竹内波知」と「竹内波留」であった。「二組の双子」が「付け髭」を付け、入れ替わっていた。そしてその弟に「小碓」がいた。後に「ヤマトタケル」と呼ばれる。「祭政分離」は都合がよかった。もとは月を祀る「女王」を、太陽を祀る「女王」に変え、「為政者」としては「王」のように振舞う「男子」。それが「大臣家」であった。明治政府は「幕府」に代わり、「為政者」となり、「だれが為政者なっても変わらない国」を目指した。そして「東亰」を作った。「東京」ではなかった。「遷都」ではなかった。「京都」は今でも「都」であった。天皇の「遷都の詔」はまだ出ていない。「京都」は聖書の予言「千年王国」をはるかに超えた。hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)<「卑弥呼と邪馬台国の真実」 6/10 本日発売>hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,318〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

    • ⓪卑弥呼と邪馬台国の真実~武内宿禰と出雲の伝承から~  土方水月   本日発売の画像

      ⓪卑弥呼と邪馬台国の真実~武内宿禰と出雲の伝承から~  土方水月   本日発売

      <「卑弥呼と邪馬台国の真実」 6/10 本日発売>-Amazonから本日発売!-  予約サイト開設からたくさん予約していただき大変ありがとうございます。    これからもよろしくお願い申し上げます。                                            土方水月hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,280〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 09Jun
    • 真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が③の画像

      真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が③

      真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が③ ひじかたすいげつ家紋の菱形は、清和源氏義光流れの紋。家紋としては1370年に初見といわれる。しかしその前から家紋はあったはず。元は、花菱。花菱は、九州では五島藩五島氏、松前藩松前氏、盛岡藩南部氏など多く見られるが、武田の紋である「武田菱」が代表的である。そして、唐花(からはな)は大陸由来の文様で、3~6弁であるが、4弁のものは花菱・花角(はなかく)とも呼ばれ、その起源は唐花と花菱とは同じと考えられている。「唐花」が九州に入り、「花菱・花角」になり、「割菱」になったと考えられる。そして、筑後の高良大社(高良玉垂宮)がルーツかもしれない武田氏。全国に広がった応神天皇の「八幡神社」は、その大元は熊本市の「菱形八幡神社の菱形池」といわれる。菱形は、四神(四家・時化・荒霊・しけ)によりたちのぼりおりる「縄文螺旋回転のピラミッド△▽□」であると。そして、その「もちづき△▽イクムスビ」が菱形であったといわれる。「河内船津厳島神社」では、応神天皇や神功皇后が祀られる前は、「金山彦」「高良玉垂命(金山彦の妻)」「金山彦の義母」「金山彦の娘」が祀られていたとも。「武田氏」と「高良玉垂命」との関係は深そうである。そして、筑紫の「太宰府」の水城は、南からの敵のために作られていたという説も。<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,280〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 08Jun
    • 日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  神武天皇  土方水月の画像

      日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  神武天皇  土方水月

      hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)神武天皇ここは上賀茂。賀茂大御神の神社。「賀茂別雷命」を祀る。二つある立砂の一方が「賀茂大御神」。もう一方は「神武天皇」である。日本書紀では皇紀元年(紀元前660年)に即位したことになっている。しかし、今はそれを信じている人はほとんどいない。神武天皇という名前は淡海三船が後でつけたもの。本当の名はサノノミコト。武内宿禰の口伝では。サノは栃木県佐野市のサノのらしい。一般には、「カムヤマトイワレヒコ」。この名は「神である大和の磐余彦」の意。今では「磐余」は「開闢(最初)」の意味で使われる。一般名詞のようになっている。固有名詞では「サノノミコト」である。「サノノミコト」は兄の「イツセ」の戦死後に、大和を征服し、「神武天皇」となったことにはなっているが、大和を征服した最初の大和族は「ウマシマジ」であった。一方、出雲の口伝では「神武天皇」は「アメノムラクモ」。クサナギノツルギの元の名が「アメノムラクモノツルギ」。どちらが正しいのか。どちらも正しい。神武天皇の即位は、武内宿禰の口伝「帝皇日嗣」では紀元後47年~57年。出雲の口伝ではもっと前。少なくとも紀元前。「アメノムラクモ」が大和の大王になったのは、私の計算では紀元前173年。200年以上のずれがある。それは当たり前で、違う人物であるからだ。開闢の大王は、大和族と出雲族で当然違っている。大和族の最初は当然のことながら「サノノミコト」。一方、出雲族の最初は「スガノヤツミミ」。しかし、「スガノヤツミミ」は出雲の王であって、大和の大王ではない。大和の大王初代は「アメノムラクモ」であった。「アメノムラクモ」は、出雲の王初代「スガノヤツミミ」のずっと後の出雲八代目の王「大国主」の孫であった。「アメノムラクモ」は「海村雲」-「海部」初代であった。一方、大和族初代の「サノノミコト」は兄「イツセ」「ウマシマジ」のあともう一人の兄の次、四男であった。記紀では「イツセ」「イナイ」「ミケイリノ」の次が「カムヤマトイワレヒコ」。「サノノミコト」という名も、「ウマシマジ」という名もない。なぜか?「サノノミコト」は武内宿禰の口伝のとおり、「アメノムラクモ」よりも新しいからである。大和族の初代大和の大王は「サノノミコト」であったが、「アメノムラクモ」のずっと後であった。hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,318〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 07Jun
    • 日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  赤坂迎賓館  土方水月の画像

