2017-11-05 14:10:55

ペルー料理店

テーマ:ブログ

「ラテンアメリカ探訪」の世話人仲間で、ペルー音楽の研究者&演奏家である水口さんに、お薦めのペルー料理店を尋ねたら、祐天寺の「セビチェロ」、新橋の「荒井商店」、大久保の「ワンチャコ」の、以上3店を紹介していただいたので、来週にでも、とりあえず、その中のどこか1店に、行って見ようと、思っている。どこに行こうかな???一番、近いのは新橋の「荒井商店」だけど、有名店らしいので、とりあえず、避けたい。ネットで調べてみると、祐天寺のお店が、なかなか、よさそうだが、とても小さなお店とのことで、行っても満席だとイヤなので、予約が必要そう。

ペルー料理店に関しては、我が家のお墓がある、信濃町にあるお店(店名、忘れた)に何度か、行ったくらい。そこはサッカー色が、とても強いお店で、私の趣味には、あまり、合わなかった(失礼ッ、サッカー好きではないだけで、料理そのものは、とてもおいしかったです・・汗)。

何故、ペルー料理なのかというと、えっと、そのう・・そこは、おいおい、書いていきましょう。

ちなみに、私がよく行くのは、メキシコ料理店に、タイ、カンボジア、ベトナム、インドネシアといった東南アジア料理のお店です(要は、よく行ってる国)。ラオス料理も好きだけれど、日本には専門店がほとんどないか、あっても、タイ料理店との兼業店だし、ビルマ(ミャンマー)料理は、正直、あまり、得意ではないかなぁ・・と(来年以降、ビルマには何度も、通うことになるのにねッ・・汗)。

また、ラオス料理同様、グアテマラ料理店もまた、専門店としてはありませんね(少なくとも、東京近郊では・・)。ただし、四谷の何とかというお店では、メキシコ料理やブラジル料理、ペルー料理共々、グアテマラ料理も出しているという話を、聞いたことはあります。要は、中南米料理なら何でもやっているらしい???無国籍料理店に近い感じかなぁ???

ハイハイ、正直にいうと、本当は、日常的に行くのは、安い定食屋に、牛丼店か、立ちソバ屋ばっかり・・です(汗)。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-05 00:49:51

「IT イット "それ"が見えたら、終わり。」

テーマ:映画

アメリカのとある田舎町。子供たちが、次々に、行方不明になる事件が続発する。ビルの弟も、そのひとり。そして、弟の失踪に心を痛め続けるビルの前に、"それ"は現れる。"それ"はどこにでも現れ、どんな姿にも形を変える怪物。そして、"それ"が見えたら、もう、絶対に助からない。

スティーブン・キングの傑作ホラー小説「IT」の初めての、劇場版(以前、TVドラマ版がつくられている)。27年周期で街に現れ、多くの子供たちの魂を食らうピエロの姿をした怪物=ペニーワイズに、様々な心の問題を抱えた少年少女たちが団結し、立ち向かっていく、感動的な姿を描いたのが、本編。キングの原作では、その27年後、再び現れたペニーワイズに、かつて子供だった主人公たちが再び、戦いを挑むストーリィが、子供時代の回想シーンと共に、交互に描かれているが、それは第2章として、別個に、製作されるようである。

もちろん、ホラーではあるが、描かれているのは、恐さよりもむしろ、主人公たちが、自らの弱さを克服し、絶対勝てそうにもない相手に、団結し、対峙していくに至るまでの、心の葛藤である。いかにもアメリカ人好みのテーマで、それが、たとえば、観る者をいかに怖がらせるかを最優先した、Jホラーなどとの、決定的な違い。

さて、あなたは、この物語が好きですか???

土曜日の午後、観ましたが、広い会場はほぼ満杯で、最前列にしか、席を見つけることが出来ませんでした。う~ん、結構、日本でも、ヒットしてるじゃん。

個人的には、よりJホラーのファンですが、でも、出来自体は決して悪くないので・・。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。