2017-11-15 23:47:36

「氷菓」

テーマ:映画

米澤穂信の人気学園ミステリィ「古典部」シリーズ初の実写映画化は、またしても、主役の折木奉太郎に、「山崎、実写やりすぎじゃねぇ???」(本人談)の山崎賢人を起用し、もうひとりの主役、千反田える役には、すずじゃなくて、姉の広瀬アリスという組み合わせ。まぁ、山崎とすずという、超よくある組み合わせではなくて、私的にはよかったかなぁ・・と。どんな役でもほぼ出来る、器用な山崎賢人はともかくとして、お嬢様役は、すずよりアリスの方が、断然、より似合っていま~す。

ということで、観に行きましたぁ~、「氷菓」。現時点で6冊ある「古典部」シリーズの第1作の中の、表題作を映画化、タイトルの「氷菓」の謎(アイ・スクリーム・・ねッ)が解けたところで、今回は終了・・ということに相成りますが、果たして、続編の製作は、ありや、なしや???

実は、私は「古典部」のファンで、全作、読んでいますが、奉太郎もえるも、里志も摩耶花も、まさに、ドンピシャリのキャスティング。天真爛漫で、好奇心炸裂のお嬢様にふり回される、省エネ名探偵という、いかにも、これぞ青春ミステリィというライトな設定と、その実、結構、シビアな結論という、米澤「古典部」の魅力というか、醍醐味を、「呪怨 黒い少女」や「リアル鬼ごっこ」シリーズの安里麻里監督が、そのダークな本領を発揮して、手堅くまとめた秀作です。

しっかし、平日の昼間のせいでしょうか、劇場は、ジジババで、ほぼ、占められていて、あんたら、ホントに、これ観るの???という感じ。まぁ、かくいう私も、そのジジババの一員ですが・・。

あっ、一部ネタバレ、スイマセ~ン。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-15 01:49:09

「ジグソウ:ソウ・レガシー」

テーマ:映画

目覚めたら、見知らぬ部屋。頭にバケツをかぶせられて、首には長い鎖。そして、その鎖の先には、丸鋸が・・さぁ、ゲームをしよう・・って、ハイ、その通り、7年前に7作で完結したハズの、「ソウ」の続編なのです。つまり、8作目。

もちろん、殺人ゲームの仕掛け人、ジグソウは10年も前に死んでいるから、事件は、当然、模倣犯の仕業と考えられたが、ジグソウ本人の関与を示す証拠が次々と見つかり・・という物語。謎解き命のソリッド・シチュエーション・スリラーなので、ごめん、これ以上、詳しいストーリィは書けませ~ん。

結論は、まぁ、そうきたか・・という程度の驚きですが、これで新シリーズ再開も可能???と思わせる、ラスト。一体、どこまで続くのか???

まぁ、それなりに、面白いです。このシリーズが好きな人には、お薦め。嫌いな人は、もちろん、観ないでしょうが・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。