      日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  赤坂迎賓館  土方水月

      hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)赤坂迎賓館(迎賓館赤坂離宮)www.geihinkan.go.jp迎賓館は京都にもあるが赤坂御用地には、「迎賓館赤坂離宮」として外国の元首などの賓客をお迎えする国の施設としてある。公務のない日には一般公開(要予約)もしている。hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,318〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

    • 日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  赤坂門     土方水月の画像

      日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  赤坂門     土方水月

      hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)赤坂門江戸城は攻撃されにくい造りにするため、らせん状に堀がある。今でもこの赤坂門のそばに堀がある。ここには「赤坂見附」があり、城外赤坂を監視する役割を持っていた。赤坂門は福岡藩黒田長政によって寄進されたとある。今は赤坂門の石垣だけが残るが、当時はここまでが城内であった。hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,318〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 06Jun
    • 日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  赤坂御用地  土方水月の画像

      日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  赤坂御用地  土方水月

      hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)赤坂御用地仙洞御所(旧赤坂御所)、秋篠宮邸、三笠宮邸、三笠宮東邸(寛仁親王邸)、高円宮邸などがある。また、園遊会の開かれる「赤坂御苑」や「迎賓館赤坂離宮」もある。赤坂御用地には、2019年には東宮ではなくなったため東宮御所とは呼ばれなくなった今上天皇邸(赤坂御所)と皇族邸がある。平成上皇がお住まいになっていた皇居内の吹上仙洞御所に今上天皇が移った後は、赤坂御所は仙洞御所となり、平成上皇がお住まいになる。ただ、吹上仙洞御所も改修中で、今上天皇が赤坂御所から吹上御所に移った後、赤坂御所の改修をするので、仙洞御所となるには時間がかかる。そのため、高輪皇族邸が上皇の御假寓所となっている。hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,318〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

    • 日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち   皇居   土方水月の画像

      日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち   皇居   土方水月

      hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)皇居(東京)明治天皇は明治二年に東京に行幸し、そのまま東京に残り、京都御所には帰らなかった。明治政府は“遷都”とは言わなかった。“還都”といい、“東亰”と一本棒を引いて、東京ではないと言い訳をしたという。元は徳川幕府の江戸城であった。明治維新のときに「無血開城」した。明治維新が成ったのは、けして薩摩や長州のせいではなく、徳川慶喜のせいであった。そして「無血開城」は勝海舟と西郷隆盛のおかげであった。hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,318〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

    • 日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  京都御所  土方水月の画像

      日本の歴史(History of japan)  真この国のかたち  京都御所  土方水月

      hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)京都御所1331年から1869年(明治二年)までの内裏。内裏とは天皇が居住し、儀式・公務を執り行う場所。北朝天皇初代光厳天皇から明治天皇まで。光厳天皇は第96代後醍醐天皇の後に即位したが、後醍醐天皇が復権した後、自らの廃位と光厳天皇の即位とを認めなかったため、126代の天皇には数えられない。明治天皇が明治二年に東京に行幸し、そのまま帰ってこなかったため、今もここが正式には内裏である。hijikata suigetsu (hijikata-suigetsu.com)<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,318〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 05Jun
    • 真・この国のかたち  番外  伯家神道  その2    土方水月の画像

