2017-12-03 09:38:35

「ラテンアメリカンド3」

テーマ:音楽

さて、2日午後5時から大井町のきゅりあん大ホールにて開催された「ラテンアメリカンド3 ラテンアメリカ音楽のアフリカンルーツ」についてです。

知人との待ち合わせ時間である4時から遅れること20分あまり、「湖の娘 アンデスの水を守る」の先行上映会場の麹町からタクシーを飛ばして、実に、5000円近くかかったが、それでも・・というか、まぁ、どのような理由であれ、待たせた事実には何らかわりはないので、当然といえば当然だが、待ち人の機嫌は、あまり、よくなかった(涙)。

でも、215番だったか、216番だったかの入場整理券を手にして、場内へ。席のみ確保して、ロビーでひっそり、「中南米マガジン」を販売中の金安さんのところへ行き、少し、立ち話。それでも、何冊かは売れたようで、それは何より・・です。

で、肝心要の、今回で3回目となる「ラテンアメリカンド」の内容はというと、ラテンアメリカ音楽の中のアフリカン・ルーツを、歴史の流れにそって、音楽と踊りで綴っていくというもので、現代に生きるラテンアメリカ人という設定のケンジと、長い眠りから覚めたばかりのアフリカ人の祖先クンタ(声のみ)を、狂言回しとしつつ、アフリカン・ルーツの濃厚な名曲の数々が、圧巻のダンスにのせて展開される、とてもわかりやすい展開。

演奏者は日本人とキューバ、コロンビア、ペルー等々の混成チーム、舞踏はキューバ、コロンビア、ペルー、ブラジル、メキシコの混成チームである。

来場者には、詳しい公演内容の載ったパンフと、かの人気ペルー料理店「荒井商店」の荒井オーナー・シェフ等が執筆した「ラテンアメリカの味」というオールカラーのレシピ本が配られるのだから、これで4500円(当日料金)は安い(ご、ゴメンナサイ、私は招待券での入場ですが・・汗)。

もちろん、素晴らしい音楽とダンスは、いうまでもなし・・です。「ラテンアメリカンド」は今後も継続されるようなので、見逃した方も、次回は、是非是非・・。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hijikataさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。