      真・この国のかたち  番外  伯家神道  その2    土方水月

      真・この国のかたち  番外  伯家神道  その2     ひじかたすいげつつづき「祝之神事」は「天皇霊」を降ろす秘儀である。「白川伯王家」が代々引き継いできた。「真・この国のかたち-序-」でも述べたように、「祝之神事」は代々受け継がれてはきたが、「天皇」が「天皇」である証明は、三種の神器である「クサナギノツルギ」「八咫鏡」「八尺瓊勾玉」ともう一つ。「祝之神事」を受けているかどうか。今は「剣璽等承継の儀」で承継したといっても、あるのは「八尺瓊勾玉」と「印璽」のみ。「クサナギノツルギ」は熱田神宮に。「八咫鏡」は伊勢神宮に。「祝之神事」も平成天皇までは受けてはいなかった。浩宮徳仁親王が第126代天皇としてすでに即位されているが、今上天皇には「祝之神事」を受けていただくことができたという。しかしここにすこし問題がある。武内宿禰によると、第99代後亀山天皇までは交互に天皇を出していたが、その後は南朝と北朝は袂を分けたという。北朝方は交互に天皇を出すという取り決めを第100代北朝後小松天皇が反故にし、南北合一されたことにしたという。三種の神器を南朝にわたさなかったという。その後は当然のことながら戦になった。結局、南朝は戦に敗れ滅亡したといわれていた。しかし、南朝は、身分を偽り、隠し、現代まで生き延びていた家系もあった。それが西郷隆盛であり、桂小五郎、後の木戸孝允であった。九州は菊池一族。木戸は和田一族の家系であった。そして、武内宿禰も南朝竹内一族であった。竹内一族の一人で有名なのは、実は高知竹内家から養子として「吉田家」に入った「吉田茂」である。武内宿禰は言う。「祝之神事」は北朝では途絶えていると。北朝天皇には伝えられていなかったというその内容は不明だが、「太祝詞事」というらしい。「天津祝詞の太祝詞事」というのが正しいらしいが、これは「大祓詞」の一節に出てくる。江戸時代、本居宣長は「今は存在しない。」と言ったが、実は南朝家系には現在も伝えられている。その内容は極秘伝であり、口伝でしか伝えられていない。武内宿禰は言う。「かく詞らば~」の前だという。今一般的に知られている「祓詞」の中に出てくる内容は、「・・・・・・・・・。かくのらば~。」となっていて、「・・・・・・・・・。」の部分がない。いや、ほんとうは、「あるが、言葉に出さない部分」だという。「心の中で唱える」詞。だから、文章にすると「ない」。「かくのらば~」って、「どう“かく”なの?」っていうことらしい。「かく」というのは、「このように」という意味。「このように」とは「どのように?」ということになるが、言葉にしないので「知っている者」にしかわからない。武内宿禰は言う。「知っている者」は自分だけ。そして、「短い。」とも言う。しかしもう「武内宿禰」はいない。昨年1月に亡くなってしまった。ほんとうに、誰も知らなくなってしまった。<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,280〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

    • 真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が②  土方水月の画像

      真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が②  土方水月

      真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が② ひじかたすいげつ九州は筑後の高良大社(高良玉垂宮)がルーツかもしれない武田氏。武田氏といえば「甲斐かひ」の武田氏。武田信玄が有名ではあるが、信濃諏訪だけではない。そして、九州も筑後だけではない。筑前福岡の雑餉隈-いわずと知れた「武田鉄矢」の実家のある所。昔20代の頃、福岡に6年いたが、そして雑餉隈にも何度か行ったが、「タバコ屋」はよくわからなかった。今になって、雑餉隈に遺跡があったことを知る。「雑餉隈遺跡」そしてこの近郊に春日市がある。春日市には「武田氏」がいた。春日市は、かの有名な「太宰府」の隣である。太宰府についてはまたの機会に述べるが、「太宰府」であって、「大宰府」ではない。気づかない方もあろうかと思うので、言及しておくが、「、」のある方が正しい。「、」のある「太」と、「、」のない「大」との違いは大きい。「太」の元の字は「大」の中に「大」があるのが「太」である。わかりやすく言うと「、」のところが、元は「大」であり、「大大」が「太」であった。つまり、「大」よりも「大きい」のである。結局、「太宰府」は当時一番おおきかったのである。そこを境に筑紫は、「筑前」と「筑後」に分かれる。その太宰府には、かの有名な「鬼滅の刃」の「宝満宮竈門神社」とそのそばには「武内宿禰」もいる。「卑弥呼と邪馬台国の真実」にも書いたが、古代には、玄界灘から船でここまで来れた。そして、ここから有明海にも船で行けた。そのそばに「武田氏」は居た。初めに居た筑後の「高良玉垂宮」から、九州をまとめ、太宰府をつくった有力な「氏族」であったと思われる。その末裔の一人が「武田鉄矢氏」ではないかと思う。武田鉄矢の「海援隊」は「坂本龍馬」がつくった。「陸援隊」は「中岡慎太郎」が作ったといわれる。二人はいまは高知の「桂浜」と「室戸岬」で互いに向き合っている。そして、「宮地嶽神社」は福岡の古賀の向こうに。<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,280〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 04Jun
    • 真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が  土方水月の画像

      真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が  土方水月

      真・この国のかたち  番外  「武田鉄矢」も甲斐源氏か? 九州にも甲斐武田氏が  ひじかたすいげつ武田氏といえば「甲斐かひ」の武田氏。武田信玄が有名ではあるが、広島にも甲斐武田氏がいる。広島の「甲斐かひ」は「己斐こひ」という。武田山たけたやまに銀山城かなやまじょうがあった。その麓は「己斐こひ」と呼ばれる。JRは西広島駅だが、広島電鉄の駅は「己斐こひ」。信濃諏訪の甲斐源氏「武田氏」は、ご承知のように「武田勝頼」のとき、織田信長に滅ぼされた。広島安芸武田氏は、毛利元就に滅ぼされた。武田氏といえば「四ツ割菱」の家紋。ところが本当の家紋は「唐花(花菱)」。この「四ツ割菱」家紋は、甲斐源氏の祖である「源義光」の父「源頼義」が用いたといわれる。甲斐源氏は、清和源氏からなる河内源氏の分流。「源義光」の次男「義清」が、常陸国「那珂郡」「武田郷」にいた。「義清」の子である「清光」が罪を得で父子共に信濃に流されたのち、そのまま信濃に住み着いたといわれる。武田信玄は「四ツ割菱」のみを使ったが、本当の家紋は「唐花(花菱)」。ご存じの方はあまりいないと思うが、伊瀬の神宮の家紋は「門光」。そして、九州の筑後一の宮である「高良大社(高良玉垂宮)」の家紋も「門光」。「高良大社」の家紋の内部に「門光」が隠され、「宮地嶽神社」が「三階松」を表に出していると言う事実と、武田氏が「門光」=「唐花」を使い、その臣下である三枝氏が「三階松」を使用していると言う事実が対応しているといわれている。甲斐の武田氏は、元は九州の「高良大社」の流れか?九州筑後の「高良大社」は、九州王朝の源流。九州にも「武田」がいた。「源義清」がいたのは常陸国「那珂郡」「武田郷」。この地名は九州の地名。福岡にも「那珂郡」が。後輩の大学教授も「武田」。ひっとして、「武田鉄矢」もか?武田の源流はひょっとして九州か?<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,280〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 03Jun
    • 真・この国のかたち  番外  伯家神道  その1    土方水月の画像

      真・この国のかたち  番外  伯家神道  その1    土方水月

      真・この国のかたち  番外  伯家神道  その1     ひじかたすいげつ昨年大嘗祭があった。浩宮徳仁親王が126代目の天皇としてすでに即位していたが、初めての新嘗祭が大嘗祭になる。天皇の神事にはいろいろあるが、「天皇霊」を体に降ろすことによってはじめて天皇になるといわれる。大嘗祭はその儀式の一つでもあるが、最も重要な儀式に「祝之神事」というものがあるといわれる。古より受け継がれてきたその神事は、「白川伯王家」の世襲によって密かに継承されてきた。その秘儀を天皇となられる皇太子殿下は即位の前にお受けになる習わしであるといわれる。しかしその秘儀は「白川伯王家」が途絶え、継承する者が絶えたといわれていた。大正、昭和、平成の各天皇陛下はその神事をお受けになっていないらしい。令和の天皇には必ずお受けになっていただかないといけない事情があったらしい。しかし、「白川伯王家」も途絶え、その伝承者も途絶え、伝承不能と思われていた。ところが、「祝之神事」は細々ととある神社の巫女に受け継がれていた。しかし、その巫女もすでに亡くなられていた。すでに正統な伝承者はいなくなっていた。ところが、その巫女が亡くなる前に、本来それを引き継ぐべきものであった女性が紆余曲折を経て、なんとか伝承を受け継いでいたとのことであるが、その女性も高齢で、体調も悪く、この先長く生きられないことがわかったとき、誰かにこの秘儀を伝承しなければならないと思ったという。誰に伝承すべきかを考えた彼女は、日本を代表する「物理学者」にお願いするしかないと思ったという。「神事」とは「神を降ろす儀式」。「神」を理解しているのは「物理学者」しかいないと思った彼女は、当時岡山の女子大の教授であった「物理学者」にお願いすることになったという。その「物理学者」こそ、保江邦夫氏であった。つづく<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,280〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

    • Ⅲ「日本人のお名前」ではなく「神の本当のお名前」  その9 ヤマタノオロチ⑦  土方水月の画像

      Ⅲ「日本人のお名前」ではなく「神の本当のお名前」  その9 ヤマタノオロチ⑦  土方水月

      「日本人のお名前」ではなく「神の本当のお名前」  その9 ヤマタノオロチ⑦   ひじかたすいげつ<古事記より>[八俣大蛇⑦]古事記では「ツムハの太刀」。この太刀は「八重波津身ヤエナミツミ事代主」のものであった。古事記では、スサノヲがトツカノツルギで高志のヤマタノオロチの尾を切って、その尾から出てきたのが「ツムハの太刀」。しかし、本当は出雲の王である時の大名持が、初代大王である「海村雲アメノムラクモ」に贈ったのものだった。古志のヤマタノオロチを切ったのは、本当はスサノヲではない。出雲の王であった大名持「臣津野オミズヌ国引主」であった。古志を征服し、領土を広げたのは「国引主オミズヌ」。「ツムハノタチ」なんてものは本当はなかった。「アメノムラクモノツルギ」は後に「クサナギノツルギ」に。これも古事記の中だけの話。「アメノムラクモノツルギ」は「フツノミタマノツルギ」に。「出雲武雄の神」の神霊の宿る剣。この剣は、孝元天皇の皇子である「比古布津忍信ヒコフツオシノマコト彦太押信」のもの。「出雲武雄の神」は「倭建の神霊」ではあったが、それはずっと後のこと。「フツノミタマノツルギ」が「クサナギノツルギ」になってから。「比古布津忍信ヒコフツオシノマコト彦太押信」は「武内宿禰」の祖父か父。しかし、「海村雲アメノムラクモ」も「比古布津忍信ヒコフツオシノマコト彦太押信」も祖は同じ。「武内宿禰」の祖も同じ。「フツノミタマ」であった。つづく<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,282〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 02Jun
    • Ⅰ真・この国のかたち  上巻  日本の起源 その20  土方水月の画像

      Ⅰ真・この国のかたち  上巻  日本の起源 その20  土方水月

      ほんとうの・このくにのかたち    上巻   日本の起源  その20ひじかた すいげつつづき4000年前ごろまでに、海外から帰ってきた出雲族はどんどん南下し、「出雲」に。そこには、天然の良港があるだけではなく、「鉄」があった。その鉄をもとに「ウメガイ」を作った。その製鉄方法は「たたら」と呼ばれた。「踏鞴五十鈴姫」の「たたら」である。出雲族は最初の王国を作った。戦いのなかった縄文時代。出雲族は軍隊を持っていた。そうでなければ、インドから日本まで帰っては来れなかった。その力もあり、宇佐族を追いやった。最初の王は菅之八耳(八箇耳)スガノヤツミミであった。出雲の王は今の神魂神社に住んだ。そのため、神魂神社は神社のつくりをしていない。王宮であった。後に、神魂神社になったが、その経緯は省く。出雲の王は主王と副王の2王制であった。古代スパルタの王も2王制であったらしい。主王を大名持オオナモチ、副王を少名彦スクナヒコと呼んだ。東出雲王家は富(向)家と呼ばれ、西出雲王家は神門臣(かんどのおみ)家と呼ばれた。初代八耳王の後は富家に。副王の後は神門臣家になった。神門臣家は、分家に宗像家があった。宗像家は北九州に勢力を持っていた。第6代大名持は臣津野オミズヌ(神門臣家)。「国引主」と呼ばれた。第7代大名持は天之冬衣アメノフユギヌであった。この2代のとき領土を拡げた。四国から北九州まで支配していた。富家の王宮は神魂神社に。神門臣家の王宮は智伊神社になっている。宗像家は宗像大社に。つづく<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,282〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

    • ⓪ 卑弥呼はなぜ「魏志」に書かれたか?  (3) 魏からもらったのは三角縁神獣鏡か?  土方水月の画像

      ⓪ 卑弥呼はなぜ「魏志」に書かれたか?  (3) 魏からもらったのは三角縁神獣鏡か?  土方水月

      卑弥呼はなぜ「魏志」に書かれたか?  (3) もらったのは三角縁神獣鏡か?    ひじかたすいげつ「魏からもらったのは金印と銅鏡100枚。」そう言うと誤解が生ずる。「魏からはもっとたくさんもらっている。」「難升米には銀印青綬、卑弥呼には金印紫綬を賜った。」実際にもらったのは「正始元年」。「景初」ではない。「正始六年」にも、戴斯烏越タケシウチを遣わし、狗奴国と敵対していることを説明しに行った。その時には、「檄文と黄幢(ハタ)を賜った。」そして、もらった「銅鏡」は三角縁神獣鏡ではない。三角縁神獣鏡はタケシウチが国内で作ったといわれる。だから、100枚以上ある。「鏡」は「物部」の「神器」。「物部」が滅ぼされるまでは「天皇の神器」でもあった。「物部」がいなくなった後は、「祟る鏡」に。第一次神武東征(実際には物部東征)のときには、薩摩を回り、太平洋沿岸沿いに東へ。四国から淡路を経て熊野へ。仲宗大根の抵抗にあったウマシマジは八咫烏の助けにより上陸成功。しかし、そこでの「兎さぎ信仰」は受け入れられなかった。「太陽の神-クナトノカミとサイヒメノカミ」に負け、再び九州に。「月信仰」は「太陽信仰」には勝てなかった。その失敗を教訓に、後の第二次東征のときには、九州の「朝倉」-「麻氐良布(あさくら)」を「天照」-「麻氐良須(アマテラス)」に変えた。「月読」を「天照」に変えるために。そうしてやっと、月の兎の「月読命」は太陽の神である「天照大御神」になった。そして、太平洋沿いの土佐の国(高知)には、「物部川」と「鏡川」がある。つづく<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,282〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 01Jun
    • Ⅰ真・この国のかたち  上巻  日本の起源 その19  土方水月の画像

      Ⅰ真・この国のかたち  上巻  日本の起源 その19  土方水月

      ほんとうの・このくにのかたち    上巻   日本の起源  その19ひじかた すいげつつづき4000年前ごろまでに、海外から帰ってきた出雲族が宇佐族を追いやった。三内丸山遺跡を最初に作ったのは兎さ族だったのかもしれない。4000年前には出雲族が三内丸山に。出雲族はどんどん南下し、「出雲」に。そこには、天然の良港があるだけではなく、「鉄」があった。その鉄をもとに「ウメガイ」を作った。その製鉄方法は「たたら」と呼ばれた。「踏鞴五十鈴姫」の「たたら」である。インドの「クナト王国」から、遠路はるばる-行って、また戻ってきた。「クナト」の神を祀る出雲族は「クナトノカミ-太陽の神-大山から出る太陽」を拝んだ。出雲族は「太陽信仰」であった。日出山・比治山・ひじやまを拝んだ。九州や隠岐に追いやられた宇佐族も、はるばる-行って、戻ってきたのは同じ。月氏国から。月読であった。出雲族が帰ってきてから、日本の歴史は始まったといってもよいと思う。兎さの歴史はもう残ってはいないようだ。ここから、出雲と九州の歴史が始まる。「土方」も元は「日出方ひじかた」であった。「土方水月」は「日と月」でもある。つづく<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,282〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 31May
    • Ⅰ真・この国のかたち  上巻  日本の起源 その18  土方水月の画像

      Ⅰ真・この国のかたち  上巻  日本の起源 その18  土方水月

      ほんとうの・このくにのかたち    上巻   日本の起源  その18ひじかた すいげつつづき6000年前ごろまでに、海外から帰ってきた宇佐族が日本海側に居た。三内丸山遺跡を最初に作ったのは兎さ族だったのかもしれない。そして九州には、6,500年前頃には既にメソポタミア文明よりもずっと高度な文化を持った人たちがいた。しかし、喜界カルデラ火山の噴火や富士山の噴火などで、それまでの“文明”は灰の中に。また、氷が解け、さらに縄文海進により海中に。そうして、帰ってきた人々はまた日本を脱出。その結果できたのが、実は中華文明の最初の国と云われる殷(商)だった。「殷はいにしえの倭なり。」ともいわれる。しかし、殷という国はあったが、商と呼ばれていた。“殷人”はいなかったが、“商人”はいた。“商人”つまり“商いをする人たち”だった。農耕民ではなかった。隊商を組み、売り歩く人たちだった。そう言うと思い浮かぶのはイスラム教の開祖「ムハンマド」の隊。商いの隊でもあり、軍隊でもあった。女媧や太公望などが出てくる「封神演義」でも描かれたような、「殷周革命」により、殷は滅ぶ。そしてまた、日本列島に帰ってきた。何度も何度もそういうことを繰り返した。何度も繰り返したため、「いつ帰ってきたのか?」なんて議論は不毛である。何度も出て行って、何度も帰ってきた。中国三国時代には大量に帰ってきた。そして日本の「和服」は「呉服」と呼ばれるようになる。しかしその前に、大きな「出雲族」や「大和族」の波が返ってきた。つづく<「卑弥呼と邪馬台国の真実」6/10発売>-Amazon予約サイトができました!-https://www.amazon.co.jp/dp/4909566287/hijikatasuigetu…のmy PickAmazon(アマゾン)真・この国のかたち  序1巻 古代史シリーズ900円「日本」の歴史は今まで言われていたこととは違う。今になって「本当のこと」が。「日本」は冗談ではなく「世界の中心」かも。Amazon(アマゾン)語ることが許されない 封じられた日本史1,200円この本は出版してよいのか?日本の歴史はこれですべてわかった。すごすぎる。Amazon(アマゾン)真・古事記の宇宙1,282〜5,520円最初の神は「無」の神。「ない」がある。理論物理が古神道に追い付いてきた。この本は、真・竹内文書でもある。Amazon(アマゾン)卑弥呼と邪馬台国の真実 ~武内宿禰と出雲の伝承から~1,100円「卑弥呼」は「ピメハ」と読む。日本語では「ヒメと呼ぶ」。何ヒメか?こののブログを見ている方はもうおわかりでしょう。

  • 30May
    • Ⅳ 徳川慶喜公伝 渋沢栄一  徳川慶喜も渋沢栄一もすごいが、今日は堤真一!  土方水月の画像

      Ⅳ 徳川慶喜公伝 渋沢栄一  徳川慶喜も渋沢栄一もすごいが、今日は堤真一!  土方水月

      徳川慶喜も渋沢栄一もすごいが、今日は平岡円四郎!    ひじかたすいげつ今日の大河は、なんといっても「平岡円四郎-堤真一」。泣けた。泣けた。泣けた。「堤真一」に泣けたのか、「平岡円四郎」に泣けたのかわからないくらい泣けた。「平岡円四郎」の死に泣く「草彅-慶喜」にも泣けた。「草彅」か「慶喜」かのどちらに泣けたのかわからないくらい泣けた。泣けた。水戸と水戸、水戸と一橋とのはざまに平岡円四郎は、、、、、、、、。平岡は軽くて重い。慶喜も軽くて重い。思い出しては泣けてしまう。彼らの上に、いまの日本がある。もう、「堤真一-平岡円四郎」には会えない。